Show Menu
トピック×

ファイルオーディエンスとデータベースとの調整

この例では、 Read audience アクティビティを使用して、ファイルインポートから直接作成されたオーディエンスを調整する方法を示します。
ファイルの読み込みを実行する場合、その内容をオーディエンスに直接保存できます。 このオーディエンスはFileオーディエンスで、そのデータはデータベースリソースにリンクされていません。
読み込みワークフローは、次のように設計されています。
  • ファイルの 読み込み アクティビティは、外部ツールから抽出されたプロファイルデータを含むファイルをアップロードします。
    次に例を示します。
    lastname;firstname;birthdate;email;crmID
    Smith;Hayden;23/05/1989;hayden.smith@example.com;124365
    Mars;Daniel;17/11/1987;dannymars@example.com;123545
    Smith;Clara;08/02/1989;hayden.smith@example.com;124567
    Durance;Allison;15/12/1978;allison.durance@example.com;120987
    Lucassen;Jody;28/03/1988;jody.lucassen@example.com;127634
    Binder;Tom;19/01/1982;tombinder@example.com;128653
    Binder;Tommy;19/01/1915;tombinder@example.com;134576
    Connor;Jade;10/10/1979;connor.jade@example.com;132452
    Mack;Clarke;02/03/1985;clarke.mack@example.com;149876
    Ross;Timothy;04/07/1986;timross@example.com;157643
    
    
  • オーディエンス の保存 アクティビティは、入力データをオーディエンスとして保存します。 データはまだ調整されていないので、オーディエンスはファイルオーディエンスで、そのデータはまだプロファイルデータとして認識されていません。
調整ワークフローは、次のように設計されています。
  • 読み込みオーディエンス オーディエンスの閲覧 アクティビティは、読み込みワークフローで作成されたファイルオーディエンスをアップロードします。 オーディエンスデータは、Adobe Campaignデータベースとまだ一致していません。
  • 調整 」アクティビティは、受信データをプロファイルとしてタ Identification ブから識別します。 例えば、 email フィールドを調整条件として使用します。
  • Update data データ更新 アクティビティは、受信データを使用して、データベースのプロファイルリソースを挿入し、更新する。 データが既にプロファイルとして識別されているので、 Directly using the targeting dimension アクティビティを選択し、オプションの「 Profiles Identification 」タブでを選択できます。 次に、「基準」タブで更新する必要のあるフィールドのリストを追加するだけです。