Show Menu
トピック×

電子メールの件名行のテスト

件名をテストするには、次の手順に従います。
  1. 電子メールを作成するか、開きます。
  2. コンテンツを開き、対応する入力フィールドに電子メールの件名を入力します。
  3. ボタンをクリッ Test subject クして、ウィンドウにアクセ Test your subject line スします。 このウィンドウからは、件名を編集できます。
  4. オープンレート予測に考慮する正しいモデルを選択します。 特定の業界に対応するいくつかのモデルが用意されています。
  5. Click Test .
その後、被験者が分析されます。
件名が短すぎると、分析できず、エラーメッセージが表示されます。
いくつかのインジケーターが計算され、以下の作業を行うのに役立つツールが表示されます。
  • 予測開放率 :このグラフでは、現在の件名を含む電子メールの開封率を把握できます。
  • 件名の長さ :このインジケーターを使用すると、対象の現在の長さが正しいか、長くする必要があるか短くする必要があるかを確認できます。
  • 色付きの単語 :サブジェクトをテストする場合、緑色でハイライトされている単語は、開放率予測の増加に最も貢献する単語です。 赤でハイライトされている単語は、開放率予測の増加に最も貢献していない単語です。 件名内の単語を追加または削除すると、ハイライト表示されている単語が変更されます。
  • サーチクエリ :ウィンドウの下部には、選択したモデルに関連するカテゴリが多数表示されます。 これらのカテゴリは重要度の順に並べ替えられ、チェック記号を使用して関連付けられた単語が件名に含まれているかどうかを確認できます。 各カテゴリには、より関連性を高め、開放率を上げるために、サブジェクトで使用できる推奨単語のセットが含まれています。 これらの単語は、特定のカテゴリで最も頻繁に使用される単語です。
パーソナライゼーションフィールドと句読点は、サブジェクト分析から削除されます。 動的/条件付きテキストの場合、すべてのバリアントが1つの件名行と見なされます。

モデルの読み込み

デフォルトでは、Adobe Campaignサーバー上で実行されているモデルはありません。 モデルを取得してフィーチャーをアクティブにする方法は2つあります。
  • 以前の電子メールメッセージのデータからローカルモデルをトレーニングできます。
    • 既にAdobe Campaignを使用している場合は、既に送信したメッセージに関するローカルモデルのトレーニングが自動的に実施されます。
    • Adobe Campaignを初めて使用する場合は、4つの列を含むCSVファイルを以前のシステム/ESPから抽出できます。日付、件名、送信済み、開く。 それには、> > >に移動し Administration 、続く画 [Channels]Subject Line Import 面に表示される指示に従います。 件名のアップロードが完了したら、以下の説明に従ってローカルモデルを読み込みます。 ローカルモデルは、アップロードしたデータを使用して自動的にトレーニングを受けます。
    • Adobe Campaignを初めて使用する場合で、上記のCSVファイルを取得できない場合は、事前にトレーニングされたモデルを使用するか、ローカルモデルをトレーニングするのに十分な配信データがシステムにあるまで待つことができます。 現在のデータセットに、パターンを認識し、モデルをトレーニングするのに十分なデータが含まれているかどうかを自動的に判断します。
      独自のモデルをトレーニングするために必要な件名行の数が定義されていません。 これを訓練するには、対象線を変え、重複を持たない必要があります。 処理に必要なデータがない場合、システムはモデルをトレーニングできません。 インスタンスには、トレーニングを受けたモデルを1つだけ持つことができます。 ローカルモデルをトレーニングするには、ここからsubjectLineTraining.xmlをダウンロ ードし 、パッケージのインポート機能を使用 して 、Adobe Campaignインスタンスにアップロードします。 テクニカルワークフローが自動的にトレーニングを行います。
    モデルを初めてトレーニングする場合、管理者は、 > >メニューから SubjectLine Training workflow を強制的に開始す Administration ること Application settings ができ Workflows ます。
    モデルがアップロードされ、トレーニングされると、この機能が自動的にアクティブ化され、メッセージの件名行フィールドの横に新しいオプションが表示されます。
    その後、技術ワークフローは自動的に毎週モデルのトレーニングを続けます。
  • 特定の業種(医療など)に特有のトレーニングを受けたモデルをインポートできます。パッケージのイ ンポート機能 。 これらのモデルはここで 入手でき 、トレーニングはできません。
    モデルがアップロードされると、その機能が自動的にアクティブ化され、メッセージの件名行フィールドの横に新しいオプションが表示されます。
トレーニングを受けたモデルのインポートと生成は、管理者のみが実行できます。
使用できるモデルは次のとおりです。
  • 化粧品業界:subjectInsightCosmetic.xml
  • スーパー業界:subjectInsightSuperpart.xml
  • 医療業界:subjectInsightMedical.xml
  • トレーニングするモデル:subjectlineTraining.xml。