Show Menu
トピック×

実行オプションの管理

ワークフローの実行オプションを変更するには、 ボタンを使用してワークフローのプロパティにアクセスし、セク Execution ションを選択します。
選択できるオプションは次のとおりです。
  • Default affinity : このフィールドを使用すると、特定のマシン上でワークフローまたはワークフローアクティビティを強制的に実行できます。
  • History in days : 履歴を削除する必要がある日数を指定します。 履歴には、ワークフローに関連する要素が含まれます。 ログ、タスク、イベント(ワークフロー操作にリンクされた技術オブジェクト)、および Transfer file アクティビティがダウンロードしたファイル。 デフォルト値は、あらかじめ用意されたワークフローテンプレートの30日です。
    履歴のクリアは、Database cleanup technical workflowが実行します。これは、デフォルトで毎日実行されます(テクニカルワークフローの リストを参照 )。
    この History in days フィールドを空白のままにすると、その値は「1」と見なされ、1日後に履歴が削除されます。
  • Save SQL queries in the log : ワークフローのSQLクエリをログに保存できます。
  • Keep interim results : トランジションの詳細を表示できるようにするには、このオプションを選択します。 警告: このオプションを選択すると、ワークフローの実行が大幅に遅くなる可能性があります。
  • Execute in the engine (do not use in production) : 開発環境のテスト用に、ワークフローをローカルで実行できます。
  • Severity : Adobe Campaignインスタンスでワークフローを実行する際の優先度を指定できます。 重要なワークフローが最初に実行されます。
この Error management 節では、エラーが発生した場合のワークフローの動作を管理するための追加のオプションを提供します。 これらのオプションの詳細については、「 エラー管理 」の節を参照してください。