Show Menu
トピック×

アクティビティのプロパティの管理

アクティビティのグローバルプロパティ

各アクティビティには General タブがあり、アクティビティに固有の一般的なパラメータを変更できます。
この Properties タブを使用して、アクティビティのグローバルパラメーター(特にラベルとID)を変更できます。 このタブの設定はオプションです。

アクティビティのアウトバウンドトランジションの管理

デフォルトでは、一部のアクティビティには送信トランジションがありません。 「アクティビティ」タブまたは「ワークフロー」タブから1つ追加し Transitions て、同じワークフロー内の訪問者に他のプロセスを適用するこ Properties とができます。
アクティビティに応じて、次の複数の種類の送信トランジションを追加できます。
  • 標準トランジション : アクティビティで計算された母集団
  • 母集団のないトランジション : この種類の送信トランジションは、ワークフローを継続するために追加できます。また、システム上の不要な領域を消費しない母集団を含むことはできません。
  • 拒否 : 母集団が拒否されました。 例えば、アクティビティの受信データが正しくないか不完全であったために処理できなかった場合です。
  • 補完 : アクティビティの実行後に残っている母集団。 例えば、セグメント化アクティビティが受信訪問者の割合のみを保存するように設定されている場合、
該当する場合は、アクティビティのアウトバウンドトランジション Segment code を指定します。 このセグメントコードを使用すると、ターゲット母集団のサブセットがどこから来ているかを識別でき、後でメッセージのパーソナライゼーションの目的でサブセットが提供される場合があります。

アクティビティの実行オプション

アクティビティのプロパティ画面には、アクティビティの実行モードとエラー時の動作を定義できる Advanced options タブがあります。
これらのオプションにアクセスするには、ワークフローでアクティビティを選択し、アクションバーの ボタンを使用して開きます。
The Execution field allows you to define the action to be carried out when the task is started. これには、次の3つのオプションがあります。
  • 標準 : アクティビティは正常に実行されます。
  • 有効にするが実行しない : アクティビティは一時停止され、その結果、後に続く任意のプロセスが停止されます。 これは、タスクの起動時に表示したい場合に役立ちます。
  • 有効にしない : アクティビティは実行されず、その結果、(同じブランチ内の)次に続くすべてのアクティビティも実行されません。
この In case of error フィールドでは、アクティビティがエラーを発生した場合に実行するアクションを指定できます。 これには、次の2つのオプションがあります。
  • プロセスの休止 : ワークフローは自動的に中断されます。 次に、ワークフローのステータスが「 エラー 」になり、関連付けられた色が赤に変わります。 問題が解決したら、ワークフローを再起動します。
  • 無視 : アクティビティは実行されず、その結果、(同じブランチ内の)その後に続くアクティビティも実行されません。 これは、定期的なタスクに役立つ場合があります。 ブランチのスケジューラーがアップストリームに配置されている場合は、次の実行日にトリガーされます。
この Behavior フィールドでは、非同期タスクを使用する場合に実行する手順を定義できます。 これには、次の2つのオプションがあります。
  • 複数のタスクが認証されました : 最初のタスクが終了しなかった場合でも、複数のイベントを同時に実行できます。
  • 現在のタスクに優先度があります : タスクが進行中の場合は、この処理が優先されます。 1つのタスクがまだ進行中である限り、他のタスクは実行されません。
この Max. execution duration フィールドでは、「30s」や「1h」などの期間を指定できます。 指定した期間が経過した後にアクティビティが完了しない場合は、アラートがトリガーされます。 これは、ワークフローの機能には影響しません。
この Affinity フィールドを使用すると、特定のマシン上でワークフローまたはワークフローアクティビティを強制的に実行できます。 これを行うには、対象のワークフローまたはアクティビティに対して1つまたは複数のアフィニティを指定する必要があります。
この Time zone フィールドでは、アクティビティのタイムゾーンを選択できます。 Adobe Campaignを使用すると、同じインスタンスで複数の国の時間差を管理できます。 適用される設定は、インスタンスの作成時に設定されます。
デフォルトでは、タイムゾーンが選択されていない場合、アクティビティはワークフローのプロパティで定義されたタイムゾーンを使用します。
The Comment field is a free field that allows you to add a note.