Show Menu
トピック×

ワークフローの使用例:コントロールグループの作成

配信の影響を測定するには、特定のメッセージを受け取らないように、一部のプロファイルをターゲットから除外する必要がある場合があります。 この制御グループは、メッセージを受け取ったターゲット母集団の行動と比較するために使用できます。
Adobe Campaign Standardでこれを行うには、次のアクティビティを含むワークフローを構築します。
  • 特定の母集団をターゲットにするクエリーアクティビティ。
  • この訪問者からランダムな制御グループを分離するセグメント化アクティビティ。
  • メインターゲットにメッセージを送信する電子メール配信アクティビティ。
  • ターゲットから除外されたプロファイル(ランダムコントロールグループ)を更新するUpdateデータアクティビティ。

プロファイルリソースの拡張

まず、コントロールグループに対応する新し Profile いフィールドを使用して、リソースを拡張する必要があります。 ワークフローが実行されると、ターゲットから除外されたプロファイルに関して、このフィールドがチェックされます。
  1. // Administration から Development をクリ Custom Resources ​ックします Create
  2. まだ拡張していない場合は、リソースを選択 Extend an existing resource して選択し Profile ます。
  3. タブで、コ Data structure ントロールグループに新しいフィールドを追加し、フィールド Boolean を選択 Type します。
  4. タブから Screen definition セクションを展 Detail screen configuration 開し、作成したフィールドを選択して、各プロファイルに表示します。
  5. 変更を保存します。
  6. 拡張リソースを発行するには、データベース構造 Profile を更新します。 詳しくは、カ スタムリソースの公開を参照してくださ い。
カスタムリソースの拡張について詳しくは、「リソースを追 加するための主要な手順」を参照してくださ い。

ワークフローの作成

  1. で、を Marketing Activities ​クリックし Create てを選択しま Workflow ​す。
  2. ワークフロー New Workflow タイプとして選択し、をクリックしま Next ​す。
  3. ワークフローのプロパティを入力し、をクリックしま Create ​す。
ワークフローを作成する詳細な手順は、「ワークフローの構築」セク ションに記載され ます。

クエリーアクティビティの作成

  1. /で、 Activities をドラ Targeting ​ッグ&ドロップしま Query activity ​す。
  2. アクティビティをダブルクリックして、ターゲットを定義します。
  3. 例えば、で、ドラッ Shortcuts ​グ&ドロップし、演算子 Profile ​を使 Age 用して「25」 Greater than と入力し Value ます。
  4. Click Confirm .
Queryアクティビティを構築する詳細な手順は、「 Query 」セクションに示します。

セグメント化アクティビティの作成

  1. アクティビティをドラッグ&ド Segmentation ロップし、ダブルクリックします。
  2. タブで、編 Segments 集するセグメントを選択します。
  3. そのセグメ Configuration ントのタブで、オプションを選択 Limit the population of this segment します。
  4. タブで、オ Limitation プションが選択されている Random sampling ことを確認します。
  5. 初期母集団の割合を定義します(例:10%、クリック) Confirm 。 コントロールグループは、ターゲット母集団の10%で構成され、ランダムに選択されます。
  6. タブで、オ Advanced options プションを選択 Generate complement し、フィールドとフィー Transition label ルドに入 Segment code 力します。
  7. Click Confirm .
セグメント化アクティビティを作成する詳細な手順については、「セグメント化 セグメント化 」の節を参照してください。

電子メールアクティビティの作成

  1. >で、メ Activities インの Channels ​ターゲットセグメントの後に Email Delivery ドラッグ&ドロップします。
  2. アクティビティをクリックし、編 集する場合に選択します。
  3. を選択し、 Single send email をクリックしま Next ​す。
  4. 電子メールテンプレートを選択し、をクリックしま Next ​す。
  5. 電子メールのプロパティを入力し、をクリックしま Next ​す。
  6. 電子メールのレイアウトを作成するには、 #をクリックしま Use the Email Designer ​す。
  7. コンテンツを編集して保存します。
  8. メッセージダ Schedule ッシュボードのセクションで、!UICONTROL要求確認 オプションの選択を解除します
電子メールアクティビティを作成する詳細な手順は、「電子メール配信」セクション に示され ます。

Updateデータアクティビティの作成

  1. アクティビティをコントロールグル Update data ープセグメントの後にドラッグ&ドロップします。
  2. アクティビティを選択し、表示されるクイックアクシ ョンのボタンを使用して開きます。
  3. タブで、 General ドロップダ Update ウンリ Operation type ストから選択します。
  4. In the Identification tab, select the Directly using the targeting dimension option.
  5. 更新するデ Profile ィメンションとして以前に拡張したリソースを選択します。
  6. タブで、リ Fields to update ソースに追加したコントロールグループフィールドをとし Profile て選択し、条 Destination 件としてtrueを入力します。
  7. Click Confirm .
Updateデータアクティビティを作成する詳細な手順は、「データを更新」セクション に記載され ます。

ワークフローの実行

をクリック Start して、ワークフローを実行します。
ワークフローが実行されると、制御グループの母集団は除外され、メッセージは残りのメインターゲットに送信されます。
リソー Profile スは次のように更新されます。プロファイルがコントロールグループに含まれていた場合は、対応するフィールドがチェックされます。
メッセージから除外され、受信しなかった小さなグループと比較して、メッセージの受信者の反応を比較できるようになりました。

同じコントロールグループの再利用

上の例では、グローバルコントロールグループを作成できます。これは、配信とは独立してプロファイル属性として保存されているためです。 実際に、リソース拡張の一部として作成された新しい「コントロールグループ」フィールドは、 Profile 上記のワークフローの実行後に更新されます。
したがって、次回同じコントロールグループを使用する場合は、ランダムなセグメント化を行う代わりに、新しい「コントロールグループ」フィールドでセグメント化を行うことができます。
手順は次のとおりです。
  1. アクティビティを作 Segmentation 成する際に、タブで編集するセグメントを選択 Segments します。
  2. そのセグメ Configuration ントのタブで、このオプションを選択しないようにし Limit the population of this segment ます。
  3. タブで、メ Filtering インワークスペースにドラッ Profiles (attributes) グ&ドロップします。
  4. ウィンドウ Add a rule - Profiles (attributes) で、「Control group」(リソースに追加したフィールド)を選択し、 Profile フィルター条 Yes 件として選択します。