Show Menu
トピック×

Campaign でのトリガーの使用

キャンペーンでのマッピングされたトリガーの作成

Adobe Experience Cloud( Triggers コアサービス)では、事前に監視する動作を定義する必要があります。 詳しくは、 Adobe Experience Cloudのドキュメントを参照してください 。 トリガーを定義する場合は、エイリアスを有効にする必要があります。 各動作(閲覧/フォームの中断、製品の追加/削除、セッションの有効期限切れなど)について、Adobe Experience Cloudに新しいトリガーを追加する必要があります。
既存のAdobe Experience Cloudのトリガーを基にして、Adobe Campaignでトリガーイベントを作成する必要があります。
この ビデオを見て 、Adobe Campaignでのトリガーの設定方法を理解していただけます。
この設定を行う手順は次のとおりです。
  1. 左上隅の Adobe Campaign ロゴをクリックし、 Marketing plans / Transactional messages /を選択し Experience Cloud Triggers ​ます。
  2. ボタンをクリックし Create ます。 作成ウィザードが開き、Adobe Experience Cloudで定義されたすべてのトリガーのリストが表示されます。 この Fired by Analytics 列には、Adobe Experience Cloudのトリガーによってキャンペーンに送信されたイベントの数が表示されます。 これは、Experience Cloudインターフェイスで作成されたトリガーのマッピングです。
  3. 使用するAdobe Experience Cloudのトリガーを選択し、をクリックし Next ​ます。
  4. トリガーの一般的なプロパティを設定します ウィザードのこの手順で、トリガーに使用するチャネルとターゲティングディメンションも指定します( ターゲティングディメンションとリソースを参照 )。 次に、トリガーの作成を確認します。
  5. フィールドの右側のボタンをクリックして、ペイロードの内容を表示し Event content and enrichment ます。 また、この画面では、イベントデータをAdobe Campaignデータベースに保存されているプロファイルデータに拡張することもできます。 エンリッチメントは、標準トランザクションメッセージと同じ方法で実行されます。
  6. この Transactional message validity duration フィールドで、イベントがAnalyticsから送信された後にメッセージが有効である期間を定義します。 期間を2日と定義した場合、その期間が過ぎると、メッセージは送信されなくなります。 複数のメッセージを保留にすると、一定期間後に再開した場合に、これらのメッセージは送信されません。
  7. トリガーイベントの公開を開始するには、 Publish ボタンをクリックします。
  8. トリガーイベントを公開した後でもトリガースキーマに変更を加える必要がある場合は、 Update schema ボタンをクリックして最新の変更を取得します。
    この操作により、トリガーとトランザクションメッセージが非公開になり、後で再公開する必要があります。
この Show Trigger in Experience Cloud ボタンを使用すると、Adobe Experience Cloudでトリガー定義を表示できます。
イベントが公開されると、新しいイベントにリンクされたトランザクションテンプレートが自動的に作成されます。 その後、作成したテンプレートを変更して公開する必要があります。 For more on this, refer to the Editing the template section.

トランザクションメッセージテンプレートの編集

トリガーイベントを作成して公開すると、対応するトランザクションテンプレートが自動的に作成されます。 この詳細については、「キャンペーンでのマッピングされたトリガーの 作成 」を参照してください。
イベントがトランザクションメッセージの送信をトリガーするには、テンプレートをパーソナライズしてテストし、公開する必要があります。 これらの手順は、標準トランザクションメッセージの場合と同じです。 For more on this, refer to the Transactional template section.
テンプレートの公開を取り消すと、トリガーイベントの公開が自動的に取り消されます。
コンテンツを編集する場合、Analyticsトリガーから送信された情報に基づいてパーソナライゼーションフィールドを追加できます。 イベントデータをAdobe Campaignプロファイルデータと共に拡張する場合、この情報に基づいてメッセージをパーソナライズできます。 メッセージをパーソナライズするには、 Transactional event /を選択 Event context し、フィールドを選択します。

レポートへのアクセス

専用のトリガーレポートをAdobe Campaignで表示するには、以前に作成したトリガーイベントを開き、をクリックし Show trigger report ​ます。
このレポートには、処理されたイベントの数が、Analyticsから送信されたイベントの数と比較されて表示されます。 また、最近実行したすべてのトリガーのリストも表示されます。