Show Menu
トピック×

調整を使用したデータ更新

次の例は、新しいクライアントを含む読み込みファイルから直接プロファイルのオーディエンスを作成するワークフローを示しています。 これは次のアクティビティで構成されています。
  • 読み込むファイルの 読み込み アクティビティ。読み込むファイルのデータを読み込んで検出します。 読み込まれたファイルには次のデータが含まれています。
    lastname;firstname;email;dateofbirth
    jackman;megan;megan.jackman@testmail.com;07/08/1975
    phillips;edward;phillips@testmail.com;09/03/1986
    weaver;justin;justin_w@testmail.com;11/15/1990
    martin;babeth;babeth_martin@testmail.net;11/25/1964
    reese;richard;rreese@testmail.com;02/08/1987
    cage;nathalie;cage.nathalie227@testmail.com;07/03/1989
    xiuxiu;andrea;andrea.xiuxiu@testmail.com;09/12/1992
    grimes;daryl;daryl_890@testmail.com;12/06/1979
    tycoon;tyreese;tyreese_t@testmail.net;10/08/1971
    
    
  • ロードされたファイルの各列をプロファイル次元列にリンクする 調整 アクティビティ。 識別できないファイルレコード(データが見つからない、互換性のないデータタイプなど) は無視され、最終的なオーディエンスデータの整合性が維持されます。
  • プロファイルの オーディエンスを保存する「オーディエンス 」アクティビティ。