Show Menu
トピック×

カスタムリソースのエクスポートとインポート

このチュートリアルでは、カスタムリソースのパッケージを開発環境からエクスポートして実稼働環境にインポートする方法を説明します。
この例は、Adobe Campaign にリンクされている機能管理者を対象としています。
前提は次のとおりです。
  • 1 つ以上のカスタムリソース :使用可能で公開されていること。
    また、自動プライマリキーはエクスポートされたパッケージに含まれていないので、一意のキーを定義しておく必要があります。そうすることで、リソースのレコードの一意性を、プライマリキーと追加される一意キーによって保証できます。
  • パッケージの作成とエクスポートに​ 必要な権限
その他のリソース:

構造のエクスポート

この節では、カスタムリソースデータの物理構造の詳細を示す最初のパッケージをエクスポートします。
この例には​ 製品 ​と​ 注文 ​の 2 つのカスタムリソースがあります。
  1. Administration Deployment Package exports ​メニューに移動します。
    ここでは、「製品」と「注文」の 2 つのカスタムリソースでフィルタリングした​ Custom resource (cusResource) ​をエクスポートするための新しいパッケージを作成します。
  2. Package exports ​ページで、「 Create 」をクリックして新しいパッケージを作成します。
  3. ラベルに情報を入力し、「 Create element 」をクリックします。
  4. Custom resource (cusResource) 」を検索して選択します。
  5. Custom resource ​の詳細を、フィルター条件で「 製品 」と「 注文 」の 2 つのリソースを選択して設定します。
    注意:論理演算子を変更することを忘れないでください。製品リソースと注文リソースの構造がパッケージに統合されるように、値を OR に設定する必要があります。
  6. パッケージ定義を確認して保存します。
これで、「 Start export 」をクリックできます。
生成されたパッケージは、ダウンロードフォルダーから入手できます。zip ファイルの名前はランダムに生成されます。この名前は変更できます。

データのエクスポート

次のエクスポートでは、 製品 ​と​ 注文 ​のカスタムリソースからデータをエクスポートします。
構造のエクスポートと同じタイプのエクスポートに基づいて、データを含んだ 2 つ目のパッケージを作成します。
  1. Package exports ​ページで、「 Create 」をクリックして新しいパッケージを作成します。
  2. Export data of my resources 」というラベルを入力して、「 Create element 」を「 Export content 」タブでクリックします。
  3. 製品 ​リソースを検索して選択します。
  4. @Label IS NOT NULL を使用して高度な​ フィルター条件 ​を設定します。
  5. カウントを確認します。
  6. 注文 ​のカスタムリソースに対しても同じ操作を繰り返します。
  7. パッケージ定義を確認して保存します。
これで、「 Start export 」をクリックできます。
生成されたパッケージは、ダウンロードフォルダーから入手できます。zip ファイルの名前はランダムに生成されます。この名前は変更できます。

構造のインポート

パッケージのインポート

  1. 新しく作成したパッケージのインポート先となる​ ターゲットインスタンス ​に接続します。
  2. Administration Deployment Package imports ​メニューに移動して、新しいパッケージを作成し、最初のエクスポートからファイルをインポートします。
  3. インポートファイル用のゾーンに​ 構造ファイル ​をドラッグ&ドロップします。使用できる形式は ZIP または XML です。
  4. ラベルを変更し(例えば「 Import structure 」など)、「 Save 」をクリックします。
  5. Start import 」をクリックします。

公開

  1. Administration Development Publication ​メニューに移動します。
  2. Prepare publication 」、「 Publish 」を順にクリックすると、新しいカスタムリソースのデータでインスタンスが更新されます。
  3. インストールされたパッケージに対応するメニューエントリが​ Client data ​メニューに挿入されます。

データのインポート

この節では、前の手順でインスタンスにインストールしたパッケージにリンクされている​ データをインポート ​します。
前の手順と同様に、2 つの部分(パッケージのインポートと公開)に分けられます。

パッケージのインポート

  1. Administration Deployment Package imports ​メニューに移動して、新しいパッケージを作成し、データを含んだファイルをインポートします。
  2. インポートファイル用のゾーンにデータファイルをドラッグ&ドロップします。使用できる形式は ZIP または XML です。
  3. 「Import data」などとラベルを変更し、「 Save 」をクリックします。
  4. Start import 」をクリックします。

公開

  1. Administration Development Publication ​メニューに移動します。
  2. Prepare publication 」、「 Publish 」を順にクリックすると、カスタムリソースのデータでインスタンスが更新されます。