Show Menu
トピック×

ログの書き出し

ログデータは、配信に関連するか購読に関連するかに関わらず、単純なワークフローを使用してエクスポートできます。 これにより、独自のレポートまたはBIツールでキャンペーンの結果を分析できます。
ワークフローを Extract file 実行するたびに新しいログのみを取得するアクティビティと、出力列を定義する単純なアクティビティを使用すると、必要な形式とすべてのデータを含むファイルを取得できます。 次に、アクティビテ Transfer file ィを使用して最終ファイルを取得します。 各ワークフローの実行は、によって計画されま Scheduler ​す。
エクスポートログ操作は、標準ユーザーが実行できます。 次のようなプライベートリソース:プロファイルのブロードログ、追跡ログ、除外ログ、購読ログ、購読履歴ログは 、機能管理者のみが管理できます。
  1. この節で説明するように、新しいワークフロー を作成します
  2. アクティビティ Scheduler を追加し、必要に応じて設定します。 月別の実行例を次に示します。
  3. アクティビティ Incremental query を追加し、必要なログが選択されるように設定します。 例えば、新規または更新されたすべてのブロードログ(プロファイル配信ログ)を選択するには、次の手順に従います。
    • タブで、タ Properties ーゲットリソースを「 Delivery logs (broadLogRcp)」に変更します。
    • タブで、 Target 2016年以降に送信された配信に対応するすべての配信ログを取得する条件を設定します。 For more information, refer to the Editing queries section.
    • タブで、「 Processed data lastModified」フィー Use a date field ルドを選択 します 。 ワークフローの次回の実行時には、最後の実行後に変更または作成されたログのみが取得されます。
      ワークフローの最初の実行後、このタブには、次の実行に使用される最後の実行日が表示されます。 ワークフローが実行されるたびに、自動的に更新されます。 新しい値を手動で入力して、必要に応じて上書きすることもできます。
  4. クエリーされたデ Extract file ータをファイルにエクスポートするアクティビティを追加します。
    • タブで、 Extraction ファイルの名前を指定します。 この名前は、すべての抽出されたファイルが一意になるように、エクスポートの日付と共に自動的に完成します。
      ファイルに書き出す列を選択します。 配信やプロファイル情報など、関連するリソースからのデータをここで選択できます。 最終ファイルを整理するには、並べ替えを適用します。 例えば、次の例に示すように、ログ日付に関する情報です。
      ログリソースの一意の識別子(プライマリキー)をエクスポートすることはできません。
    • タブで、 File structure 必要に応じて出力ファイルの形式を定義します。
      列挙値をエクス Export labels instead of internal values of enumerations ポートする場合は、このオプションを選択します。 このオプションを使用すると、IDの代わりに理解しやすい短いラベルを取得できます。
  5. アクティビティ Transfer file を追加し、新しく作成したファイルをAdobe Campaignサーバーから、SFTPサーバーなど、アクセス可能な別の場所に転送するように設定します。
    • タブで、 General ファイルをAdobe Campaign File upload から別のサーバーに送信する目的として選択します。
    • タブで、転 Protocol 送パラメーターを指定し、使用する外部アカ ウント を選択します。
  6. アクティビティ End を追加して、適切に終了することを確認し、ワークフローを保存します。
これで、ワークフローを実行し、外部サーバー上の出力ファイルを取得できます。
関連トピック: