Show Menu
トピック×

ワークフローの検索

Adobe Campaignは、セグメント化、キャンペ ーンの実行 ワークフローの運用原則 、ファイル処理、承認などの複雑なプロセスを設計できる、包括的なグラフィカル環境を提供します。 原則とベストプラクティスについては、この節で 説明します
例えば、ワークフローを使用して、サーバーからファイルをダウンロードし、解凍してから、そのレコードをAdobe Campaignデータベースにインポートできます。
ワークフローは、ユーザーにタスクを割り当てたり、実行されたタスクを承認させたりすることで、ユーザーを関与させることもできます。 つまり、1人または複数のユーザーにタスクを割り当てて、メッセージを送信する前に、コンテンツの操作やターゲットの指定を行ったり、プルーフを承認したりできます。
ワークフローは、次のよう に様々なコンテキスト ​で使用できます。
  • オーディエンスを管理またはメッセージを送信するターゲット設定。 詳しくは、「チャネルアクティビティとターゲッ ト設定アクティビティ 」を参 照してくださ い。
  • データ管理(ETL)を使用してデータを操作します。 詳しくは、「データ管理アクティビティ」 を参照してください
  • Campaignデータベースへのデータのインポートを参照してください。 詳しくは、「データの読み込みと書き出し」 を参照してください
  • データベースのクリーンアップ、追跡情報の回復などの技術的なプロセス 技術ワークフローについて詳 しくは
ワークフローは、Adobe Campaign Standard APIからもアクセスできます。 For more on this, refer to the dedicated documentation .
関連トピック: