Show Menu
トピック×

Experience Cloud フォルダーおよびアセットの Creative Cloud との共有

Experience CloudとCreative Cloudの間でフォルダーとアセットを共有します。 共有アセットの共同作業、注釈の追加、Adobe SocialやAdobe Experience Cloudソリューションでの使用を行います。ターゲット 共有フォルダーはExperience Cloudから作成されている必要があります。

共有の利点

  • クリエイティブ制作ワークフローのレビュー、承認、公開の各段階を合理化
  • 複数の場所での処理中のファイルやバージョンの管理に要する時間を短縮
  • クリエイティブアセットの追跡と管理をより効率的に行う
  • エンタープライズセキュリティの強化
  • クリエイティブとマーケティング担当者間でファイルを簡単に共有、保存、送信
Creative Cloudユーザーは、アセットにアクセスする前に、Experience Cloudにホワイトリストに登録する必要があります。 See Manage Creative Cloud users .

Adobe Target とのアセットの共有について

When creating activities in Adobe Target, you can use a shared image asset when swapping images in the Offers Library.
ヘルプの オファー ・ライブラリを参照 Target してください。