Show Menu
トピック×

Adobe Experience Cloud Triggers について

Integration between the Experience Cloud Activation core service Triggers and Adobe Campaign allows you to send personalized emails to your customers as a reaction to specific behaviors that are tracked on your website by Adobe Analytics (within 15 minutes).
Adobe Experience cloudでは、様々なトリガー(例えば、Webサイトでの訪問を放棄した顧客、Webサイトでの検索は行ったが購入は行わなかった顧客、セッションの期限が切れた顧客など)を定義します。 トリガーを作成する場合は、トリガーの条件と、イベントでAdobe Campaignに送信(アップロード)されるデータを定義します。
Adobe Campaignでは、以前に作成したトリガーを選択し、イベントデータにデータマートデータを追加し、そのトリガーにリンクされたトランザクションメッセージテンプレートを定義します。 例えば、顧客がWebサイトでの訪問を中断した場合、イベントがAdobe Campaignに送信され、このイベントを利用できるリマーケティング用の電子メールがクライアントに送信されてから15分以内に発生します。
関連トピック:

ユーザープロセスのトリガー

メインユーザーの手順を実行する前に、機能を設定する必要があります。 この詳細については、「機能のアクテ ィブ化 」、「ソリュ ーションとサービスの設定 」、「Campaign でのマッピングされたトリガーの作成 」を参照してください。
Adobe Campaignのユーザープロセスの主な手順は次のとおりです。
  1. 既存のAdobe Experience cloudトリガーにリンクしたトリガーイベントを作成します。
  2. トリガーイベントを発行します。
  3. トランザクションメッセージテンプレートのコンテンツを定義します。
  4. テンプレートをテストします(テストプロファイルを作成し、校正を送信します)。
  5. トランザクションメッセージテンプレートを公開します。
この節では、完全な使用例につ いて説明します

重要な注意事項

以下に、トリガー — Campaign統合を使用する前に考慮すべき重要な注意事項を示します。
  • プッシュ通知は、トリガーに対してはサポートされていません。 電子メールとSMSのみがサポートされます。
  • 電子メールID、ページ名など、Analyticsで取得したメタデータを使用して、トリガーを強化できます。
  • このトリガーをキャンペーン標準に保存されたプロファイルに調整し、プロファイルのフィールドを使用してメッセージをパーソナライズできます。
  • トリガーは、受け取るとすぐに処理され、調整され、送信されます。 受け取るトリガーの量、およびテンプレートで使用されるパーソナライゼーションフィールドの数に応じて、約5 ~ 15分かかります。
ベストプラクティスと技術的な制限の詳細については、「トリガーのベストプラク ティスと制限」を参照してくださ い。