Show Menu
トピック×

プロファイルとオーディエンスについて

キャンペーンまたはメッセージを作成する場合、Campaignデータベース内の連絡先から選択するか、単純または高度な条件を使用して選択するか、オーディエンスを選択することで、配信のターゲットを指定できます。
Adobe Campaignは、リッチな顧客プロファイルをリアルタイムで作成し、顧客の好みが変化したときに、より関連性の高いパーソナライズされたオファーを提供できます。 さらに、Adobe Campaignは、高度な分析、データ管理およびターゲティング機能を統合してオーディエンスを構築します。
  • プロファイルは、データベースに保存されている個々の連絡先です。
    各プロファイルは、データベース内の1つのエントリに対応し、そのプロファイルをターゲットにし、認定し、個別に追跡するために必要な情報が格納されます。Adobe Campaignでは、オンラインチャネルとオフラインチャネルの両方からすべてのインタラクションを追跡し、単一のプロファイルに結合できます。
  • オーディエンスは、特定の条件または条件のセットに基づいて作成されたプロファイルのリストです。
    ワークフローとクエリエディターを使用すると、マーケティングキャンペーンに関する情報、そのアクティビティ、およびマーケティング履歴に基づいて、マーケティングキャンペーンのターゲットを定めるオーディエンスを作成できます。 これにより、登録済みのプロファイル、サンプル、ターゲットオーディエンスの作成を、無制限の数の条件でフィルターできます。
連絡先にメッセージを送信する前に、その連絡先の権限を確認する必要があります。 そうでない場合、電子メールがスパムとしてマークされ、プラットフォームの配信品質に影響を与える可能性があります。 正常なプロファイルデータベースを確実に構築するには、最初の手順としてこの権限を保護します。 Campaignを使用する場合は、サービスやランディングページを通じて簡単なオプトインおよびオプトアウトメカニズムを使用し 、連絡先情報を更新し、データベ ランディングページの概要 ースを拡張することをお勧めします。
メッセージに購読解除リンクを指定すると、必要に応じてプロファイルをブラックリストに記載し、プラットフォームの配信品質を向上させることができます。 ブラックリストの詳細については、「Campaignでのオ プトインとオプトアウトについて」を参照してください
統合された顧客プロファイルとカスタマイズされたセグメントを使用して、すべてのチャネルで顧客をより効果的に識別します。 顧客、興味、人口統計およびチャネルの環境設定を知っている場合は、パーソナライズされたエクスペリエンスをより簡単に作成し、気付かれるようにします。
GDPR は欧州連合(EU)にて新しく施行されるプライバシー保護法律で、データ保護要件を現代の状況に合わせて整合化することを目的としています。GDPR は、EU に居住しているデータ主体のデータを保有している Adobe Campaign の顧客に適用されます。アドビは、Adobe Campaignで既に利用可能なプライバシー機能(同意管理、データ保持設定、ユーザーの役割など)に加え、Data Processorとしての役割で、特定のGDPR要求に対するData Controllerとしての準備を容易にするために、この機会を利用しています。
GDPRに準拠するた めに 、Adobe Campaignが提供するツールと機能の詳細については、このガイドを参照してください。
関連トピック: