Show Menu
トピック×

ターゲティングディメンションとは異なるリソースの使用

この使用例では、離れたテーブル内の特定のレコードを検索する場合など、ターゲティングディメンションとは異なるリソースを使用する方法を示します。
ターゲティングディメンションとリソースについて詳しくは、 この節を参照してください
例1: 配信がターゲットとするプロファイルを「おかえり!」というラベルで識別しています
  • この場合、ターゲットプロファイルが必要です。 ターゲティングディメンションをに設定しま Profiles (profile) ​す。
  • 配信のラベルに従って、選択したプロファイルをフィルタリングします。 そのため、資源をに設定し Delivery logs ​ます。 このように、配信ログテーブルで直接フィルタリングを行い、オファーのパフォーマンスが向上します。
例2: 「おかえり!」というラベルを付けて、配信がターゲットにしなかったプロファイルを特定する
前の例では、ターゲティングディメンションとは異なるリソースを使用しました。 この操作は、遠隔テーブルに存在するレコードを探す場合にのみ可能 です (この例の配信ログ)。
遠隔テーブルに存在し ないレコード(特定の配信がターゲットにしていないプロファイルなど )を探す場合は、遠隔テーブル(配信ログ)にレコードが存在しないので、同じリソースとターゲティングディメンションを使用する必要があります。
  • この場合、ターゲットプロファイルが必要です。 ターゲティングディメンションをに設定しま Profiles (profile) ​す。
  • 配信のラベルに従って、選択したプロファイルをフィルタリングします。 配信ログテーブルに存在しないレコードを探しているので、配信ログを直接フィルタリングすることはできません。 したがって、リソースをに設定し、プロファイルテーブルでクエリ Profile (profile) を構築します。