Show Menu
トピック×

ワークフローデータの使用

識別され、準備されたデータは、次のコンテキストで使用できます。
  • アクテ Update data ィビティを使用すると、データベース内のフィールドに対して一括更新を実行できます。
  • アクティビティ Save audience を使用すると、既存のオーディエンスを更新したり、ワークフローの上流で計算された訪問者から新しいオーディエンスを作成したりできます。 このアクティビティから作成または更新されるオーディエンスは リスト または ファイル オーディエンスです。 また、このアクティビティでは、プロファイルをAdobe Experience cloudオーディエンス/セグメントとしてエクスポートできます。
  • アクティビティ Subscription Services では、プロファイルを一括して取得し、サービスに登録したり、サービスから登録を解除したりできます。
  • このア Extract file クティビティでは、外部ファイルの形式でAdobe Campaignからデータをエクスポートできます。
プロファイルターゲットを定義した後、複数のアクティビティを使用して配信を作成および送信できます。
  • このア Email delivery クティビティでは、ワークフローでの電子メールの送信を設定できます。 1回の送信電子メ ールで 1回だけ送信することも、繰り返し送信する電子メールでもかまい ません
  • アクティビティ SMS delivery を使用すると、ワークフローでSMSを送信するように設定できます。 1回の送信SMSで1回 送信するか 、定期的なSMSで
  • アクティビテ Mobile app delivery ィを使用すると、ワークフローでプッシュ通知を送信するように設定できます。 1回の送信通知で1 回だけ送信する 、繰り返し送信することがで きます。