Show Menu
トピック×

コアサービス向けにソリューションを有効化

既存のお客様の場合、ソリューションの実装を最新化し、顧客属性やオーディエンスなどの機能を使用できるようにExperience Cloudを実装する方法を説明します。 これを実現するには、次の操作を行います。

手順 1.Experience Cloud に加入して管理者になる

Experience Cloud に加入するために必要なことを次に示します。
適切な Adobe Analytics または Adobe Target SKU を持っていることを確認する。
  • Adobe Analytics: StandardまたはPremium(従来の SiteCatalyst SKUではない)。
  • アドビターゲット: StandardまたはPremium。
の場合 Targetは、からat.jsに移行 mbox.jsします。 See Upgrading from at.js 1. x to at.js 2. x .
実装を最新化して管理者のプロビジョニングをおこなう。
  1. アカウントマネージャーに問い合わせて、Experience Cloudのプロビジョニングプロセスを開始に依頼します。
管理コンソールでユーザーと製品を 管理します。

管理者ログイン

After you are an administrator, you can log in at experiencecloud.adobe.com .
Experience Cloud メニューナビゲーションに「 管理 」リンクが表示されます。
ヘルプについては、 Experience Cloud ユーザーおよび製品管理 を参照してください。

ユーザーログイン

Experience Cloudにログインするには、次の作業が必要です。
  1. Adobe ID(または会社のEnterprise ID)を持っている。
  2. エンタープライズグループにマッピングされているソリューショングループに属する。
  3. 必要に応じて、ソリューションアカウントをAdobe IDにリンクします(以下で説明)。
オプション:既存のユーザーアカウントのリンク
おそらく、 Analytics / 管理ツールで以前管理したAnalyticsグループなど、既にソリューショングループのメンバーになっているユーザーが存在します。
これらのグループをExperience Cloudエンタープライズグループにマッピングする場合、それらのユーザーは、ソリューションアカウントの資格情報をAdobe IDに手動でリンクする必要があります。
詳しくは、Experience Cloudでのアカウントの リンクを参照してください
エンタープライズグループとソリューショングループのマッピング後、新しいユーザーは自動的にリンクされます(ソリューションの資格情報が自動的に作成され、Adobe IDにリンクされます)。
以下の節では、実装を最新化する方法について説明します。 実装を最新化すると、Experience Cloudのコアサービスが有効になります。

手順 2:Experience Platform Launch ( Dynamic Tag Management)を使用した Experience Cloud IDサービスの実装

Experience Cloud IDサービス は、ソリューション間の統合に使用する共通のIDを提供します。 顧客属性を介してアップロードされたCRMデータに基づいて、クロスドメインの訪問者IDと、デバイス/ブラウザー間のターゲット設定とパーソナライズのためのパスを提供し ます。
Experience Cloudコアサービスを有効にする最も簡単な方法は、Experience Cloud IDサービス拡張機能(Experience Cloud Launch )または Dynamic Tag ManagementのECIDツールを使用して、AnalyticsとAdobeターゲットに対してコアサービスを自動的にアクティブにすること です。 (エクスペリエンスプラットフォームの開始を強くお勧めします)。
Experience Cloud IDサービスの完全なヘルプ(旧称、訪問者ID)については、 こちらを参照してください
Not UsingExperience Platform LaunchorDynamic Tag Management?
If you are not using Experience Platform Launch or Dynamic Tag Management, manually implement the ID service via the JavaScript Deployment (VisitorAPI.js), as follows:
タスク
説明
また、追加の 顧客IDを設定することをお勧めします 。 これらのIDは各訪問者に関連付けられ、Experience Cloudの現在および将来の機能を有効にします。
既存の s_code をバージョン H.27.3 以降に更新するか、既存の AppMeasurement.js をバージョン 1.4 以降に更新します。
これらのファイルは、Analytics管理ツールの コードマネージャー でダウンロードできます。 (について詳しくは、『 JavaScript導入 』ガイドを参照して AppMeasurement.jsください)。
Analyticsの顧客IDの同期
以下の Analytics - 顧客 ID の同期 を参照してください。

Analytics & Adobe Target - synching the customer ID

As a part of setting up the Experience Cloud ID Service, Adobe recommends for Analytics and Target that you synchronize your customer IDs with the Experience Cloud.
In Adobe Target, the mbox3rdpartyid needs to get the customer ID and send it to Target. (の「顧客属性 の操作 」を参照 Target)。
訪問者がWebサイトで認証を行う場合、または別の方法で本人確認を行う場合は、その人物のCRM顧客IDをページまたはアプリに公開する必要があります。 その後、適切な関数呼び出しを使用して、顧客IDをExperience Cloudと同期できます。 この同期によって、訪問者のCRM顧客IDがExperience Cloudに保存され、その顧客属性がExperience Cloudで使用できるようになります。
例えば、Bob が CRM システムに顧客 ID 52mc210tr42 を持っているとします。Bob がサイトで認証をおこなうときは、その顧客 ID をページに公開し、その顧客 ID を使用して次のいずれかの方法で同期する必要があります。
  • 訪問者 ID サービスを使用して visitor.setCustomerIDs({"crm_id":"52mc210tr42"}) を呼び出します。または,
  • propまたはeVar Customer ID (52mc210tr42) にを設定します。
この顧客 ID を、顧客 ID が認識される個々の Analytics サーバー呼び出しに対して設定する必要があります。

履歴データの属性の有効化

顧客属性データは、訪問者のログイン後に使用可能になります。 まだ最新のExperience Cloud IDサービスを実装していない場合や、顧客IDをpropまたはeVarで履歴追跡している場合は、Experience Cloudへのログイン履歴を送信するプロセスをリクエストできます。 このプロセスにより、顧客属性の使用をすぐに開始できます。
履歴データを有効にする場合は、カスタマーケアにお問い合わせください。

手順 3.Map report suites to an Experience Cloud Organization

Experience Cloudサービス(Experience Cloud IDサービスや Peopleサービスなど)は、個々のAnalyticsレポートスイートではなく、Experience Cloud組織に関連付けられます。 これらのサービスが正しく動作するようにするには、各AnalyticsレポートスイートをExperience Cloud組織にマッピングする必要があります。

手順 4.(Adobe Analytics) Update your Analytics AppMeasurement code

地域データ収集サーバー(RDC)を使用していることを確認します。データ収集ドメインが omtrdc.net の場合、または CNAME が omtrdc.net にマッピングされている場合は、RDC を使用しています。詳しくは、「RDC への移行 」を参照してください。 ファーストパーティCookieを使用している場合、データ収集CNAMEとクロスドメイントラッキングについて詳しくは、 CNAMEとExperience Cloud IDサービス (英語のみ)を参照してください。
訪問者 API など JavaScript ライブラリを更新して Analytics の実装を最新化することが推奨されます。これをおこなう最も簡単な方法は、Dynamic Tag Management で Adobe Analytics ツールを追加し、設定方法に Automatic を指定することです。
In Dynamic Tag Management, click <Web Property Name> / &#x200B;概要&#x200B; /ツール​ / ​Adobe Analytics​ 。 導入情報については、 Dynamic Tag Managementの「Adobe Analyticsの設定 」を参照してください。

手順 5.(Adobe Target) Update your Adobe Target implementation

  • ライブラリの取得が自動的に行われるように、 Experience Platform Launch ( エクスペリエンスプラットフォームの起動)にAdobeターゲット式を追加することをお勧めします。 Experience Platform Launchを使用して、 Experience Cloud ID Service for Adobeターゲット (およびその他のソリューション)を設定することもできます。 アドビ ターゲットがコアサービスを使用 するには 、Experience Cloud IDサービス の更新が必要です。 ( Dynamic Tag Managementを使用する場合、 Adobeターゲットツールを追加します 。 また、 Dynamic Tag Managementを使用してExperience Cloud IDサービスをアドビターゲットにデプロイすることもできます )。
  • エクスペリエンスプラットフォームの起動 (Experience Platform Launch )またはDynamic Tag Management( Dynamic Tag Management)を使用していない場合は、mboxライブラリを 手動で更新します。
  • Request access to use Adobe Analytics as the reporting source for Adobe Target. Target処理中に同じサーバーコールで と のデータが結合され、これら 2 つのソリューション間で訪問者が接続されます。AnalyticsSee Analytics for Target Implementation .
    Analyticsのすべてのお客様は、既に、顧客属性などコアサービス用にプロビジョニングされています。 Analytics ユーザーになっていないユーザーがいる場合は、そのユーザーのプロビジョニングをカスタマーケアに依頼します。

手順 6.コアサービスの実装を確認する

Experience Cloud IDサービスがサイトに正しく実装されていることを確認するには、次のプロセスを実行します。
  1. Experience Cloud IDサービスへのリクエストを確認できるように、サイトのcookieを消去します(リクエストは最初の訪問時に行われ、その後は訪問者あたり約1週間に1回行われます)。
  2. Using a packet analyzer or the network panel in a web browser debugger, look for a request going to dpm.demdex.net.
  3. 応答に d_mid と値が含まれていることを確認します(例: _setMarketingCloudFields({"d_mid":"4235... )。
  4. Analyticsリクエストにパラメーター(Experience Cloud ID)が含まれていることを確認し mid ます。 猶予期間中(有効になっている場合)には、 aid パラメーター(Analytics訪問者ID)も表示されます。
Experience Cloud IDを含む期待される応答:
Experience Cloud ID(または mid 訪問者ID __)を含む解析イメージリクエスト:
mboxリクエストのExperience Cloud ID:

猶予期間とは

Experience Cloud IDサービスをデプロイすると、新しい訪問者は、データ収集サーバーからAnalytics Experience Cloud IDを受け取らなくなります。 サイトの一部でExperience Cloud IDサービスの実装が完了していない場合、訪問者がこれらのセクションを参照すると、Experience Cloud IDが認識されず、訪問者には従来のAnalytics訪問者IDが割り当てられます。 これは、重複の訪問数や誤ったアトリビューションなど、潜在的な問題の原因となる可能性があります。
例えば、サイトのサポートセクションが別のCMSで管理されている場合、このセクション用に別のAnalytics JavaScriptファイルがあるとします。 IDサービスをサポートサイトに導入する前に、メインサイトにExperience Cloud IDを導入した場合、新規訪問者は、サポートセクションを訪問する際に従来のAnalytics IDを受け取り、両方のサイトセクションにまたがる訪問は異なる訪問としてレポートされます。
複数のJavaScriptファイルを使用するサイトや他のテクノロジー(Flashなど)にExperience Cloud IDサービスをデプロイすると、サイトのすべての部分でExperience Cloud IDサービスを同時に有効にする必要があるので、調整の問題が発生する可能性があります。 猶予期間を設定すると、新しい訪問者はIDサービスから引き続きAnalytics訪問者IDを受け取るので、訪問者IDサービスを使用するようにアップグレードされていないサイトのセクションで、一貫して訪問者を識別できます。

手順 7.ユーザーと製品を管理する

Once you are up and running, navigate to the Admin Console , where you can manage users and product profiles.

顧客属性

Users that are added to the Customer Attributes group will see the Customer Attributes menu item on the left side of the Experience Cloud interface.

手順 8.Begin using core services

次の機能を利用します。

人 / 顧客属性

エンタープライズ顧客データを顧客関係管理(CRM)データベースに取り込んでいる場合は、そのデータを Experience Cloud の顧客属性データソースにアップロードできます。アップロード後は、データを Adobe Analytics と Adobe Target で利用できます。
顧客属性 を参照してください。

ユーザー / オーディエンスライブラリ

Experience Cloud Audiences is the interface that lets you create audiences, combine existing audiences to create composite audiences, and view all shared audiences.
オーディエンス を参照してください。

データストレージとプライバシー開示

Adobe Experience Cloud 内のリアルタイムのオーディエンスプロファイルおよびその他のコアサービスを利用する場合、これらのサービスの使用は、データが保管されるデータセンター(および国)の選択に影響を与えることがあります。Specifically, because the core services of the Adobe Experience Cloud leverage Adobe Audience Manager, data used within the People service must reside within Audience Manager servers in the United States.
When leveraging core services made available via the People service, the types of data sent from other Adobe products to audience management are:
  • Analytics キーと値のペア(prop、eVar、リスト変数、その他)。デフォルトでは、ログの行には、IP の最終オクテット(IP アドレスが Adobe Analytics の IP の不明化設定で変更されていないと仮定)を含む IP アドレスが含まれます。
  • オーディエンスマネージャーで設定されたルールに基づいて訪問者が資格を得る特性とセグメント。
  • (オプション)1つ以上のID。 IDサービスの導入状況に応じて、CRM IDやハッシュされた電子メールアドレスなど、お使いのIDのうち1つ以上を送信する場合もあります。 このデータが Adobe Analytics に送信されると、Adobe Audience Management に転送されます。個人データを Adobe Analytics に提供しないことを推奨します。一方向のハッシュを使用して、アドビに送信する前にデータをマスクします。
  • バックエンドのセグメント共有機能を使用した、Analytics から取得されるセグメント。
  • サードパーティ Cookie がブロックされない場合、demdex.net Cookie が設定されます。The AMCV_###@AdobeOrg first-party cookie is always set with the Experience Cloud ID Service.
これらすべてのデータ要素は、ログファイルの形式でAdobeオーディエンスマネージャーに配信されます。 オーディエンスマネージャーは、このデータを米国内で処理および保存します。 オーディエンスマネージャーでは、このデータを米国外に保存または処理するオプションは提供されません。

cookieとオプトアウト

リアルタイムのオーディエンスプロファイルの使用では、Analytics および Target に使用する Cookie に加えて、Audience Manager Cookie を利用します。
適切なオプトアウト機能を提供したい場合、サイトへの訪問者は、既存のオプトアウト処理に Audience Manager オプトアウトを追加する必要があります。
手順については、「 Adobe Experience Cloud — アドビのオプトアウトの導入 」を参照してください。
クロスドメ イントラッキングを有効にする方法については、「 データ収集CNAMEとクロスドメイントラッキング」を参照してください。