Show Menu
トピック×

フィルター

フィルターメタデータの取得

各リソースに対してフィルターを使用できます。 リソースに関連付けられたフィルタを識別するには、リソースメタデータに対してGET要求を実行する必要があります。 このリクエストは、指定されたリソースに対してすべてのフィルタが定義されているURLを返します。 For more on metadata, refer to this section .
フィルターのメタデータを識別し、その使用方法を決定するには、以前に返されたURLに対してGETリクエストを実行する必要があります。
サンプルリクエスト
以下のサンプルペイロードは、「プロファイル」リソースの「byText」フィルターメタデータを取得する方法を示しています。 最初に、「プロファイル」リソースメタデータに対してGETリクエストを実行します。
-X GET https://mc.adobe.io/<ORGANIZATION>/campaign/profileAndServices/resourceType/profile \
-H 'Content-Type: application/json' \
-H 'Authorization: Bearer <ACCESS_TOKEN>' \
-H 'Cache-Control: no-cache' \
-H 'X-Api-Key: <API_KEY>'

フィルターが記述されているURLを返します。
{
"filters": {
        "href": "https://mc.adobe.io/<ORGANIZATION>/campaign/profileAndServices/resourceType/<PKEY>/filters/"
    }
  }

URLに対してGETリクエストを実行します。 各フィルターに関連付けられたメタデータと共に、プロファイルリソースのフィルターのリストを返します。
{
"birthday": {
        "PKey": "@FL-CbDFXbnHbXcVpeCGWL46VXJLn1LqxLMPagt2vz8sCxQ52lvB15KiUaxXkxJYQw-tZXYrgUWG6K8QcB4gxVY9RKoba5bRFY3294YFshDmorRr8",
        "category": "0150_profile",
        "condition": ...,
        "data": "https://mc.adobe.io/<ORGANIZATION>/campaign/profileAndServices/profile/birthday?type=$value&precision=$value&operator=$value&day=$value&month=$value&includeStart=$value&endDay=$value&endMonth=$value&includeEnd=$value&relativeValue=$value&nextUnitsValue=$value&previousUnitsValue=$value",
        "formType": "webPage",
        "fragmentName": "",
        "label": "Birthday",
}

フィルターのメタデータ構造

各フィルターで同じメタデータ構造を使用できます。
  • @formType 」フィールドと「 @webPage 」フィールドは技術フィールドです。
  • デー タフィールド は、フィルターの使用方法の例を示します。
  • metadataノード 、フィルターパラメーターを表します。
  • 条件ノ ードは 、フィルターの目的を示します。 メタデータノードに記述されたフィルタパラメータは、フィルタ条件の作成に使用されます。 各フィルター条件に対して、 enabledIf がtrueの場合、 expr が適用されます。
フィルタメタデータ構造のサンプル:
"byText": {
        "PKey": "...",
        "category": "99_none",
        "condition": ...,
        "data": "/profileAndServices/profile/byText?text=$value",
        "formType": "none",
        "fragmentName": "",
        "label": "By name or email",
    }

フィルターの使用

フィルタリングは、次のリクエストを使用して実行されます。
GET https://mc.adobe.io/<ORGANIZATION>/campaign/profileAndServices/<resourceName>/by<filterName>?<filterParam>=<filterValue>
単一のリクエストで複数のフィルターを組み合わせることができます。
GET https://mc.adobe.io/<ORGANIZATION>/campaign/profileAndServices/<resourceName>/<filter1name>/<filter2name>?<filter1param>=<filter1value>&<filter2param>=<filter2value>
リクエストの例
  • タイプが「email」の「service」リソースを取得するためのサンプルGETリクエスト。
    -X GET https://mc.adobe.io/<ORGANIZATION>/campaign/profileAndServices/service/byChannel?channel=email \
    -H 'Content-Type: application/json' \
    -H 'Authorization: Bearer <ACCESS_TOKEN>' \
    -H 'Cache-Control: no-cache' \
    -H 'X-Api-Key: <API_KEY>'
    
    
    リクエストへの応答。
    {
        "content": [
            {
                "PKey": "<PKEY>",
                "created": "2019-09-25 23:20:35.000Z",
                "href": "https://mc.adobe.io/<ORGANIZATION>/campaign/profileAndServices/service/@I_FIiDush4OQPc0mbOVR9USoh36Tt5CsD35lATvQjdWlXrYc0lFkvle2XIwZUbD8GqTVvSp8AfWFUvjkGMe1fPe5nok",
                "label": "Marketing Newsletter",
                "lastModified": "2019-09-25 23:20:35.000Z",
                "limitedDuration": false,
                "messageType": "email",
                "mode": "newsletter",
                ...
            },
            ...
        ],
        ...
    }
    
    
  • 電子メールまたは姓のフィールドに「Doe」を含む「プロファイル」リソースを取得するGETリクエストの例(byTextフィルターは、電子メールと姓の両方のフィールドを検索します)。
    -X GET https://mc.adobe.io/<ORGANIZATION>/campaign/profileAndServices/profile/byText?text=Doe \
    -H 'Content-Type: application/json' \
    -H 'Authorization: Bearer <ACCESS_TOKEN>' \
    -H 'Cache-Control: no-cache' \
    -H 'X-Api-Key: <API_KEY>'
    
    
    リクエストへの応答。
    {
        "content": [
            {
                "PKey": "<PKEY>",
                "firstName": "John",
                "lastName":"Doe",
                "birthDate": "1980-10-24",
                ...
            }
            ...
        ],
        ...
    }
    
    
  • タイプが「email」でラベルが「sport」のサービスリソースを取得するためのサンプルGETリクエスト。
    -X GET https://mc.adobe.io/<ORGANIZATION>/campaign/profileAndServices/service/byChannel/byText?channel=email&text=sport \
    -H 'Content-Type: application/json' \
    -H 'Authorization: Bearer <ACCESS_TOKEN>' \
    -H 'Cache-Control: no-cache' \
    -H 'X-Api-Key: <API_KEY>'
    
    
    リクエストへの応答。
    {
        "content": [
            {
                "PKey": "<PKEY>",
                "created": "2019-09-26 09:36:01.014Z",
                "href": "https://mc.adobe.io/<ORGANIZATION>/campaign/profileAndServices/service/<PKEY>",
                "label": "sport",
                "lastModified": "2019-09-26 09:36:01.014Z",
                "limitedDuration": false,
                "messageType": "email",
                "mode": "newsletter",
                "name": "SVC13",
                ...
            }
        ],
        ...
    }
    
    

カスタムフィルター

カスタムフィルターを使用する場合は、Adobe Campaign Standardインターフェイスでカスタムフィルターを作成し、カスタマイズする必要があります。 その後、カスタムフィルターは、デフォルトのフィルターと同じ動作になります。
GET https://mc.adobe.io/<ORGANIZATION>/campaign/profileAndServicesExt/<resourceName>/by<customFilterName>?<customFilterparam>=<customFilterValue>
詳しくは、キャンペーン標準のドキュメントを参照してください。
サンプルリクエスト
トランザクション金額が100$以上の「プロファイル」リソースを取得するためのサンプルGETリクエスト。 「byAmount」フィルターは、最初にAdobe Campaign Standardインターフェイスで定義され、「Transaction」カスタムテーブルにリンクされています。
-X GET https://mc.adobe.io/<ORGANIZATION>/campaign/profileAndServicesExt/profile/byAmount?amount_parameter=100 \
-H 'Content-Type: application/json' \
-H 'Authorization: Bearer <ACCESS_TOKEN>' \
-H 'Cache-Control: no-cache' \
-H 'X-Api-Key: <API_KEY>'