Show Menu
トピック×

Adobe Experience Platform オーディエンスの管理

オーディエンス宛先サービスは現在ベータ版で、予告なく頻繁に更新される場合があります。 これらの機能にアクセスするには、お客様はAzureでホストされる必要があります(現在、北米の場合のみベータ版)。 ご利用になりたい場合は、アドビカスタマーケアにお問い合わせください。

Adobe Experience Platformへのアクセスオーディエンス

Adobe Experience Platformのセグメントビルダーにアクセスするには、Campaign Standardホームページのカード(またはヘッ Audiences ダー内のリンク) Audiences に移動し、環境を選択し Adobe Experience Platform ます。
最初に、Adobe Experience Platformのセグメントリストページが表示されます。このページでは、既存のAdobe Experience Platformのセグメントにアクセスして、さらに編集を行うことができます。
目的のAdobe Experience Platformセグメントを見つけるのに役立つ検索バーとフィルターを使用できます。

Adobe Experience Platformオーディエンス

Adobe Experience PlatformオーディエンスをCampaign Standardで直接作成するには、次の手順に従います。
  1. Adobe Experience Platformのセグメントリストページで、右 New audience 隅にあるボタンをクリックします。
  2. これで、統合セグメントビルダーがワークスペースに表示されます。 Adobe Experience Platformのデータを使用してセグメントを作成し、最終的にこのデータを使用してセグメントを作成できます。このデータは、最終的にオーディエンスの作成に使用されます。
  3. 右側のパネルでセグメントに名前を付け、説明を入力します(オプション)。
  4. セグメントを正常に作成するには、このセグメントのマーケティング目 的に一致する 、マージポリシーを選択する必要があります。
    設定ウィンドウで、「プラットフォームのデフォルトの結合ポリシー」が選択されます。 結合ポリシーの詳細については、『セグメントビルダーユーザガイド』の専用の 節を参照してください
  5. ユーザーのオーディエンスで取得するプロファイルを識別するルールを定義します。
    これを行うには、目的の属性やイベントを左側のパネルからワークスペースにドラッグし、対応するルールを定義し、ボタンをクリックしてセグメントを保存します(統合セグメントビル Create segment ダーの使用 統合セグメントビルダーの使用 )。
これでオーディエンスをアクティベートする準備が整い、キャンペーンのターゲットとして使用できます(「Adobe Experience Platformのターゲ ット設定」オーディエンスを参照 )。

編集オーディエンス

オーディエンスを編集するには、そのセグメントを開き、必要に応じて統合セグメントビルダーインターフェイス内でルールを変更します( 統合セグメントビルダーの使用 )。
変更が完了したら、ボタンをクリックして Save segment オーディエンスを更新します。