Show Menu
トピック×

データのインポート

データの収集

ファイルからデータを収集して処理したり、Adobe Campaignデータベースにインポートしたりできます。
  • この Load file アクティビティを使用すると、1つの構造化されたフォームにデータを読み込んで、このデータをAdobe Campaignで使用できます。 データは一時的にインポートされ、Adobe Campaignデータベースに確実に統合するには別のアクティビティが必要です。
    For more on how to use this activity, refer to this section .
  • この Transfer file アクティビティを使用すると、ファイルの受信や送信、ファイルの存在のテスト、Adobe Campaign内のリストファイルの送信が可能です。 外部ソースからファイルを取得する必要がある場合 Load file に備えて、このアクティビティを外部ソースの前に使用できます。
    For more on how to use this activity, refer to this section .

ベストプラクティスのインポート

次に説明するいくつかのシンプルなルールに注意して従うと、データベース内のデータの一貫性を確保し、データベースの更新中またはデータを読み込む際の一般的なエラーを避けるのに非常に役立ちます。

インポートテンプレートの使用

Most import workflows should contain the following activities: Load file , Reconciliation , Segmentation , Deduplication , Update data .
インポートテンプレートを使用すると、同様のインポートを準備したり、データベース内のデータの一貫性を確保したりするのに非常に便利です。
In many projects, imports are built without Deduplication activity because the files used in the project do not have duplicates. 複数のファイルをインポートすると、重複が発生する場合があります。そうなると、重複排除は困難になります。そのため、すべてのインポートワークフローで重複排除ステップを設けることは、優れた予防措置となります。
受信データは一貫性があり正しいとか、IT 部門や Adobe Campaign スーパーバイザーが対処するとは思わないでください。プロジェクトの間、データクレンジングに留意してください。データをインポートする際には、重複排除し、紐付けし、一貫性を維持します。
データのインポート用に設計された汎用ワークフローテンプレートの例を 例で示します。 ワークフローテンプレートのインポート 」セクション。
また、 インポートテンプレートを使用することもできます 。 これらは、管理者が定義したワークフローテンプレートです。アクティブ化すると、読み込むデータを含むファイルを指定できるのはオファーのみになります。
関連トピック:

フラットファイルフォーマットの使用

インポートで最も効率的なフォーマットは、フラットファイルです。フラットファイルは、データベースレベルで、一括モードでインポートできます。
次に例を示します。
  • 区切り記号:タブまたはセミコロン
  • 最初の行は見出し
  • 文字列の区切り記号なし
  • 日付フォーマット:YYYY/MM/DD HH:mm:SS
インポートするファイルの例:
lastname;firstname;birthdate;email;crmID
Smith;Hayden;23/05/1989;hayden.smith@example.com;124365
Mars;Daniel;17/11/1987;dannymars@example.com;123545
Smith;Clara;08/02/1989;hayden.smith@example.com;124567
Durance;Allison;15/12/1978;allison.durance@example.com;120987

圧縮の使用

可能であれば、インポートおよびエクスポートに zip 形式のファイルを使用します。GZIPはデフォルトでサポートされています。 ファイルの読み込み時に前処理を追加できます。また、データ抽出時に後処理を追加する場合は、ワークフローアクティビティ Load file とワー Extract file クフローを使用します。
関連トピック:

差分モードでのインポート

通常のインポートは、差分モードで行う必要があります。 つまり、毎回、テーブル全体ではなく、新規または変更されたデータのみが Adobe Campaign に送信されるようにします。
完全インポートは、最初の読み込みにのみ使用する必要があります。

一貫性の維持

Adobe Campaign データベースのデータの一貫性を維持するには、次の原則に従います。
  • インポートされたデータが Adobe Campaign の参照テーブルに一致する場合、ワークフローでそのテーブルと紐付けされる必要があります。一致しないレコードは、却下される必要があります。
  • インポートされたデータが常に​ 「正規化」 ​されている(E メール、電話番号、ダイレクトメールアドレス)ことと、この正規化が信頼でき、何年にもわたって変更されないことを確認します。該当しない場合、データベースに何らかの重複が現れる可能性が高く、Adobe Campaign には「あいまい」一致をおこなうツールがないので、重複を管理および削除することが非常に難しくなります。
  • 重複の作成を避けるために、トランザクションデータは、紐付けキーを持ち、既存のデータと紐付けされている必要があります。
  • 関連ファイルを順番どおりにインポートします 。お互いに依存する複数のファイルでインポートが構成されている場合、ワークフローでファイルが正しい順番でインポートされていることを確認する必要があります。あるファイルが失敗すると、他のファイルはインポートされません。
  • データをインポートする際には、 重複排除 ​し、紐付けし、一貫性を維持します。

暗号化されたデータの管理

場合によっては、キャンペーンサーバーにPIIデータが含まれている場合など、暗号化サーバーを読み込むデータを暗号化する必要があります。
暗号化されたファイルを読み込んだり書き出したりするには、まずアドビカスタマーケアに連絡して、インスタンスに必要な暗号化/復号化コマンドが提供されるようにする必要があります。
これを行うには、次のことを示すリクエストを送信します。
  • コマンドを使用するためにキャンペーンインタフェースに表示される ラベル 。 例えば、「ファイルを暗号化」などです。
  • インスタンスにインストールする コマンド 。 たとえば、PGPを使ってファイルを復号するには、次のコマンドを使います。
    <path-to_pgp_if-not_global_or_server/>pgp.exe --decrypt --input nl6/var/vp/import/filename.pgp --passphrase "your password" --recipient recipient @email.com --verbose --output nl6/var/vp/import/filename
    
    
要求が処理されると、暗号化/復号化コマンドは、 Pre-processing stage フィールド内の、およびの Load file Extract file アクティビティから使用できます。 読み込みまたは書き出しを行うファイルは、これらを使用して復号化または暗号化できます。
関連トピック:

データを読み込むためのワークフローテンプレートの作成

同じ構造のファイルを頻繁にインポートする必要がある場合、インポートテンプレートを使用することをお勧めします。
この例では、Adobe Campaign データベースの CRM からのプロファイルのインポートに再利用できるワークフローを事前設定する方法を示します。
  1. Create a new workflow template from Resources > Templates > Workflow templates .
  2. 次のアクティビティを追加します。
    • Load file : 読み込むデータを含むファイルの構造を定義します。
      読み込めるのは、1つのファイルからのみです。 ワークフローに複数の Load file アクティビティがある場合は、毎回同じファイルが使用されます。
    • Reconciliation : インポートしたデータをデータベースデータと調整します。
    • Segmentation : レコードを処理するフィルターは、調整が可能かどうかに応じて異なります。
    • Deduplication : 受信ファイルをデータベースに挿入する前に、受信ファイルのデータを重複除外します。
    • Update data : 読み込んだプロファイルでデータベースを更新します。
  3. アクティビティの設定 Load file :
    • サンプルファイルをアップロードすることで、求められる構造を定義します。サンプルファイルには、インポートに必要なすべての列と、いくつかの行のみが含まれている必要があります。ファイルフォーマットをチェックおよび編集して、各列のタイプが正しく設定されていることを確認します(テキスト、日付、整数など)。次に例を示します。
      lastname;firstname;birthdate;email;crmID
      Smith;Hayden;23/05/1989;hayden.smith@mailtest.com;123456
      
      
    • セクションで、フィールドを選択 File to load Upload a new file from the local machine して空白のままにします。 このテンプレートから新しいワークフローを作成するたびに、ここで、定義された構造に対応するファイルを指定できます。
      任意のオプションを使用できますが、それに応じてテンプレートを修正する必要があります。For example, if you select Use the file specified in the inbound transition , you can add a Transfer file activity before to retrieve the file to import from a FTP/SFTP server.
      読み込み中に発生したエラーを含むファイルをユーザーがダウンロードできるようにするには、 Keep the rejects in a file オプションをチェックし、を指定し File name ​ます。
  4. Reconciliation アクティビティを設定します ここでのこのアクティビティの目的は、受信データを識別することです。
    • Relations 」タブで、読み込んだデータと受信者ターゲティングディメンション間のリンクを選択して定義します( Create element ターゲティングディメンションとリソースを参照 ディメンションとリソースのターゲット設定 )。 この例では、結合条件の作成に CRM ID カスタムフィールドが使用されています。一意のレコードを識別できる限り、必要なフィールドまたはフィールドの組み合わせを使用します。
    • タブで、このオ Identification プションをオフのままにし Identify the document from the working data ます。
  5. Configure the Segmentation activity to retrieve reconciled recipients in one transition and recipients that could not be reconciled but who have enough data in a second transition.
    紐付けされた受信者を含むトランジションは、データベースを更新するために使用できます。不明な受信者を含むトランジションは、ファイルで最小限の情報が利用できる場合、データベースに新しい受信者エントリを作成するために使用できます。
    紐付けできず、十分なデータを持たない受信者は、補集合アウトバウンドトランジションで選択され、別のファイルにエクスポートしたり、単純に無視したりできます。
    • アクティビティの General タブで、をに設定し、対象セット Resource type として Temporary resource 選択 Reconciliation します。
    • In the Advanced options tab, check the Generate complement option to be able to see if any record cannot be inserted in the database. 必要に応じて、補完データのさらなる処理(ファイルエクスポート、リスト更新など)を適用できます。
    • In the first segment of the Segments tab, add a filtering condition on the inbound population to select only records for which the profile's CRM ID is not equal to 0. これにより、データベースのプロファイルと一致したファイルのデータが、そのサブセット内で選択されます。
    • データベ追加ースに挿入するのに十分なデータを持つ一時レコードを選択する2番目のセグメント。 (例:E メールアドレス、姓名)。調整されていないレコードのプロファイルのCRM IDの値は0です。
    • All records that are not selected in the first two subsets are selected in the Complement .
  6. Configure the Update data activity located after the first outbound transition of the Segmentation activity configured previously.
    • Select Update as Operation type since the inbound transition only contains recipients already present in the database.
    • タブで、 Identification を選択 Using reconciliation criteria し、この場合は Dimension to update -プロファイルと Reconciliation アクティビティで作成されたリンクの間のキーを定義します。 この例では、 CRM ID カスタムフィールドが使用されています。
    • In the Fields to update tab, indicate the fields from the Profiles dimension to update with the value of the corresponding column from the file. ファイル列の名前が受信者ディメンションフィールドの名前と同一またはほとんど同じ場合、自動選択ボタンを使用して、異なるフィールドを自動的に一致させることができます。
      これらのプロファイルにダイレクトメールを送信する場合は、ダイレクトメールプロバイダにとって必須の住所を含めてください。 また、プロファイルの情報の Address specified ボックスがチェック済みであることも確認します。 ワークフローからこのオプションを更新するには、更新するフィールドに要素を追加し、「 1 」を指定し Source てフィールドを「 postalAddress/@addrDefined 」として選択 Destination ​します。 ダイレクトメールの詳細と Address specified オプションの使用方法については、 このドキュメントを参照してください
  7. Configure the Deduplication activity located after the transition containing unreconciled profiles:
    • タブで、ワークフローの Properties アクティビティ Resource type から生成された一時リソースにを設定し Reconciliation ます。
    • この例では、一意のプロファイルを見つけるために、E メールフィールドが使用されています。入力されていることがわかっており、一意の組み合わせを構成する任意のフィールドを使用できます。
    • を選択し Deduplication method ​ます。 この場合、重複の場合にどのレコードを保持するかは、アプリケーションが自動的に決定します。
  8. 前に設定した Update data Deduplication アクティビティの後にあるアクティビティを設定します。
    • Select Insert only as Operation type since the inbound transition only contains profiles not present in the database.
    • タブで、 Identification を選択 Using reconciliation criteria し、この場合は Dimension to update -プロファイルと Reconciliation アクティビティで作成されたリンクの間のキーを定義します。 この例では、 CRM ID カスタムフィールドが使用されています。
    • In the Fields to update tab, indicate the fields from the Profiles dimension to update with the value of the corresponding column from the file. ファイル列の名前が受信者ディメンションフィールドの名前と同一またはほとんど同じ場合、自動選択ボタンを使用して、異なるフィールドを自動的に一致させることができます。
      これらのプロファイルにダイレクトメールを送信する場合は、ダイレクトメールプロバイダにとって必須の住所を含めてください。 また、プロファイルの情報の Address specified ボックスがチェック済みであることも確認します。 ワークフローからこのオプションを更新するには、更新するフィールドに要素を追加し、「 1 」を指定し Source て、「postalAddress/@addrDefined #Destination ​します。 ダイレクトメールの詳細と Address specified オプションの使用方法については、 このドキュメントを参照してください
  9. After the third transition of the Segmentation activity, add a Extract file activity and a Transfer file activity if you want to keep track of data not inserted in the database. これらのアクティビティを設定して、必要な列をエクスポートし、ファイルを取得可能な FTP または SFTP サーバーにファイルを転送します。
  10. Add an End activity and save the workflow template.
これで、テンプレートが使用できるようになり、すべての新規ワークフローに利用できます。All is needed is then to specify the file containing the data to import in the Load file activity.