Show Menu
トピック×

ワークフローの運用原則

ワークフローとは、設定可能 なアクティビティのシーケンスで ​す。 各アクティビティは、プロセス内で特定の役割を持ちます。 各アクティビティの結果は、矢印で表される遷移によって 、次のアクティビティに転送されます。
あるアクティビティと別のアクティビティとの間で交換されるデータのタイプは、次のアクティビティの設定方法に影響を与える可能性があります。 例えば、電子メール配信アクティビティの前に訪問者が設定されている場合、その訪問者は該当する電子メールのターゲットとして機能します。
ワークフローの実行前または実行後に、アクティビティを開いてパラメーターを確認または編集できます。
ワークフローの実行中または実行後に、トランジションを開いて、送信されたデータが正しいかどうかを確認できます。 トランジションの詳細ビューにアクセスするには、ワークフロープロパティのセク Keep interim results ションのオプションを Execution オンにする必要があります。