Show Menu
トピック×

分岐

説明

Fork 」アクティビティを使用すると、アウトバウンドトランジションを作成して、複数のアクティビティを同時に開始できます。

使用状況

Fork 」アクティビティを使用すると、同じワークフロー内で複数の異なるアクティビティを個別に実行できます。

設定

  1. ワークフローに「 Fork 」アクティビティをドラッグ&ドロップします。
  2. そのアクティビティを、事前に実行する他のアクティビティ(クエリなど)に接続します。
  3. アクティビティを選択し、表示されるクイックアクションの ボタンを使用して開きます。
  4. アウトバウンドトランジションを作成、削除または複製して、アウトバウンドトランジションの数を指定します。また、名前とラベルを付けることもできます。
  5. アクティビティの設定を確認し、ワークフローを保存します。

次の例は、Adobe Campaign データベース内のプロファイル(この場合はパリに住む女性)をターゲットにした 2 つの「クエリ」アクティビティの積集合を示しています。したがって、「分岐」アクティビティを使用すると、複数のアクティビティを同時に使用できます。1 つは、オーディエンスを保存して、計算された母集団を記憶するためのもの、もう 1 つは、母集団をセグメント化して、セグメントごとにターゲットコンテンツを含んだ 2 つの異なる E メールを送信するためのものです。最初の E メールは 18~40 歳のパリの女性に送信され、もう 1 つは 41 歳以上のパリの女性をターゲットにします。