Show Menu
トピック×

Adobe Experience Platform 属性を使用したキャンペーンのパーソナライズ

オーディエンス宛先サービスは現在ベータ版で、予告なく頻繁に更新される可能性があります。 これらの機能にアクセスするには、お客様はAzureでホストされる必要があります(現在、北米向けベータ版のみ)。 アドビカスタマーケアにお問い合わせの際は、アドビカスタマーケアにご連絡ください。
Adobe Experience Platformのコンテキストデータを使用したパーソナライゼーションでは 、プッシュ チャネルとアプリ内プラットフォームはまだ使用できません。
ワークフローが Adobe Experience Platformオーディエンスを使用して設定されたら 、Experience Data Model(XDM)専用のプロファイル属性を使用してメッセージをパーソナライズできます。
これを行うには、次の属性を Read audience アクティビティに追加する必要があります。
  1. Open the Read audience activity. タブで、 Additional data ボタンをクリックし Create element ます。
    この Additional data タブは、Adobe Experience Platformオーディエンスを選択した後でのみ使用できます。
    この機能では、配列とマップのデータ型はサポートされていません。 また、和集合スキーマのデータのみがピッカーに表示されます。
  2. リストから目的のXDMフィールドを選択し、をクリックし Confirm ​ます。
  3. ボタンをクリックし Add て、追加データのリストに追加します。
  4. ワークフローに追加するすべてのXDMフィールドに対して、この手順を繰り返します。
    1つの Read audience アクティビティに追加できるXDMフィールドの数は最大20個です。
  5. すべてのフィールドを追加したら、 Confirm ボタンをクリックして変更を保存します。 これで、配信をパーソナライズできるようになります。
配信を作成およびパーソナライズする方法について詳しくは、Campaign Standardのドキュメントを参照してください。