Show Menu
トピック×

外部ファイル内のプロファイルの書き出し

次の例は、「 Query 」アクティビティの後に「 Extract file 」アクティビティを設定する方法を示しています。
このワークフローの目的は、プロファイルのリストを外部ファイルの形式で書き出し、Adobe Campaign 外でデータを使用できるようにすることです。
  1. Drag and drop an Extract file activity into your workflow and place it after the Query activity.
    この例では、クエリは 18~30 歳のすべてのプロファイルで実行されます。
  2. Open the Extract file activity to edit it.
  3. 出力ファイルに名前を付けます。
  4. 出力列を追加します。
    この例では、プロファイルの E メール、年齢、生年月日、名、姓が出力列として追加されます。
  5. File structure 」タブをクリックして次を定義します。
    • CSV 出力形式
    • 日付フォーマット
  6. アクティビティを確認します。
  7. Drag and drop a Transfer file activity after the Extract file activity to recover the extract file on an external account.
  8. アクティビティを開き、 File upload アクションを選択します。
  9. 外部アカウントを選択し、サーバー上のフォルダーのパスを入力します。
  10. アクティビティを確認し、ワークフローを保存します。
  11. ワークフローを開始します。
    ワークフローが正しく実行されると、抽出したファイルが外部アカウントで利用できるようになります。