Show Menu
トピック×

紐付けを使用したデータの更新

次の例は、新しいクライアントを含むインポート済みのファイルから直接プロファイルのオーディエンスを作成するワークフローを示しています。このワークフローは、次のアクティビティで構成されています。
  • A Load file activity, which loads and detects tshe data of the file to import. インポートされたファイルには、次のデータが含まれています。
    lastname;firstname;email;dateofbirth
    jackman;megan;megan.jackman@testmail.com;07/08/1975
    phillips;edward;phillips@testmail.com;09/03/1986
    weaver;justin;justin_w@testmail.com;11/15/1990
    martin;babeth;babeth_martin@testmail.net;11/25/1964
    reese;richard;rreese@testmail.com;02/08/1987
    cage;nathalie;cage.nathalie227@testmail.com;07/03/1989
    xiuxiu;andrea;andrea.xiuxiu@testmail.com;09/12/1992
    grimes;daryl;daryl_890@testmail.com;12/06/1979
    tycoon;tyreese;tyreese_t@testmail.net;10/08/1971
    
    
  • A Reconciliation activity, which links each column of the loaded file to a profile dimension column. 識別できないファイルレコード(データが見つからない、互換性のないデータタイプなど)は無視され、最終的なオーディエンスデータの整合性が維持されます。
  • A Save audience activity, which saves the audience of profiles.