Show Menu
トピック×

ドメイン別の分類

このレポートには、電子メール配信のオーディエンスに表示される各ドメインのパフォーマンスデータが含まれます。 キャンペーンレポートまたはプログラムレポートの場合は、パフォーマンスデータを複数のオーディエンスで使用できます。 このデータを使用すると、特定のイベントに対する各ドメインの動作を分析できます。 例えば、リンク表示、ブロックリスト上のURLなど。
ブロードキャスト統計 」テーブルには、各ドメインで発生する可能性のあるエラーに関して使用可能なデータが含まれます。例:
  • 処理済み/送信済み :送信された電子メールの数。
  • 配信済み :配信された電子メールの数。
  • バウンス+エラー :配信できなかったメッセージの数です。
  • ハードバウンス :誤った電子メールアドレスなど、永続的なエラーの合計数です。
  • ソフトバウンス :完全なインボックスなどの一時エラーの合計数です。
2つ目のテーブル 「統計の追跡 」には、配信に対する受信者の反応性に使用できる次のようなデータが含まれます。
  • 配信済み :配信された電子メールの数
  • 開く :配信でメッセージが開かれた回数。
  • クリック :配信内のコンテンツがクリックされた回数。
  • 登録解除 :購読リンクのクリック数。
  • ミラーページ :ミラーページリンクのクリック数。
  • ブロックリスト時 :電子メールをスパムまたは迷惑メールとして宣言した受信者の数です。 詳細情報