Show Menu
トピック×

エンリッチメント

説明

Enrichment 」アクティビティは、ワークフローで処理する追加のデータを定義できる高度なアクティビティです。

使用状況

Enrichment 」アクティビティは、通常、ターゲティングアクティビティの後またはファイルをインポートした後、およびターゲットデータを使用できるアクティビティの前に使用されます。
このアクティビティには、「 Query 」アクティビティよりも高度なエンリッチメント機能が含まれています。単純なエンリッチメントの場合は、 「クエリ」アクティビティ で直接実行できます。
Enrichment 」アクティビティでは、インバウンドトランジションを利用し、追加のデータで出力トランジションを補完するようにアクティビティを設定できます。複数のセットからのデータを組み合わせたり、一時的なリソースへのリンクを作成したりできます。
関連トピック

設定

Enrichment 」アクティビティを設定するには:
  1. ワークフローに「 Enrichment 」アクティビティをドラッグ&ドロップします。
  2. アクティビティを選択し、表示されるクイックアクションの ボタンを使用して開きます。
  3. アクティビティに複数のインバウンドトランジションがある場合は、「 Primary set 」を選択します。このアクティビティで設定された追加データは、アウトバウンドトランジションのこのプライマリセットに追加されます。
    プライマリセットに既に追加のデータが含まれている場合は、保持するか、削除するかを選択できます。この「 Keep all additional data from the main set 」オプションのチェックを外すと、 Enrichment ​で設定された追加データのみがアウトバウンドトランジションに保持されます。
  4. 複数のインバウンドトランジションがある場合は、アクティビティの「 Advanced Relations 」タブで、プライマリセットと他のインバウンドデータとの関係を定義します。この「 Add element 」ボタンを使用すると、複数の関係を追加できます。
    新しい関係を定義する場合、プライマリセットにリンクするインバウンドデータのセットを選択します。次に、関係のタイプを定義します。インバウンドデータとデータモデルに応じて、いくつかのタイプの関係を使用できます。
    • 1 cardinality simple link :受信データの各レコードは、プライマリセット内の 1 つのレコードにのみ関連付けられています。プライマリセット内の各レコードには、リンクされたデータ内の 1 つのレコードが関連付けられています。
    • N cardinality collection link :リンクされたデータの 0、1、または複数(N)個のレコードを、プライマリセットの 1 つのレコードに関連付けることができます。
    • 0 or 1 cardinality simple link :プライマリセットのレコードは、リンクされたデータの 0 または 1 個のレコードに関連付けることができますが、複数のレコードに関連付けることはできません。
    Cardinality 」を定義したら、「 Reconciliation criteria 」を定義します。紐付け条件の「 Source expression 」は、ターゲットリソースのフィールド、 、引用符で囲んで直接指定した値のいずれかにすることができます。
    後でワークフローで識別しやすい「 Label 」と「 ID 」を定義します。
    プライマリセットと、「 Enrichment 」アクティビティに接続されている他のインバウンドトランジションとの関係のみを定義できます。データベースリソースとの関係の定義を目的とした、よりシンプルなケースでは、「 紐付け 」アクティビティを使用します。
  5. アクティビティの「 Additional data 」タブで追加データを定義します。プライマリセットのターゲティングディメンションに関連する追加データ(単純フィールド、集計、コレクション)を定義するか、「 Enrichment 」アクティビティの「 Advanced relations 」タブで作成したリンクに基づいて追加データを定義できます。
    データのエンリッチメント の節を参照してください。
  6. アクティビティの設定を確認し、ワークフローを保存します。
これで、 Enrichment ​の後に接続されたアクティビティでデータが使用できるようになりました。例えば、E メールコンテンツのパーソナライゼーションフィールドエクスプローラーの「 Additional data (targetData) 」リンクの下に表示されます。