Show Menu
トピック×

レポートインターフェイス

上部のツールバーを使用すると、レポートの変更、保存、印刷などを行うことができます。
プロジェクト 」タブを使用して、次の操作を行います。
  • 開く… :以前に作成したレポートまたはテンプレートを開きます。
  • 名前を付けて保存… :重複テンプレートを変更できるようにします。
  • プロジェクトを更新 :新しいデータとフィルターに対する変更に基づいてレポートを更新します。
  • CSVのダウンロード :レポートをCSVファイルに書き出します。
編集 」タブでは、次の操作を行うことができます。
  • 元に戻す :ダッシュボードでの最後の操作をキャンセルします。
  • すべてをクリア :ダッシュボード上のすべてのパネルを削除します。
挿入 」(Insert)テーブルを使用すると、ダッシュボードにグラフと表を追加してレポートをカスタマイズできます。
  • 新しい空のパネル :ダッシュボードに新しい空白のパネルを追加します。
  • 新しいフリーフォーム :ダッシュボードに新しいフリーフォームテーブルを追加します。
  • 改行 :ダッシュボードに新しい折れ線グラフを追加します。
  • 新しいバー :ダッシュボードに新しい棒グラフを追加します。
関連トピック:

タブ

左側のタブを使用すると、レポートを作成し、必要に応じてデータをフィルターできます。
これらのタブからは、次の項目にアクセスできます。
  • Panels :データをフィルターする開始に、レポートに空白のパネルまたはフリーフォームを追加します。 詳しくは、「パネルの追加」を参照してください
  • Visualizations :選択したビジュアライゼーション項目をドラッグ&ドロップして、レポートにグラフィカルなディメンションを表示します。 詳しくは、「ビジュアライゼーションの追加」を参照してください。
  • Components :様々なディメンション、指標、セグメントおよび期間でレポートをカスタマイズできます。

ツールバー

ツールバーは、ワークスペースの上にあります。 様々なタブで構成され、レポートの変更、保存、共有、印刷などを行うことができます。
関連トピック:

「プロジェクト」タブ

プロジェクト 」タブを使用して、次の操作を行います。
  • 開く… :以前に作成したレポートまたはテンプレートを開きます。
  • 名前を付けて保存… :重複テンプレートを変更できるようにします。
  • プロジェクトを更新 :新しいデータとフィルターに対する変更に基づいてレポートを更新します。
  • CSVのダウンロード :レポートをCSVファイルに書き出します。
  • Print :レポートを印刷します。

「編集」タブ

編集 」タブでは、次の操作を行うことができます。
  • 元に戻す :ダッシュボードでの最後の操作をキャンセルします。
  • すべてをクリア :ダッシュボード上のすべてのパネルを削除します。

「挿入」タブ

挿入 」タブでは、ダッシュボードにグラフと表を追加してレポートをカスタマイズできます。
  • 新しい空のパネル :ダッシュボードに新しい空白のパネルを追加します。
  • 新しいフリーフォーム :ダッシュボードに新しいフリーフォームテーブルを追加します。
  • 改行 :ダッシュボードに新しい折れ線グラフを追加します。
  • 新しいバー :ダッシュボードに新しい棒グラフを追加します。

「共有」タブ

この Share タブでは、1回限りまたは繰り返しの電子メールを使用して、Adobe Campaignユーザーと共にレポートを送信できます。 ターゲットユーザーは、レポートが添付された電子メールを受信します。
  • Send report now :選択した受信者のリストに、ワンショットの電子メールでレポートを送信します。
    1. 必要に応じて、 Send report ウィンドウに説明を追加します。
    2. 電子メールの受信者を選択するには、フィールドをクリックし、ドロップダウンで選択するか、電子メールアドレスを入力します。
    3. 定期的な電子メール Show scheduling options を送信するかどうかを選択します。 これは、 Send Report on schedule Share タブでを選択して行うこともできます。
    4. Send now 」をクリックします。その後、受信者はレポートが添付された電子メールを受信します。
  • Send report on schedule :レポートのスケジュールを設定し、受信者に定期的な電子メールを送信します。
    1. 必要に応じて、 Send report ウィンドウに説明を追加します。
    2. 電子メールの受信者を選択するには、フィールドをクリックし、ドロップダウンで選択するか、電子メールアドレスを入力します。
    3. 開始日と終了日を選択し、「」 Starting on と「」フィールドに電子メールの有効性を設定し Ending on ます。
    4. 電子メールの送信頻度を選択します。
    5. をクリック Send on schedule ​すると、選択した頻度に応じて受信者に定期的な電子メールが届きます。
  • Scheduled reports :すべての予定レポートを検索し、設定します。
    1. ウィンドウで、定期的に送信されたすべてのレポートを探し Scheduled reports ます。
    2. 予定レポートの1つを削除する必要がある場合は、削除する予定レポートを選択し、をクリックし Delete the section ​ます。
    3. 予定レポートを設定または確認するには、変更する必要のあるレポートを直接クリックします。
    4. この Edit scheduled report ウィンドウが表示され、必要に応じて電子メールの受信者や頻度を変更できるようになります。
ターゲットユーザーは、レポートを受信トレイに直接添付した電子メールを受信します。 ユーザーは、各定期電子メールで使用できる購読解除リンクを使用して、定期的な電子メールの受信を停止することが常にできます。
関連トピック: