Show Menu
トピック×

サブスクリプションサービス

説明

アクティビティ Subscription Services を使用すると、一括でプロファイルを取得し、サービスに登録したり、サービスから登録を解除したりできます。
ワークフローのコンテキストで管理される購読の場合、購読プロファイルまたは購読解除プロファイルは、サービスプロパティで定義された異なる確認電子メールを受け取りません。

使用状況

アクテ Subscription Services ィビティは、1回の操作で複数のプロファイルをサービスに登録したり、サービスから登録を解除したりできる唯一のAdobe Campaign機能です。
このアクティビティは、ターゲット設定を行った後、または識別されたデータを含むファイルを読み込んだ後に使用できます。
専用の列を通じてファイル内で指定した場合、このアクティビティでは、アクション(購読または登録解除)と、アクションを実行するサービスも選択できます。

設定

  1. アクティビティをワークフロー Subscription Services にドラッグ&ドロップします。
  2. インポート後のクエリや調整など、他のターゲットアクティビティの後に接続します。
  3. アクティビティを選択し、表示されるクイックアクシ ョンのボタンを使用して開きます。
  4. 次のいずれかの Service オプションを使用して、購読を管理する対象を選択します。
    • Select a specific service :サービスを手動で選択します。
    • Select services from the inbound transition :サービスは、受信移行で指定されます。 例えば、各行で管理するサービスを指定するファイルを読み込むことができます。 このオプションを選択する場合は、この例に示すように、データと Service リソースの間に事前にリンクが作成されていることを 確認します
      次に、操作を実行するサービスが、各レコードに対して動的に選択されます。
  5. 次のいずれかの Operation type オプションを使用して、実行するを選択します。
    • Select a specific operation type :プロファイルを手動で選択 Subscribe しま Unsubscribe す。
    • Select an operation type from a path of inbound transition :各レコードに対して実行する操作を指定する、受信データの列を選択します。
      この列では、操作をブール値または整数で指定する必要があります。 レコードの 登録を解除するには 0を、登録するには 1 を使用します。
      読み込んだファイルに含まれる値が上記の要件に一致しない場合でも、アクティビティで使用可能な「値の 再マップ 」オプションを使用でき Load file ます。
  6. 受信データに、サービスのプロファイルの購読日に対応する列が含まれている場合は、その列を選択します。 空のままにしても、ワークフローの実行時に購読の日付は設定されません。
  7. 購読の出所を定義します。 このオプションをオンにすると、受信データのフィールドの1つ、または選択した定数値に設定でき Set a constant as origin ます。 空のままにしても、ワークフローの実行時に元の値が設定されません。
  8. 必要に応じて、アウトバウンドトランジションを生成できます。 この移行には、受信アクティビティのデータとまったく同じデータが含まれます。
  9. アクティビティの設定を確認し、ワークフローを保存します。
    これで、実行する準備が整いました。 実行すると、サービスを購読または購読解除したプロファイルを、サービスの詳細で表示できます。

例:ファイルの読み込み後の特定のサービスへのプロファイルのサブスクライブ

次の例は、プロファイルを含むファイルを読み込み、既存のサービスに登録する方法を示しています。 ファイルをインポートした後、インポートされたデータをプロファイルとして識別できるように調整を行う必要があります。 ファイルに重複が含まれないようにするため、重複除外アクティビティがデータに対して実行されます。
ワークフローは次のとおりです。
  • アクティビテ Load file ィは、プロファイルファイルを読み込み、読み込まれた列の構造を定義します。
    この例では、読み込まれるファイルは.csv形式で、次のデータが含まれています。
    lastname;firstname;email;birthdate;subdate
    jackman;megan;megan.jackman@testmail.com;07/08/1975;10/08/2017
    phillips;edward;phillips@testmail.com;09/03/1986;10/08/2017
    weaver;justin;justin_w@testmail.com;11/15/1990;10/08/2017
    martin;babeth;babeth_martin@testmail.net;11/25/1964;10/08/2017
    reese;richard;rreese@testmail.com;02/08/1987;11/08/2017
    cage;nathalie;cage.nathalie227@testmail.com;07/03/1989;11/08/2017
    xiuxiu;andrea;andrea.xiuxiu@testmail.com;09/12/1992;11/08/2017
    grimes;daryl;daryl_890@testmail.com;12/06/1979;12/08/2017
    tycoon;tyreese;tyreese_t@testmail.net;10/08/1971;12/08/2017
    
    
  • アクテ Reconciliation ィビティは、ファイルのデータがAdobe Campaignデータベースのプロファイルディメンションに属していることを識別します。 タブのみが設 Identification 定されます。 プロファイルの電子メールアドレスに従ってファイルデータを識別します。
  • (調整 Deduplication の結果とし )一時リソースの電子メールフィールドに基づくものは、重複を識別します。 ファイルからインポートしたデータに重複が含まれている場合、サービスのサブスクリプションですべてのデータが失敗します。
  • アクテ Subscription Services ィビティを使用すると、プロファイルを登録する必要があるサービス、購読日に対応するフィールド、および購読の開始日を選択できます。

例:ファイルからの複数の購読ステータスの更新

次の例は、プロファイルを含むファイルを読み込み、そのファイルで指定された複数のサービスのサブスクリプションを更新する方法を示しています。 ファイルを読み込んだ後、読み込まれたデータがサービスへのリンクを持つプロファイルとして識別できるように、調整を行う必要があります。 ファイルに重複が含まれないようにするため、重複除外アクティビティがデータに対して実行されます。
ワークフローは次のとおりです。
  • アクティビテ Load file ィは、プロファイルファイルを読み込み、読み込まれた列の構造を定義します。
    この例では、読み込まれるファイルは.csv形式で、次のデータが含まれています。
    lastname;firstname;email;birthdate;service;operation
    jackman;megan;megan.jackman@testmail.com;07/08/1975;SVC2;sub
    phillips;edward;phillips@testmail.com;09/03/1986;SVC3;unsub
    weaver;justin;justin_w@testmail.com;11/15/1990;SVC3;sub
    martin;babeth;babeth_martin@testmail.net;11/25/1964;SVC3;unsub
    reese;richard;rreese@testmail.com;02/08/1987;SVC3;sub
    cage;nathalie;cage.nathalie227@testmail.com;07/03/1989;SVC3;sub
    xiuxiu;andrea;andrea.xiuxiu@testmail.com;09/12/1992;SVC4;sub
    grimes;daryl;daryl_890@testmail.com;12/06/1979;SVC3;unsub
    tycoon;tyreese;tyreese_t@testmail.net;10/08/1971;SVC2;sub
    
    
    この操作は、ファイル内で「sub」または「unsub」として指定されています。 実行する操作を Boolean 値または ​Integer値で認識します。「0」を指定すると購読が解除され、「1」を指定すると購読が解除されます。 この要件を満たすために、値の再マッピングは「operation」列の詳細で実行されます。
    ファイルで操作の識別に「0」と「1」が既に使用されている場合は、これらの値を再マップする必要はありません。 列が Boolean (ブール値)または Integer(整数)としてタブで処理されていることを確認し Column definition ます。
  • アクテ Reconciliation ィビティは、ファイルのデータがAdobe Campaignデータベースのプロファイルディメンションに属していることを識別します。 このタブを使 Identification 用して、フ ァイルの 「email」フィールドがプロファイルリソースの「email ​」フィールドと一致します。
    このタブで Relations は、サービスリソースを使用してリンクが作成され、ファイ ルの 「サービス」フィールドが認識されます。 この例では、値はサービスリソースの name フィールドと一致します。
  • (調整 Deduplication の結果とし )一時リソースの電子メールフィールドに基づくもので、重複を識別します。 サービスのサブスクリプションで重複が発生した場合はすべてのデータが失敗するので、重複を排除することが重要です。
  • Aは、ア Subscription Services クティビティで作成されたリンクを介して、移行からの移行で更新するサービスを識別 Reconciliation します。
    は、フ Operation type ァイルの操作フィールドか らの ものとして識別されます。 ここで選択できるのは、ブール型または整数型のフィールドのみです。 実行する操作を含むファイルの列がリストに表示されない場合は、この例で前述したように、アクティビティに列の形式が正しく設定されていることを確 Load file 認してください。