Show Menu
トピック×

ワークフローセグメントに基づくレポートの作成

ワークフローを作成し、訪問者を様々なターゲットオーディエンスにフィルタリングした後、このターゲット設定ワークフローで定義されたセグメントに基づいて、マーケティングキャンペーンの効率を測定できます。 レポートでこれらのセグメントをターゲットにするには:
これらのデータの収集を開始するには、動的レポートの使用許諾契約に同意する必要があります。 For more on this agreement, refer to this page .

手順1:セグメントを使用したプロファイルカスタムリソースの更新

セグメントコードをレポートする前に、セグメントコードを保存するた Profiles めのカスタムリソースを更新する必要があります。
  1. アドバンスメニューで、Adobe Campaignロゴを使用して、// Administration を選択 Development し、 Custom resources ​リソースを選択し Profile (profile) ます。
  2. タブのメニ Sending logs extension ューで、ターゲッ Data structure ト設定ワークフ Add segment code ローのセグメントコードを保存し、動的レポートに送信できるようにします。
    レポー Segment code トのディメンションセクションで Profile が使用できるようになります。
  3. カスタムリソースを保存します。
  4. 次に、カスタムリソースを発行する必要があります。 アドバンスメニューで、// Administration を選 Development 択しま Publishing ​す。
  5. 準備が Prepare publication 完了したら、をクリックし、ボタンをクリック Publish します。 For more information on custom resource, refer to this page .
これで、セグメントコードを使用したワークフローの作成を開始できます。
セグメントコードは、でセグメントコードを有効にするとすぐに収集されま Sending logs extension ​す。

手順2:セグメントを使用したワークフローの作成

電子メール配信の入力の移行が空の場合、デフォルトでは前の移行のセグメントコードが追加されます。
まず、異なるターゲット母集団を持つワークフローを作成する必要があります。 ここでは、閲覧者の年齢に応じてパーソナライズされる電子メールを送信します。1回は20~30歳のプロフィールで、もう1回は30~40歳のプロファイルです。
  1. ワークフローを作成します。 ワークフローの作成方法の詳細については、このページを参照してく ださい
  2. アクティビティ Query を追加するには、パレットからアクティビティをドラッグし、ワークスペースにドロップします。
  3. 20 ~ 40歳のプロファイルをターゲットにし、後でより多くのターゲットを定めた訪問者に分類します。
  4. クエリー結果を2 Segmentation つのターゲット設定された訪問者に分割するアクティビティを追加します。 For more on segmentation, refer to this page .
  5. アクティビティをダブ Segmentation ルクリックして設定します。 最初のセグメントをクリックして編集しま Edit properties ​す。
  6. 20 ~ 30才のプロファイルをクエリし、完了したらク Confirm リックします。
  7. 2番目 Add an element のセグメントを作成し、上記の手順に従って、30歳から40歳の間のプロファイルをターゲットに設定する場合にクリックします。
  8. 動的レポ Segment code ートで渡される各訪問者のを編集します。
    この手順は必須です。必須でない場合は、レポートするセグメントを把握できなくなります。
  9. セグメントの後にアクティビティ Email delivery をドラッグ&ドロップします。
  10. 様々なターゲット訪問者に応じて配信をパーソナライズします。 For more on email creation, refer to this page .
  11. ワークフローを保存します。
  12. ワークフロー Start の準備が整ったら、をクリックします。
これで、レポートにアクセスしてセグメントコードを追跡できます。

手順3:セグメントをフィルタリングする動的レポートの作成

ワークフローで配信を送信した後、ワークフローのセグメントコードを使用してレポートを分類できます。
  1. タブから Reports あらかじめ用意されているレポートを選択するか、ボタンをクリックして Create new project 最初からレポートを開始します。
  2. フリーフォームテーブルにディメ Delivery ンションをドラッグ&ドロップします。
  3. 表に様々な指標(指標や指標など)をドラッグ&ドロップして、デ Open ータのフ Click ィルタリングを開始します。
  4. カテゴリ Dimensions 内でディメンションをク Profile リックし、ワークフローの配信にディメンションをドラッグ&ドロ Segment code ップして、ターゲット訪問者に応じた電子メール配信の成功を測定します。
  5. 必要に応じて、ワークスペースにビジュアライゼーションをドラッグ&ドロップします。