Show Menu
トピック×

データベース監視

インスタンスデータベースについて

各 Campaign インスタンスには、契約に従って特定の容量のデータベースがプロビジョニングされます。
データベースには、Adobe Campaign に保存されるすべての​ アセット ワークフロー データ ​が含まれます。
特に、格納されたリソースがインスタンスからまったく削除されていない場合や、一時停止状態のワークフローが多数ある場合には、時間の経過と共に、データベースが最大容量に達してしまう可能性があります。
インスタンスデータベースの容量が足りなくなると、複数の問題(ログインや E メール送信ができないなど)が発生する可能性があります。したがって、最適なパフォーマンスを確保するには、インスタンスのデータベースを監視する必要があります。
Campaign コントロールパネルに表示されるデータベース容量は、契約で指定されたデータベース容量を反映していない場合があります。ほとんどの場合、システムのパフォーマンスを確保するために、大きなデータベース容量が一時的に提供されます。

データベース使用状況の監視

Campaign コントロールパネルでは、各 Campaign インスタンスのデータベースの使用状況を監視できます。それには、次の手順に従います。
  1. パフォーマンス監視 」カードを開き、「 データベース 」タブを選択します。
  2. インスタンスリスト ​から目的のインスタンスを選択します。
    上部に、インスタンスのデータベース容量および使用中の容量に関する情報が表示されます。
    下部に、過去 7 日間のデータベースの最小使用率、平均使用率、最大使用率のグラフが表示され、データベース使用率 90% のしきい値が赤い点線の曲線で示されます。
    右上隅にあるフィルターを使用すると、表示される期間を変更できます。
    グラフ内の 1 つまたは複数の曲線をハイライト表示して、読みやすくすることもできます。これをおこなうには、「 集計タイプ 」の凡例から曲線を選択します。
    グラフの上にマウスポインターを置くと、選択した期間についての詳細な情報を取得できます。
また、このダッシュボードに加え、データベースが最大容量に近づいた場合に通知を受け取ることもできます。これをおこなうには、 E メールアラート を購読します

データベース容量超過の防止

Campaign Standard および Campaign Classic では、様々な方法でデータベースのディスク容量の過剰消費を防ぐことができます。
以下の節では、データベース使用の最適化に役立つ Campaign ドキュメントのリソースを示します。
ワークフローの監視
データベースのメンテナンス