Show Menu
トピック×

統合ガードレールと境界

統合ガードレール

この統合の使用を計画する際は、次のガードレールを考慮する必要があります。 これらのガードレールを超過したと思われる場合は、Adobeのテクニカル担当者にお問い合わせください。
  • 統合によって生成されるACSキャンペーンコールボリュームをサポートするには、適切なエンジンパッケージをライセンス認証する必要があります。 ライセンスされたエンジン呼び出しの量を超えると、キャンペーンのパフォーマンスが低下する可能性があります。
    統合からエンジン呼び出しの量を見積もる際には、次の情報を使用します。
    • レコードの挿入(新しいレコードなど):1エンジンコール
    • レコードの削除:1エンジンコール
    • レコードの更新:2エンジンコール(宛先レコードがソースレコードと同一の場合は1コールのみ、ACSレコードに変更がない場合は1コール)
    ACSエンジンコール全体の量を見積もる際には、ランディングページ、WebApps、JSSP、API、モバイルアプリ登録など、他のエンジンコールのソースを考慮することが重要です。
    表示キャンペーンパッケージの情報は、こちらを参照してください。https://helpx.adobe.com/jp/legal/product-descriptions/campaign-standard.html
  • 統合でサポートされる連絡先は最大3,000万件です。
  • 標準の統合機能では、最大5つのカスタムエンティティをサポートします
  • 500,000件を超えるレコードを持つカスタムエンティティは、キャンペーンワークフローを介して(カスタムエンティティごとに)1回限りの初期ファイルベースのインポートを実行するのに、余分なコンサルティング時間が必要です(追加費用がかかります)
  • 標準の統合機能では、最大50列のカスタムエンティティをサポートしています。
  • 統合を実装する前に、カスタムリソースを作成して発行する必要があります。
  • テーブルをリンクする場合の最大テーブル深度は2つ(例:table1->table2->table3)です。
  • Dynamic 365データタイプのサポートには制限があります。 データモデルに単純なデータ型以外のデータ型が含まれる場合(例:文字列、整数、小数など)、統合を使用する前にデータモデルの更新が必要になる場合があります。
  • 既存のデータをキャンペーンのカスタムエンティティに保持する場合、統合のデータを準備するための追加のコンサルティング費用がかかる場合があります。
  • 初回取り込みが原因でキャンペーンが低下する場合があるので、Adobeとお客様の間でオンボーディングメンテナンスウィンドウを確立する必要がある場合があります。
  • 統合の使用状況が大幅に増加したり「急増した」という既知の状況(新しいレコードや更新されたレコードの急増など)については、データ同期の遅れを招く可能性があるので、お知らせください。
  • 統合の一環として、Microsoft AzureとDynamics 365の統合前の構成手順を完了する必要があります。 このページの設定手順 を参照してください
  • Dynamics 365とキャンペーンデータモデルを統合に持ち込み、それらを維持することが期待されます。

統合の境界

統合は、Dynamics 365とキャンペーン間の一般的なデータ移動の一般的な使用例を解決するように設計されていますが、各顧客に固有のすべての使用例に対応するためのものではありません。
  • 統合は、プライバシー(GDPRなど)の削除を発行しません。 エンドユーザーのプライバシー要求を満たす責任は、お客様次第です。このような要求は、(Adobe Experience Platform Privacy Service経由の)キャンペーンとDynamics 365の両方で個別に行う必要があります。 必要に応じて、統合によって定期的な削除が行われ、データの同期に役立ちます。
  • オプトアウトプロファイルを除き(お客様が設定した場合)、キャンペーンからDynamics 365への情報やカスタムエンティティデータは同期されません。
  • キャンペーン購読の管理(サブスクリプション/サブスクリプション解除など)はネイティブではサポートされていません。
  • Dynamics 365内からのキャンペーン電子メールキャンペーンの構成およびトリガーはサポートされていません。
  • 統合は、Dynamics 365とキャンペーンデータモデルの間のデータのリモデリングをサポートしません。 統合では、1つのDynamics 365テーブルを1つのキャンペーンテーブルに同期することが予想されます。
  • 統合の現在のリリースには、セルフサービスUIはありません。