Show Menu
トピック×

外部の信号とデータのインポート

次の例は、一般的な使用例の External signal アクティビティを示しています。 データのインポートは、ソースワークフローで実行されます。 インポートが完了し、データベースが更新されると、2番目のワークフローがトリガされます。 この2つ目のワークフローは、読み込んだデータの集計を更新するために使用します。
ソースワークフローは次のとおりです。
  • ファイルの 読み込み アクティビティは、新しい購入データを含むファイルをアップロードします。 購入データがデフォルトでデータマートに存在しないので データベースはデータマートに応じて拡張されています。
    次に例を示します。
    tcode;tdate;customer;product;tamount
    aze123;21/05/2015;dannymars@example.com;A2;799
    aze124;28/05/2015;dannymars@example.com;A7;8
    aze125;31/07/2015;john.smith@example.com;A7;8
    aze126;14/12/2015;john.smith@example.com;A10;4
    aze127;02/01/2016;dannymars@example.com;A3;79
    aze128;04/03/2016;clara.smith@example.com;A8;149
    
    
  • 取引データがプロファイルと製品に正しく接続されるように、 調整 アクティビティは、インポートされたデータとデータベースの間にリンクを作成します。
  • Update data 」アクティビティは、データベースのトランザクションリソースを入力データで挿入し、更新します。
  • エンド 開始および終了 アクティビティは、集計の更新に使用される宛先ワークフローをトリガーします。
宛先ワークフローは次のとおりです。
  • 外部シグナル アクティビティは、ソースワークフローが正常に終了するのを待ちます。
  • クエリ アクティビティ」ターゲットは、プロファイルをし、最終購入日を取得するためのコレクションセットを含めます。
  • データの 更新 アクティビティは、追加のデータを専用のカスタムフィールドに格納します。 プロファイルリソースが拡張され、 最後の購入日 フィールドが追加されたことに注意してください。