Show Menu
トピック×

リリースノート 2017

2017年版のAdobe Campaign Standardをお探しですか?
各リリースには、新機能とパッチが付属しています。 リリースをクリックして、その内容を表示します。
Adobe Campaign Standardの最新のドキ ュメントの更新 情報を表示します。 新しいリリースをお探しの場合は、このページをご覧く ださい

リリース17.10 - 2017年10月

新機能

機能 説明
疲労管理 疲労管理では、プロファイルを使用した過剰なコミュニケーションを管理する疲労ルールを作成できます。 疲労ルールは簡単に作成できますが、複数のチャネル(トランザクションメッセージを含む)でのメッセージのカウント、特定の配信のカウント、特定のプロファイルへのルールの適用などの機能に非常に柔軟です。 詳しくは、詳細なドキュメントを参照 してください
コンテンツの作成:URLからの読み込み URLから読み込むと、Webサイトからクリエイティブコンテンツをすばやく取得して、任意の配信用の電子メールを作成できます。 また、サードパーティがURLを介して直接コンテンツを共有できるようにすることで、クリエイティブプロセスを効率化できます。 インポートされたコンテンツは、単一の配信の一部として、またはテンプレートレベルで柔軟に使用でき、ワークフローベースのメッセージでもトランザクションメッセージでも、A/Bテストでも多変量テストでも、すべての関連キャンペーンのブランドの一貫性を確保できます。 URLからインポートすると、Dynamic Reportingを使用して電子メールのパフォーマンスを監視するために、すべてのリンクが自動的に変換および追跡されます。 詳しくは、詳細なドキュメントを参照 してください

パッチ

プラットフォーム

  • サイズの大きい圧縮ファイルが正しく解凍されない問題を修正しました。
  • ブランド管理のセキュリティが強化されました。 ブランド名と送信者の住所の変更は、アドビの技術管理者のために予約されています。
  • セキュリティの向上、ユーザ生成コンテンツ(画像、ミラーページ、ランディングページなど)は、adobe.comドメインからは提供できなくなりました。 ブランドを使用してこれらのリソースを処理するには、独自のドメインを使用する必要があるようになりました。
  • マーケティングアクティビティを表示およびフィルタリングする際のインターフェイスの問題を修正しました。
  • POST REST API呼び出しで購読日フィールドが更新されない問題を修正しました。

電子メール、SMSメッセージ、ダイレクトメール

  • メッセージ内のリストタイプのオーディエンスをターゲット化できず、準備が失敗する問題を修正しました。
  • 多言語電子メール配信機能に追加された言語が見つかりません。
  • ユーザがコンテンツを変更して保存すると、配信ダッシュボードに表示されるコンテンツのサムネールが自動的に更新されるようになりました。
  • タイムゾーン関連の問題を修正し、配信を開けなくなりました。

プッシュ通知

  • プッシュ通知チャネルを設定する場合、iOS用のプッシュプロバイダープラットフォームは apns 、およびAndroid gcmです
  • iOSモバイルアプリをAdobe Campaignインターフェイスに追加できないエラーを修正しました。
  • プッシュ通知は、GCMとFCM対応のAndroidモバイルアプリケーションの両方でサポートされるようになりました。
  • プッシュ通知テンプレートを複製する際に、コンテンツを保存できないエラーを修正しました。
  • モバイルアプリケーションユーザーのデータを調整して、Adobe Campaignデータベースからプロファイルを作成または更新できるようになりました。
  • Adobe Campaignで、標準のプッシュ通知よりもトランザクションプッシュ通知の処理を優先するようになりました。

レポート

  • ホットクリックの割合が電子メールコンテンツに表示されない問題を修正しました。
  • バウンスではなくハードバウンスとしてカウントされたブラックリスト指標の問題を修正しました。
  • サマリデータに負の数が表示される問題を修正しました。
  • 間違った年齢セグメントのプロファイルがカウントされる問題を修正しました。
  • ソフトバウンスとハードバウンスの計算式が変更されました。

ワークフロー

  • アクティビティの列を手動で追 Load file 加および削除した後にエラーが発生する可能性があるアクティビティの問題を修正しました。
  • 技術ワ deliverabilityUpdate ークフローは、サーバー時刻の午前2時に実行されるようにスケジュールされました。
  • 書き出しの役割を持たないリスト書き出しを実行できるセキュリティの問題を修正しました。
  • Fixed an issue with the Reconciliation activity.
  • アクティビティでワイルドカード文字を使用する問題を修正し File Transfer ました。

プロファイルとオーディエンス

  • 特定の場合にクエリの条件が正しく考慮されず、誤った結果が生じる問題を修正しました。
  • 準備されたが送信されず、期限切れになったプロファイルをターゲットにした場合に、プロファイルにアクセスできない問題を修正しました。

統合

  • Triggers用に作成された一部のデータソースが正しく表示され、選択されない可能性がある問題を修正しました。

Custom resources

  • リスト画面で、カスタムリソース行がデータなしで表示される問題を修正しました。
  • Boolean型のフィールドで「False」の値を持つフィールドがカスタムリソースに表示されない問題を修正しました。

リリース17.9 - 2017年9月

新機能

機能 説明
電子メールテンプレートのライブラリ 2つの美しいテーマ(AstroとFeather)でデザインされた、18種類の新しいレスポンシブテンプレートの紹介。 これらのカスタマイズ可能なテンプレートは業界にとらわれず、すぐに使用できる状態です。 テンプレートには、電子メールマーケティングキャンペーンを以前に比べて迅速、効率的、かつ美しくデザインし、配信できるように、様々な使用事例向けのコンテンツが含まれています。 詳しくは、詳細なドキュメントを参照 してください
プロファイルデータを使用した動的レポート Dynamic Reportingは、完全にカスタマイズ可能なリアルタイムのビジネスレポートを提供します。 このリリースでは、Dynamic Reportingの強力な機能強化により、プロファイルデータへのアクセスが追加され、開封数やクリック数などの機能的な電子メールキャンペーンデータに加え、性別、市区町村、郵便番号、年齢などのプロファイルディメンション別の人口統計分析が可能になりました。 使いやすい同じドラッグ&ドロップ操作のインターフェイスを使用して、最も重要な顧客セグメントに対する電子メールキャンペーンのパフォーマンスを今まで以上に簡単に判断できます。 詳しくは、詳細なドキュメントを参照 してください
一括購読(出発地と日付付き) この一括購読の機能強化により、ワークフローの購読サービスアクティビティを通じて、購読情報(出発地と日付)をAdobe Campaign Standardデータベースに直接保存できるようになりました。 詳しくは、詳細なドキュメントを参照 してください

パッチ

プラットフォーム

  • 一部のお客様は、独自のレコードを識別する一意のキーを管理しないので、Adobe Campaign StandardのIDを利用できる必要があります。 このID( ACS ID )は、データの更新中に調整キーとしてエクスポートすることもできます。 詳しくは、 詳細ドキュメント を参照してください。
  • FTPプロトコルは廃止されます。 代わりにSFTPを使用する必要があります。 既存の実装をブロックしないように、FTP上の既存の設定は以前と同じように機能しますが、新しいアクティビティに対してはこのオプションは表示されません。

電子メール、SMSメッセージ、ダイレクトメール

  • 新しいアラート条件を作成して、配信アラート通知で使用できるようになりました。 詳しくは、 詳細ドキュメント を参照してください。
  • 配信通知に新しい設計が加わり、配信通知ダッシュボードのユーザーエクスペリエンスが向上しました。
  • 現在は、ルーティング外部アカウントが無効になっている場合、影響を受けた配信(電子メール、SMS、プッシュ)に警告が表示され、これらの配信では Preview (プレビュー)ボタンが非表示になっています。
  • 件名行で動的テキストが有効な場合に、電子メールコンテンツ上のA/Bテストのプレビューでエラーが発生する問題を修正しました。

トランザクションメッセージ

  • 例えば、トランザクションメッセージの送信後3日間のような、フォローアップメッセージを送信するタイミングを定義できるようになりました。 詳しくは、 詳細ドキュメント を参照してください。
  • イベントにリンクされたトランザクションメッセージを送信する日付を定義できるようになりました。
  • 受信および処理されたイベントにリンクされたプロファイルを削除した後に、フォローアップメッセージを含むワークフローを実行するとSQLエラーが発生する問題を修正しました。
  • イベントにリンクされたプロファイルを削除できないエラーを修正しました。
  • 追跡されたリンクのリダイレクトが機能しない可能性がある問題を修正しました。
  • 電子メールまたはSMSメッセージ内の特定のリンクの追跡を無効にできない問題を修正しました。

レポート

  • ホット クリック数レポート が改善されました。 また、配信で定義された各条件付きコンテンツに従ってホットクリック数を表示したり、定期的な配信またはトランザクションメッセージの実行ごとにホットクリック数を表示したりできるようになりました。 詳しくは、 詳細ドキュメント を参照してください。
  • 検疫指標が正しいデータを取得できない問題を修正しました。
  • 新しいプリセット時間枠がカレンダーウィジェットに追加されました。
  • より一貫 性を高めるために 、動的レポート指標と キャンペーンのKPI (送信済みメッセージのダッシュボードに表示)が調整されました。
  • debian 7でパイプラインがクラッシュする可能性がある問題を修正しました。

ワークフロー

  • インポートしたファイルの保存管理機能が動作しない可能性がある問題を修正しました。

統合

  • eVarとイベントがAnalyticsとCampaignの統合でサポートされるようになりました。
  • 破棄された買い物かごのコンテンツを含む電子メールを送信する場合、買い物かごから削除された要素のペイロードパラメーターがオプションになりました。

プロファイルとオーディエンス

  • Adobe Campaignで、アクティブなプロファイルの数を表示するレポートが提供されるようになりました。 このレポートは単なる情報であり、請求に直接影響を与えません。 詳しくは、 詳細ドキュメント を参照してください。
  • Profiles & Services APIを使用する場合に、プロファイルがサービスにサブスクライブできない問題を修正しました。

リリース17.7 - 2017年7月

新機能

機能 説明
多言語の電子メールおよびSMS配信 顧客の好みの言語を自動的にセグメント化し、単一の配信で多言語の電子メールおよびSMS配信を定義し、実行します。 言語レベルと個々のレベルに至るまでの各配信のパフォーマンスに関するレポートを作成します。 国内外で成長するにつれて、複数の言語でコンテンツを配信するという課題に直面する企業が増えています。 したがって、ローカライズされたメッセージ配信の合理化は、多国籍企業にとって効果的な顧客コミュニケーション戦略の重要な部分です。複数の言語を持つ国の企業また、顧客の居住地に関係なく、言語レベルでコンテンツをさらにパーソナライズしたい企業も考えられます。 詳しくは、 詳細ドキュメント を参照してください。
Adobe Campaign通知 重要なシステムアクティビティに関する通知をAdobe Campaign Standard内で直接受信します。 例えば、配信の進行中やワークフローにエラーが発生した場合に通知が送信されます。 リアルタイム通知は、関連する関係者に通知を受け、ユーザーに対して、アプリケーション内からアクティビティ通知に対して即座に直接対応する機能を提供します。 チームの成果は、高度な機敏性、効率性、キャンペーンのスムーズな実行です。 詳しくは、 詳細ドキュメント を参照してください。
配信アラート Adobe Campaign Standardで直接通知を表示するだけでなく、Adobe Campaignでも、重要なシステムアクティビティに関するユーザーや外部の関係者に対する電子メールアラートをトリガーする電子メールアラートシステムを提供するようになりました。 配信の成功または失敗を追跡するために、カスタマイズ可能なアラートとダッシュボードを作成、管理、受信します。 Adobe Campaign Delivery Alertingは、会社内のすべての関与するAdobe Campaignユーザーに対して、電子メールとダッシュボードを使用して配信の実行状況を自動的に通知することで、効率を向上させます。 詳しくは、 詳細ドキュメント を参照してください。
データソース内の暗号化された宣言済みID Campaignの既存のプロファイルを使用せずに、暗号化された連絡先情報(電子メールアドレスまたは電話番号)を宣言済みIDとして使用して、電子メールおよびSMSの送信トリガーを実行できます。 暗号化された宣言済みIDはAdobe Campaign Standardでデコードできるので、Campaignでは、以前は不明な連絡先を含む他のExperience cloudソリューションからオーディエンスを受け取る場合に、新しいマーケティング可能なプロファイルを作成できます。 電子メールとSMSの両方を通じて、顧客および未知の見込み客をリアルタイムでターゲット設定し、既存の顧客ベースの忠誠度を向上させ、新規顧客を獲得します。 見込み客がAdobe Campaignでこれらのインサイトを認証し、活用すると、(Adobe Audience Manager*からの)ファーストパーティcookieデータを最大限に活用できます。 *Adobe Audience Managerが必要です。 詳しくは、 詳細ドキュメント を参照してください。
CampaignからAnalyticsへのKPI共有 キャンペーンデータをAdobe Analyticsと共有して、コンバージョンを通じて他のマーケティングや広告の取り組みと並行してCampaignの電子メールマーケティング指標を測定し、クリック前とクリック後の行動を統一します。 全体的なパフォーマンスを直接追跡し、Analyticsの外部プログラムとの類似性を明らかにします。 この統合ビューからの学習をキャンペーンに反映します。オープン、クリックスルー、コンバージョン率を最終的に改善すると、売上高とキャンペーン全体のパフォーマンスが向上します。 Adobe Analyticsが必要です。 詳しくは、 詳細ドキュメント を参照してください。
ダイレクトメールチャネル — 送信者に戻る Return to Sender情報を組み込んだダイレクトメールプロバイダとのフラットなファイル交換がサポートされるようになりました。 このダイレクトメールチャネルの機能強化により、対応する郵便番号を今後の通信から除外できるようになりました。 これにより、マーケターは間違った住所を通知され、他のチャネルを通じて顧客と連絡を取ったり、住所の更新を促したりできます。 また、マーケティング担当者が誤ったアドレスにメールを送信しないようにするため、マーケティング費用の無駄を減らすこともできます。 ダイレクトメールはアドオンチャネルとして利用できます。 詳しくは、 詳細ドキュメント を参照してください。

パッチ

一般

  • 任意のユーザーがリストを書き出せる問題を修正しました。 現在は、そのロールを持つユーザ Export ーのみが許可されます。

電子メール、SMSメッセージ、ダイレクトメール

  • updateDeliveryExecInfoワークフローで、SMS配信の 配信待ちインジケ ータを 0に設定する問題を修正しました。
  • 配信テンプレ ートのプロパティの 「詳細」パラメーターで、「ルーティング」ドロップダウンリストに、テンプレートのメッセージタイプに対応する外部アカウントのみが表示されるようになりました。 例えば、電子メール配信テンプレートには、電子メールの外部アカウントのみが表示されます。
  • テストプロファイル用に定義され Text た優先電子メール形式の問題を修正しました。
  • 配信のスケジュール定義画面でデフォルトのタイムゾーンを選択すると、JavaScriptエラーが発生する問題を修正しました。
  • トラップが送信ログに表示されない問題を修正しました。
  • 配信作成ウィザードのテンプレート選択画面で、フォローアップとA/Bテストテンプレートがデフォルトで非表示になりました。 For more information, refer to the detailed documention .
  • 任意のユーザーが配信を送信できる問題を修正しました。 現在は、そのロールを持つユーザ Start deliveries ーのみが許可されます。 For more information, refer to the detailed documention .

プッシュ通知

  • キャンペーントラッキングエンドポ イント URLがレポートを妨げていた問題を修正しました。
  • Androidデバイスでプッシュ通知のタイトルが表示されない問題を修正しました。
  • プッシュ通知にタイトルのみが含まれ、メッセージの本文に何も含まれていない場合に、iOSデバイスにプッシュ通知が表示されない問題を修正しました。
  • 配信内のメディア添付ファイルURLを強制的に追跡し、ビデオや画像を配信に埋め込めない問題を修正しました。 プッシュ通知のタイプmediaAttachmentURLのURLの追跡は、デフォルトで非アクティブになりました。

レポート

  • グラフと表の間で値が異なって表示される問題を修正しました。
  • プッシュ通知の値が電子メールの値として表示される問題を修正しました。
  • キャンペーン以外で配信が作成された場合に、値が不明と表示される問題を修正しました。
  • SMSレポートデータがモバイルアプリケーションデータとして表示される問題を修正しました。

ワークフロー

  • ワークフローログをフィルタリングできるようになりました(期間とテキスト検索)。 For more information, refer to the detailed documention .
  • ワークフロー配信で、送信前に確認を非アクティブ化するオプションが使用できるようになりました。
  • 定期的な配信の作成ウィザードで、アウトバウンド移行を設定できない問題を修正しました。
  • 多くの値を持つ列挙を持つカスタムリソースフィールドに基づくワークフロークエリアクティビティを使用する場合に発生していた問題を修正しました

リリース17.5 - 2017年5月

新機能

機能 説明
ダイレクトメール Adobe Campaign Standardの最初のオフラインチャネルであるダイレクトメールを使用して、デジタルの障壁を取り除き、物理的な世界に接続します。 この機能を使用すると、ダイレクトメールプロバイダーが必要とするファイルを、クロスチャネルキャンペーンの一部としてパーソナライズし、生成できます。 ダイレクトメールを利用して、顧客を再び惹きつけたり、強引な触覚タッチポイントによって顧客体験を強化したりし、顧客をアプリ、Webサイト、ストアに誘導します。 詳しくは、詳細なドキュメントを参照 してください
E メールの BCC 電子メールBCCを使用すると、個々の受信者に送信される一意の電子メールメッセージを保存でき、ブランドはそれらのメッセージをアーカイブできます。 BCC電子メールアドレスをすべての電子メールに追加することで、Adobe Campaign Standardのお客様は、この機能を使用して各電子メールの正確なコピーを保存できます。 これは、金融サービス業界にとって一般的な法的要件であり、リアルタイムでの紛争解決においてカスタマーサービスセンターを支援するのに役立ちます。 詳しくは、詳細なドキュメントを参照 してください

パッチ

インターフェイスの更新

  • 上部のバーのリンクは削 Timeline 除され、に対するリンクに置き換えられました Programs & Campaigns

電子メールとSMSメッセージ

  • 配信ステータスに誤った色が表示される問題を修 Retry in progress 正しました。 色は青ではなく灰色だった。

ワークフロー

  • アクティビティで実行するアクションを変更する際に発生していた問題を修正し Transfer file ました。

レポート

  • インジケータ Spam ーの計 Spam rate 算が変更されました。
  • より正 Bounce 確な結果を得るために、指標が改善されました。

プッシュ通知

  • プロファイルのマーケティング履歴でプッシュイベントをクリックできない問題を修正しました。
  • ワークフローでのプッシュ通知の使用が改善されました。

リリース17.4 - 2017年4月

新機能

機能 説明
Creative SDKによる拡張されたImage Edition機能 電子メールやランディングページを編集する際に、Creative SDKが提供する機能の完全なセットにアクセスして、コンテンツエディターで直接画像を拡張できます。 この機能を使用する場合、追加のCreative cloudソリューションを購入する必要はありません。 詳しくは、詳細なドキュメントを参照 してください
トランザクションプッシュ通知 モバイルアプリケーションチャネルは、Adobe Campaignのトランザクションメッセージング機能に追加されました。 3つのチャネルがトランザクションメッセージに対してサポートされるようになりました。電子メール、SMS、プッシュ通知。 詳しくは、詳細なドキュメントを参照 してください
定期的なプッシュ通知 ワークフローで繰り返しプッシュ通知を設定できるようになりました。 新しいコンテンツやプロモーションをチェックアウトする毎週のリマインダーのような、顧客が定期的な更新を期待する状況で、定期的なプッシュ通知を使用できます。 詳しくは、詳細なドキュメントを参照 してください
Amazon Simple Storage Service(S3)コネクタ Amazon Simple Storage Service(S3)コネクタを使用して Adobe Campaign との間でデータのインポートまたはエクスポートをおこなえるようになりました。コネクタのセットアップはワークフローアクティビティでおこなえます。設定は外部アカウントでおこないます。 詳しくは、詳細なドキュメントを参照 してください
Dreamweaverとの統合をライブにする Adobe CampaignとDreamweaverの統合が実行されました。 Dreamweaverの正式な最終リリースバージョン(17.0.2)で動作するようになりました。 これには、次の場所からAdobe Campaign Integration Extensionをインストールする必要があります。詳し くは 、このビデオを参照してく ださい

パッチ

プラットフォーム

  • メモリ消費の問題を修正しました。

電子メールとSMSメッセージ

  • メッセージをプレビューする際に、コンテンツを最新の変更と適切に同期できない問題を修正しました。
  • MXまたはドメインの電子メール処理ルールを作成または削除できない問題を修正しました。
  • 複数のエイリアスを含む電子メールを送信できない問題を修正しました。
  • トラップ配信ログが配信の送信ログに表示されない問題を修正しました。
  • コンテンツにURLを含まない配信の追跡されたURLを表示する際にエラーが発生する問題を修正しました。
  • 画像のサイズ属性が送信されたメッセージに正しく適用されない問題を修正しました。

トランザクションメッセージ

  • rtEventHistoIdフィールドは、トランザクションメッセージテンプレートのパーソナライゼーションフィールドとして公開されなくなりました。

ランディングページ

  • 新しい購読者とデータベースプ by email ロファイルを調整するために、ランディングページで使用するフィルターを最適化しました。
  • フォーム設定でBooleanフィールドを使用すると、チェックボックスの代わりにフリーテキスト入力が表示される問題を修正しました。
  • ランディングページのサムネールが生成されない問題を修正しました。

ワークフロー

  • またはアクティビティの編集時の表 End 示エラ External Signal ーを修正しました(Safariのみ)。
  • 誤ったオーディエンスを含むアクティビティの編集時に表 Read Audience 示されるエラーメッセージを改善しました。
  • 購読アクティビティの実行時にSQLエラーが発生する可能性がある問題を修正しました。

統合

  • 目標地点データ:場所のサブスクライバーのカウント時に発生するエラーを修正しました。

オーディエンスとクエリ

  • クエリエディターで、合計および平均集計がコレクションで使用できない問題を修正しました。
  • フィルターのリソースを変更した後、クエリーエディターが再読み込みされない可能性がある問題を修正しました。

レポート

  • 表で複数の行を選択した場合に、オープン率指標が正しく計算されない問題を修正しました。
  • 指標のみを整数値として表示するエラーを修正。 指標を小数で表示できるようになりました。

プッシュ通知

  • MCPNSでの作成に失敗したモバイルアプリにリンクされたAndroidアプリの作成時にエラーメッセージが表示されない問題を修正しました。
  • ユーザーがサイレント通知にサウンドを追加できる問題を修正しました。

リリース17.2 - 2017年3月

新機能

機能 説明
動的レポート Dynamic Reportingは、完全にカスタマイズ可能なリアルタイムのビジネスレポートを新世代で提供します。 視覚的な動的ピボットテーブルとグラフィックに基づいて、この機能を使用すると、変数とディメンションをドラッグ&ドロップして、マーケティングキャンペーンの効率と効果を分析できます。 また、動的レポートを使用すると、独自のビジネスレポートを新規に作成し、後で使用できるように保存することもできます。 詳しくは、詳細なドキュメントを参照 してください
Dreamweaverの統合(ラボ) Adobe CampaignとDreamweaverの統合により、Adobeソリューションを使用して電子メールキャンペーンを作成する統合プロセスが実現しました。 Adobe Campaignの電子メールはDreamweaverで編集でき、コンテンツを両方のソリューション間でシームレスに同期させることができます。 最初のリリースでは、この統合は「ラボ」機能として利用でき、Dreamweaverプレリリースベータ版でのみ機能します。 ライセンス認証を行う場合は、AC-DW-integration@adobe.comにお問い合わせください。 詳しくは、このビデオを参照してく ださい
手動送信時間の最適化 配信レベルまたはワークフローを使用して、受信者ごとにカスタムの送信時間を手動で定義できるようになりました。 次の2つの新しいオプションを使用できます。
  • すべての受信者は、タイムゾーンを考慮してメッセージを受信します。
  • 各受信者は、数式で定義された計算済みの日時にメッセージを受信します。
詳しくは、 詳細ドキュメント を参照してください。
プッシュ通知新機能 プッシュ通知チャネルは、新しい機能がいくつか追加され、強化されました。
  • 新しいオーサリングインターフェイス
  • サイレント通知
  • インタラクティブプッシュ
  • リッチコンテンツのサポート
  • ペイロードサイズ計算ツール
詳しくは、 詳細ドキュメント を参照してください。
ワークフロー:新しいシグナル活動 新しい Signal (シグナル)アクティビティを使用して、別のワークフローからワークフローをトリガします。 あるワークフローを別のワークフローから開始できるので、より複雑なカスタマージャーニーをサポートできます。 問題が発生した場合に備えて、顧客のジャーニーをより適切に監視し、対応することができます。 いくつかのワークフローアクティビティが更新されました。
  • End activity:新しいタブでは、このアクティビティの実行後にトリガーするワークフローを指定できます。
  • Update data activity:新しい空のアウトバウンド移行を使用して、別のワークフ ローをトリガーする Endアクティビティを追加します。 空の外部移行はデータを持たず、システム上の不要な領域を消費しません
詳しくは、 詳細ドキュメント を参照してください。
ワークフロー:新しい読み取りオーディエンスアクティビティ 1つのアクティビティで簡単に選択して絞り込むことができる既存のオーディエンスを使用して、ターゲット設定プロセスを開始します。 詳しくは、詳細なドキュメントを参照 してください
目標地点データ 目標地点データは、Adobe CampaignとAdobe Analytics for mobileを統合します。 ブランドは、ユーザーがブランドのアプリを開いたときに、目標地 (目標地点)と呼ばれるユーザーのモバイルの場所からデータを収集できます。 これにより、ブランドはAdobe Campaignワークフローを活用して、ユーザーの場所に基づいてパーソナライズされたメッセージを送信できます。 このチャネルは、MobileコアサービスのSDKを利用します。 この機能を使用するには、有料ソリューションであるAnalytics for mobileが必要です。 詳しくは、詳細なドキュメントを参照 してください
REST API 任意のレベルでプロファイルまたはサービスリソースにリンクされたリソースが、APIで使用できるようになりました。 詳しくは、詳細なドキュメントを参照 してください

パッチ

一般

  • 配信ログを書き出す際に、プロファイルデータを追加できるようになりました。

電子メールとSMSメッセージ

  • チェックを外して配信を保存し Request confirmation before sending messages た後でも、オプションが選択されたままになる問題を修正しました。
  • トランザクション電子メールの非公開を防ぐ可能性がある問題を修正しました。
  • 配信をプレビューする前に、コンテンツを最新の変更と適切に同期できない問題を修正しました。

ランディングページ

  • ランディングページのコンテンツをクリックしたときにユーザーが編集できないエラーを修正しました。

ワークフロー

  • アクティビティの拒否のトランジションの内容を読み取れない可能性がある問題を修正し Load file ました。
  • アクティビティの設定時に、入れ替えた列が適切に考慮されない問題を修正し Load file ました。

リリース17.1 - 2017年1月

新機能

機能 説明
外部レポート用のログエクスポート 配信ログや追跡ログなどのログをエクスポートして、希望のレポートやBIツールで処理します。 増分クエリーを使用する単純なワークフローを使用して、新しいログの定期的なエクスポートを自動化できます。 リソース選択で使用できるログリソースに加え、 Incremental query and Extract fileアクティビティが強化されました
  • 増分クエリーで 、日付フィールドを使用して新しいデータや更新されたデータを取得できるようになりました。 以前は、前回の実行以降に更新された場合でも、以前の実行の結果はすべて自動的に除外されていました。
  • 抽出ファイルで 、IDの代わりに列挙値のラベルを書き出せるようになりました。
これらのアクティビティは、すべての地域および組織の単位にアクセスできる管理者が使用できます。 ログのエクスポートの詳細については、詳細なドキュメントを参照 してください
トランザクションメッセージのマーケティング機能 マーケターは、顧客マーケティングプロファイルに基づいてトランザクションメッセージを送信できるようになりました。 これにより、次のことが可能になります。
  • ブラックリストに記載された住所などのマーケティングタイ ポロジルールを適用しま す。
  • メッセージ内に購読解除リンクを含めます。
  • グローバル配信レポートにトランザクションメッセージを追加します。
  • お客様の遍歴でトランザクション・メッセージを活用します。
詳しくは、 詳細ドキュメント を参照してください。
トランザクションメッセージングAPI Transactional Messaging APIは、 adobe.ioを通じて使用できるようになり 、使いやすく、監視が容易になりました。
  • adobe.ioプラットフォームのレポート機能と監視機能を活用できます。
  • 認証は、IPホワイトリストの代わりにadobe.ioトークンベースの認証を使用して実行され、セキュリティプロセスがよりシンプルになりました。
  • すべてのAPIが単一のプラットフォームに統合され、プロファイルおよびサービスAPIを既にサポートしている場合は、統合にトランザクションメッセージング機能をこれまでになく簡単に追加できるようになりました。

パッチ

一般

  • オプション Access authorization がランディングページのプロパティに戻りました。
  • 正しい画像ではなく古い画像がレンダリングされる問題を修正しました。 これは、配信ページまたはランディングページのコンテンツ定義でソース画像が更新された場合に発生していました。
  • 既存のSFTP外部アカウントの特定のフィールドを編集できない問題を修正しました。
  • UIに関するいくつかの問題を修正しました。 例えば、ユーザーがUIに問題を起こさずに、プロファイル属性を編集し、変更を保存できるようになりました。

電子メールとSMSメッセージ

  • HTMLコンテンツに「

プッシュ通知

  • アプリケーションからAdobe Campaignサーバーへのポストバックが妨げられていた問題を修正しました。
  • Androidで考慮できなかったり考慮さ Play a sound れなか Custom fields った問題を修正しました。
  • 絵文字に使用されるUnicode文字に余分なエスケープ文字が追加される問題を修正しました。
  • 購読者の登録トークンがブラックリストに記載されると、Adobe Campaignのアプリケーションの購読者リストで、対応するステータスが即座に更新されるようになりました。

ワークフロー

  • イベントリソース(rtEventなど)に対するクエリをプレビューできない可能性がある問題を修正しました。
  • アクティビティによって生成された拒否 Load file ファイルは、アウトバウンドトランジションで取得し、次のアクティビティで処理できるようになりました。 例えば、を使用して、SFTPサーバー経由で拒否ファイルをアップロードしま Transfer file す。
  • のタブで選択した場合に、ユーザーがセグメントの母集団を制限できな Temporary resource い可能性がある問題を修 General 正しまし Segmentation た。
  • Scheduler ワークフローを10分に2回以上トリガーするようにアクティビティを設定できなくなりました。
  • アクティビティで正しく機能しな Use common columns い可能性がある問題を修正し Union ました。

統合

  • Adobe Campaignにイベントトリガーを導入する際にエラーが発生する可能性がある問題を修正しました。 このエラーは、「30日後に再来訪する可能性」メタデータがAdobe Marketing cloudの中断トリガーに追加された場合に発生していました。
  • Peopleコアサービスからオーディエンスをインポートする際に、技術ワークフローで「ターゲットディメンション」フィールドがクリアされる問題を修正しました。 後続のクエリで、インポートされたオーディエンスを取得できませんでした。
  • このオプションをオンにすると、ワークフローのア Save audience クティビティが失敗する可能性がある問題を修 Share in Adobe Marketing Cloud 正しました。