Show Menu
トピック×

エンドポイント

Adobe Campaign REST APIで使用可能なエンドポイントは次のとおりです。
  • /profileAndServices :既製のフィールドを操作します。 このエンドポイントでは、拡張フィールドにアクセスできません。
  • /profileAndServicesExt :プロファイルまたはサービスのカスタムリソース拡張中に追加されたカスタムフィールドを操作します。 For more on custom resources, refer to this section .
  • /<transactionalAPI> :トランザクションメッセージAPIとやり取りします(トランザクションメッセージAPIエンドポイントの名前は、インスタンスの設定によって異なります)。 詳しくは、 この節 を参照してください。
  • /workflow/execution :ワークフローとのやり取り 詳しくは、 この節 を参照してください。
  • /privacy/privacyTool :プライバシーAPIを操作して、プライバシーリクエストの自動処理を許可します。 詳しくは、 この節 を参照してください。
  • /history :プロファイルのマーケティング履歴を取得します。 Campaignの統合顧客プロファイルについて詳しくは、Campaignのドキュメントを参照 してください
デフォルトでは、profileAndServices APIとprofileAndServicesExt APIで使用できる主なリソ ースは 、次 のとおりです。
  • /profile :campaignデータベースのプロファイルを操作します。 サービスにプロファイルを追加するには、 /serviceエンドポイントを使 用します。 Campaignのプロファイルについて詳しくは、Campaignのドキュメントを参照 してください
  • /service :サブスクリプションサービスを管理します。 Campaignのサービスの詳細については、Campaignのドキュメントを参照 してください
拡張または作成されたその他のリソースは、ProfileAndServicesExt APIを介してのみ使用できます。 アクセスするには、 Profile リソースにリンクする必要があります。