Show Menu
トピック×

Campaign-Audience Manager または People コアサービス統合について

Adobe Campaignを使用すると、様々なAdobe Experience cloudアプリケーションとオーディエンス/セグメントを交換および共有できます。 Adobe Campaign People コアサービス Profiles & Audiences コアサービス ​とも呼ばれます)または Adobe Audience Manager と統合すると、次のことが可能になります。
  • 様々なAdobe Experience cloudソリューションからAdobe Campaignにオーディエンス/セグメントをインポートします。 オーディエンスは、Adobe Campaignのメニュー Audiences からインポートできます。
  • 共有オーディエンス/セグメントとしてオーディエンスを書き出します。 これらのオーディエンスは、お使いの他の Adobe Experience Cloud ソリューションで使用できます。オーディエンスは、アクティビティを使用して、ワークフロー内のアクティビティをターゲット化した後にエクスポート Save audience できます。
統合では、次の2種類のAdobe Experience Cloud IDがサポートされます。
  • 訪問者ID :このタイプのIDを使用すると、Adobe Experience cloudの訪問者をAdobe Campaignのプロファイルと紐付けることができます。
  • 宣言済みID :このタイプのIDを使用すると、任意のタイプのデータをAdobe Campaignデータベース内のプロファイルと調整できます。 この統合は、正規の宣言ID、ハッシュ化された宣言ID、暗号化された宣言IDをサポートします。 有効性の詳細につい Declared ID ては、このページを参照してく ださい
    暗号化を使用すると、暗号化アルゴリズムを指定して、宣言されたIDを使用して、データソース(PIIなど)の暗号化されたデータを共有できます。
    例えば、暗号化された電子メールアドレスやSMS番号を復号化できる機能を使用して、ユーザーのプロファイルがAdobe Campaignデータベースに存在しない場合でも、トリガーされたメッセージをユーザーに送信できます。
交換されるデータによっては、Adobe Campaign でのオーディエンスのインポートは法規制の対象となる場合があります。