Show Menu
トピック×

送信時間の最適化

メッセージの開封率が上がるように、受信者ごとに送信時刻を手動で定義できます。各プロファイルは、可能な限り、それぞれ指定された日時にメッセージを受信します。
送信時刻は、配信レベルで、またはワークフローを使用して定義できます。
E メールの場合は、サーバーの負荷と再試行の回数に応じて、個々の受信者が予定された日時にメッセージを受け取れるように、ベストエフォート方式で送信されます。
  • 再試行は、インターネットプロバイダーや送信者の評判によって決まります。初回の試行時にメッセージが受け入れられない場合があります。このときは、何度か再試行が実行されることがあります。 E メールチャネルパラメーターのリスト を参照してください。
  • 帯域幅の不足が原因で、E メールの受信に遅延が生じる場合があります。
メッセージが 送信ログ の各受信者に送信された日時を表示できます。
次のオプションを選択できます。
  • No optimization :メッセージはユーザーの時間帯で送信されます。
    例えば、送信側のタイムゾーンが GMT+1 で、「 Start sending from 」フィールドに午前 9 時と入力した場合、GMT+3 のタイムゾーンにいる受信者は、現地時間の午前 11 時にそのメッセージを受け取ります。
  • Send at the recipient's time zone :すべての受信者に、それぞれのタイムゾーンを考慮してメッセージが届けられます。
    例えば、「 Start sending from 」フィールドに午前 9 時と入力した場合、GMT+3 タイムゾーンの受信者は、現地時刻の午前 9 時にそのメッセージを受信します。
  • Send at a custom date defined by a formula :各受信者は、指定された数式で設定された日時にメッセージを受信します。
    送信日の計算 を参照してください。