Show Menu
トピック×

年齢層別の分類

次の例は、データベースプロファイルを年齢グループに従って分類する例です。
このワークフローの目的は、各年齢層に対して特定の電子メールを送信することです。 このワークフローがテストキャンペーンの一部であることを考慮すると、制限があり、同時に表示するオーディエンスを使用するために、各セグメントには最大100個のプロファイルしか含めることができません。
ワークフローは、次の要素で構成されています。
  • ワークフローの実行日を指定する スケジューラーアクティビティ
  • 誕生日と電子メールアドレスが入力された人のターゲットプロファイルに対する クエリ アクティビティ。
  • 3つのセグメントを異なるアウトバウンドトランジションに分割して作成する セグメント化 アクティビティ: 18-25歳、26-32歳、32歳以上のプロファイル。 セグメントは、次のパラメーターに従って定義します。
    • セグメントの年齢グループを定義する年齢に関するフィルター
    • 制限値100にリンクされた Random sampling 種類 Maximum size 制限
  • セグメントごとの 電子メール配信 アクティビティ。