Show Menu
トピック×

ベストプラクティスのインポート

この機能を使用する際は、Adobe Campaign契約に従って、SFTPストレージ、DBストレージ、アクティブなプロファイルの制限に留意してください。
次に説明するいくつかのシンプルなルールに注意して従うと、データベース内のデータの一貫性を確保し、データベースの更新中またはデータを読み込む際の一般的なエラーを避けるのに非常に役立ちます。

インポートテンプレートの使用

Most import workflows should contain the following activities: Load file , Reconciliation , Segmentation , Deduplication , Update data .
インポートテンプレートを使用すると、同様のインポートを準備したり、データベース内のデータの一貫性を確保したりするのに非常に便利です。
In many projects, imports are built without Deduplication activity because the files used in the project do not have duplicates. 複数のファイルをインポートすると、重複が発生する場合があります。そうなると、重複排除は困難になります。そのため、すべてのインポートワークフローで重複排除ステップを設けることは、優れた予防措置となります。
受信データは一貫性があり正しいとか、IT 部門や Adobe Campaign スーパーバイザーが対処するとは思わないでください。プロジェクトの間、データクレンジングに留意してください。データをインポートする際には、重複排除し、紐付けし、一貫性を維持します。
データのインポート用に設計された汎用ワークフローテンプレートの例を 例で示します。 ワークフローテンプレートのインポート 」セクション。
また、 インポートテンプレートを使用することもできます 。 これらは、管理者が定義したワークフローテンプレートです。アクティブ化すると、読み込むデータを含むファイルを指定できるのはオファーのみになります。
関連トピック:

フラットファイルフォーマットの使用

インポートで最も効率的なフォーマットは、フラットファイルです。フラットファイルは、データベースレベルで、一括モードでインポートできます。
次に例を示します。
  • 区切り記号:タブまたはセミコロン
  • 最初の行は見出し
  • 文字列の区切り記号なし
  • 日付フォーマット:YYYY/MM/DD HH:mm:SS
インポートするファイルの例:
lastname;firstname;birthdate;email;crmID
Smith;Hayden;23/05/1989;hayden.smith@example.com;124365
Mars;Daniel;17/11/1987;dannymars@example.com;123545
Smith;Clara;08/02/1989;hayden.smith@example.com;124567
Durance;Allison;15/12/1978;allison.durance@example.com;120987

圧縮の使用

可能であれば、インポートおよびエクスポートに zip 形式のファイルを使用します。GZIPはデフォルトでサポートされています。 ファイルの読み込み時に前処理を追加できます。また、データ抽出時に後処理を追加する場合は、ワークフローアクティビティ Load file とワー Extract file クフローを使用します。
関連トピック:

差分モードでのインポート

通常のインポートは、差分モードで行う必要があります。 つまり、毎回、テーブル全体ではなく、新規または変更されたデータのみが Adobe Campaign に送信されるようにします。
完全インポートは、最初の読み込みにのみ使用する必要があります。

一貫性の維持

Adobe Campaign データベースのデータの一貫性を維持するには、次の原則に従います。
  • インポートされたデータが Adobe Campaign の参照テーブルに一致する場合、ワークフローでそのテーブルと紐付けされる必要があります。一致しないレコードは、却下される必要があります。
  • インポートされたデータが常に​ 「正規化」 ​されている(E メール、電話番号、ダイレクトメールアドレス)ことと、この正規化が信頼でき、何年にもわたって変更されないことを確認します。該当しない場合、データベースに何らかの重複が現れる可能性が高く、Adobe Campaign には「あいまい」一致をおこなうツールがないので、重複を管理および削除することが非常に難しくなります。
  • 重複の作成を避けるために、トランザクションデータは、紐付けキーを持ち、既存のデータと紐付けされている必要があります。
  • 関連ファイルを順番どおりにインポートします 。お互いに依存する複数のファイルでインポートが構成されている場合、ワークフローでファイルが正しい順番でインポートされていることを確認する必要があります。あるファイルが失敗すると、他のファイルはインポートされません。
  • データをインポートする際には、 重複排除 ​し、紐付けし、一貫性を維持します。