Show Menu
トピック×

ファイルに含まれるデータをプロファイルデータに含める

この例では、プロファイルデータをファイルに含まれる購入データと共に拡張する方法を示します。ここでは、購入データがサードパーティのシステムに保存されることを考慮します。 各プロファイルは、ファイルに複数の購入を保存できます。 ワークフローの最後の目的は、少なくとも2つの商品を購入したターゲットプロファイルに電子メールを送信し、ユーザーの忠誠度に感謝することです。
ワークフローは次のように設定します。
  • メッセージを受信するプロファイルをターゲットする クエリ アクティビティ。
  • 購入データを読み込む Load file アクティビティ。 次に例を示します。
    tcode;tdate;customer;product;tamount
    aze123;21/05/2017;dannymars@example.com;TV;799
    aze124;28/05/2017;dannymars@example.com;Headphones;8
    aze125;31/07/2017;john.smith@example.com;Headphones;8
    aze126;14/12/2017;john.smith@example.com;Plastic Cover;4
    aze127;02/01/2018;dannymars@example.com;Case Cover;79
    aze128;04/03/2017;clara.smith@example.com;Phone;149
    
    
    この例のファイルでは、電子メールアドレスを使用して、データとデータベースプロファイルを調整します。 また、 このドキュメントで説明するように、一意のIDを有効にすることもで きます。
  • ファイルから読み込まれたトランザクションデータと、で選択されたエンリッチメントとの間にリンクを作成する プロファイル アクティビティ Query 。 リンクはアクティビティの Advanced relations タブで定義します。 リンクは、 Load file アクティビティからのトランジションに基づいています。 調整条件として、プロファイルリソースの「電子メール」フィールドと、インポートしたファイルの「顧客」列を使用します。
    リンクが作成されると、2セットのリンク Additional data が追加されます。
    • 各プロファイルの最後の2つのトランザクションに対応する2行の集まり。 このコレクションの場合、製品名、取引日、および製品の価格が追加データとして追加されます。 データに降順の並べ替えが適用されます。 コレクションを作成するには、 Additional data タブで次の操作を行います。
      アクティビティの Advanced relations タブで既に定義されているリンクを選択します。
      取得 Collection する行数をチェックして指定します(この例では2)。 この画面で、コレクションのおよ Alias びをカスタマイズでき Label ます。 これらの値は、このコレクションを参照する際に、ワークフローの次のアクティビティに表示されます。
      コレクション Data を保持するには、最終配信で使用する列を選択します。
      取引日に降順の並べ替えを適用して、最新の取引を確実に取得します。
    • 各プロファイルのトランザクションの合計数をカウントする集計。 この集計は、後で、少なくとも2つのトランザクションが記録されたプロファイルをフィルターするために使用されます。 集計を作成するには、 Additional data タブで次の操作を行います。
      アクティビティの Advanced relations タブで既に定義されているリンクを選択します。
      選択 Aggregate .
      保持 Data するには、「すべてを カウント 」集計を定義します。 必要に応じて、次のアクティビティですばやく見つけられるように、カスタムエイリアスを指定します。
  • 1つのセグメントのみを含む セグメント化 アクティビティ。最低2つのトランザクションが記録されている最初のターゲットのプロファイルを取得します。 1つのトランザクションのみのプロファイルは除外されます。 そのために、セグメントのクエリは、前に定義した集計に対して行われます。
  • プロファイルが最後に行った2回の購入を動的に取得するために、で定義された追加データ を使用する電子メール配信 Enrichment アクティビティ。 追加のデータは、パーソナライゼーションフィールドを追加する際に Additional data (TargetData) ノードで確認できます。
関連トピック: