Show Menu
トピック×

ファイルの自動ダウンロードに基づくデータの更新

ロードファイルアクティビティは、転送ファイルアクティビティからのデータを主に構成し、既存のデータに統合する。
次の例は、転送ファイルアクティビティを介して自動的にダウンロードされたファイルの読み込みアクティビティの後に、更新データアクティビティが続く結果を示しています。 このワークフローでは、Adobe Campaignデータベースを新しいプロファイルで拡張したり、読み込んだファイルから回復したデータを使用して既存のプロファイルを更新したりします。
ワークフローを構築するには、次の手順に従います。
  1. 転送ファイル 」アクティビティをワークフローにドラッグ&ドロップします。
  2. アクティビティを選択し、表示されるクイックアクションの ボタンを使用して開きます。
  3. アクティビティを設定し、希望のファイルが回復されるようにします。 タブで「 Protocol SFTP 」を選択します。
  4. 「外部アカウントで定義された接続パラメータを 使用 」オプションを選択します。
  5. 外部アカウントの名前を入力します。
  6. リモートサーバーの ファイルパスを入力します
  7. アクティビティを確認します。
  8. 「ファイルを 読み込み 」アクティビティをワークフローにドラッグ&ドロップし、 Transfer file アクティビティの後に配置します。
  9. アクティビティを選択し、表示されるクイックアクションの ボタンを使用して開きます。
  10. タブの File to load セクションで、オプションをオンにし Execution Use the file specified in the inbound transition す。
  11. 前の手順に従って、アクティビティを設定します。
  12. 更新データ 」アクティビティをワークフローにドラッグ&ドロップし、 Load file アクティビティの後に配置して設定します。
ワークフローが開始されると、アップロードされたファイルのデータが抽出され、Adobe Campaignデータベースの拡張に使用されます。