Show Menu
トピック×

Activation

アクティベーションには、Experience Platform Launch、Dynamic Tag Management(DTM)およびTriggersと呼ばれる最新のタグ管理製品が含まれています。

Experience Platform Launch

パーソナライズされたカスタマーエクスペリエンスの強化に必要な分析タグ、マーケティングタグ、広告タグのデプロイと管理をおこないます。

Dynamic Tag Management

Dynamic Tag Management の使用を開始するには、「 Activation 」をクリックして、アドビプロビジョニングチームに要求を送信します。1~2 営業日以内にログイン資格情報が届きます。
タスク 説明
Adobe Dynamic Tag Management を使用して Adobe Analytics を追加する手順を説明します。
Experience Cloud IDサービスは、Experience Cloudソリューション(顧客属性、オーディエンス共有、トリガーなど)全体のコア機能を有効にします。 ID サービスを実装して、これらの機能を活用することを強くお勧めします。
Dynamic Tag Managementを使用したExperience Cloudソリューションのデプロイについて詳しく説明します。
Dynamic Tag Managementの導入に関してご不明な点がある場合は、アドビのグローバルサービスや導入パートナーが提供する情報について、担当のアカウントマネージャーにお問い合わせください。 Please also feel free to contact us at @AdobeExpCare with hashtag #DTM.

Experience Cloud Triggers

Triggers は、マーケターが主要な顧客行動を定義および監視できるフレームワークです。Triggers を利用すれば、リアルタイムでの意思決定とパーソナライゼーションに役立つクロスソリューションのコミュニケーションを実現できます。
タスク 説明
Adobe Analyticsデータを使用してExperience Cloud Triggersを作成する手順を説明します。
Experience Cloud Triggersは、Adobe Campaignで使用できます。
Adobe CampaignでのTriggersの使用
Adobe Campaign Standard 16.7では、新しいTriggerサービスとの統合が導入されています。 このサービスを使用すると、ビジネスユーザーは、Adobe Analyticsで取り込まれたオンライン行動データに基づいてトリガーを簡単に定義できます。 トリガーを定義すると、Adobe Campaignで、エンゲージメントとコンバージョンを促進するリマーケティングメッセージをサポートするために使用できるようになります。 この追加設定なしの機能を使用すると、マーケターは、買い物かごの放棄、ページの表示、ビデオの視聴などのオンラインイベントに基づいて、適切なタイミングでリマーケティングメッセージをトリガーできます。

Experience Cloud デバッガー

Chrome 用 Adobe Experience Cloud Debugger 拡張機能は Web ページを調べ、ユーザーが Experience Cloud ソリューションの実装方法に関する問題を見つけられるようサポートします。
ヘルプにつ いては、Experience Cloud Debugger (Experience Cloudデバッガー)を参照してください。