Show Menu
トピック×

よくある質問、制限事項、ベストプラクティス

Analytics と Target の顧客属性に関してよくある質問とベストプラクティスを紹介します。

Best practices and limitations

顧客属性を使用する場合のガイ ダンスと制限。
問題
説明
顧客属性の購読 制限
Analytics Premiumにアップグレードすると、追加の属性が使用可能になるまでに24時間の遅延が発生します。 この遅延の間に、属性サブスクリプションの上限に関連するエラーが発生することがあります。
同じデバイスでの複数のログイン
顧客属性を使用して顧客プロファイルをデータソースにアップロードする場合、同じデバイス(同じExperience Cloud ID)を共有するユーザーに対しては、アドビで推奨されます。 これを行うと、ECIDサービス(デバイス上で存続)が同じExperience Cloud IDで複数のユーザーをリンクし、予期しない結果が生じる可能性がありま Targetす。 注意: Mobileの場合、ECIDはMobileアプリのインストール後に永久的に使用されます。新しいECIDを生成するには、アプリを再インストールする必要があります。 Webの場合、ブラウザーのCookieがクリアされた後に新しいECIDが生成されます。
毎日の頻度のアップロード制限
顧客属性は1日に1回のみ更新することをお勧めします。 同じ顧客セットの別の顧客プロファイルデータファイルをアップロードするには、24時間以上待つ必要があります。プロファイル
カスタム解析ID( s.visitorID )
s.visitorID を使用して顧客 ID を設定すると、Analytics でユーザーを特定しやすくなります。ただし、IDサービスを使用してAnalyticsデータを書き出したり読み込んだりする統合は、共有オーディエンス、 s.visitorID.
Analytics for Adobeターゲット(A4T)および顧客属性を使用して訪問者を識別した場合は機能しません。
これらの統合機能では、カスタム Analytics ID の設定はサポート対象外となります。
Analyticsの文字長の制限
Analytics購読を作成すると、アップロードされたファイルのフィールドの長さが255文字に切り捨てられます。

顧客属性に関するFAQ

質問
回答
顧客属性のアップロードステータスに関する通知を受け取ることはできますか。
はい。 通知の管理 を参照してください。
顧客属性の使用を開始するには、どのような方法が必要ですか。
  1. プロビジョニングを受けます。 Analyticsのお客様の場合、アドビでは顧客属性のプロビジョニングを行っています。 Adobeターゲットのみを使用し、Analyticsを持っていない場合は、カスタマーケアに問い合わせてコアサービスのプロビジョニングをリクエストする必要があります。
  2. CRMチームとお問い合わせください。 AnalyticsやExperience Cloud全体で使用すると興味深い顧客データの種類を確認します。
  3. コアサービスを実装します。 実装を最 新化する手順については、 「コアサービスのソリューションを有効にする」を参照してください。 (重要な情報については、「顧客IDの同期」の節を参照してください)。
注意: コアサービスの実装に関する管理者向けのFAQについては、こちらを参照して ください
使用できる顧客属性はいくつありますか。
You can upload hundreds of .csv columns to the customer attribute service. ただし、購読を設定して属性を選択する場合は、所有するソリューションに応じて、(レポートスイートごとに)次の制限が適用されます。
  • Foundation:0 件
  • Select:3 件
  • Prime:15 件
  • Ultimate:200 件
  • Standard:合計 3 件
  • プレミアム:200
  • Adobeターゲット標準:5
  • Adobeターゲットプレミアム:200
Experience Cloud IDサービスへの移行は必要ですか?
移行は、使用するソリューションによって異なります。
  • Adobe Analytics: 強く推奨
  • アドビターゲット:必須。
IDサービスを使用すると、リアルタイムオーディエンス、アドビターゲットの最新化、Analytics統合、ビデオハートビートトラッキングなど、最新のExperience Cloud機能を利用するための扉が開かれます。
詳しくは、コアサービスのソ リューションを有効にするを参照してくださ い。
注意: Experience Cloud IDサービスは 、以前の Analytics訪問者IDサービスと呼ばれていた最新の実装です。
顧客属性機能とAdobe Adobe Adobe Adobe Managerとの関連オーディエンスを教えてください。
オーディエンスマネージャーは、オーディエンスの識別を行うためのデータを受け取ることができますが、属性を履歴行動データに結び付ける分析機能を実行したり、Adobe Analyticsで使用できるレポート、分析およびセグメント化機能を提供したりすることはできません。 Peopleコアサービスを使用すると、複数のソリューションからのリッチデータを1つに結び付け、単一のIDに関連付けて、Experience Cloud全体で使用できます。
アドビのターゲットでは、顧客属性は、顧客属性を他のルールと組み合わせて組み合わせて、顧客属性を作成するための個々の属性として表示されます。オーディエンス Peopleコアサービスで共有されるオーディエンスは、変更できない完全なオーディエンスです。
(Analyticsのみ) 、この機能とAnalytics Premiumで提供される機能との違いを教えてください。
以前は、顧客属性データとAnalyticsデータの組み合わせに関心のあるお客様は、この機能に対してData Workbenchツールに大きく依存していました。 顧客属性は、顧客属性をディメンションおよび指標としてReports & Analytics、Ad Hoc分析およびReport Builderに提供することで、この機能をより幅広いオーディエンスに公開します。 Analytics Standardのお客様は、顧客属性にアクセスできますが、機能が制限されます。 Analytics Premiumのお客様は、すべての機能を利用できます。
(アドビターゲットのみ) 、アドビのターゲットが見たことのない顧客のデータをプリロードまたはアップロードできますか。
はい。訪問者がAdobeターゲットに最初のリクエストを行うと、顧客属性から既存の情報が取得され、そのデータがターゲティングに使用されます。 注意: このデータの取得には、訪問者が最初にアドビのデータを操作してから20分かかる場合があります。ターゲット
(アドビターゲットのみ) 、顧客属性データと共有オーディエンスデータを組み合わせて、スーパーオーディエンスを作成できますか。
いいえ。共有オーディエンスデータは完了したオーディエンスです。
(アドビターゲットのみ) 、顧客属性機能とアドビターゲットのバルクプロファイルAPIとの比較方法
一括プロファイルAPIを使用すると、Adobeターゲットプロファイルを個別のプロファイルまたは一括でAPI経由で直接更新できます。 この機能は顧客属性に似ていますが、次のような主な違いがあります。
  • プロファイルAPIはREST API呼び出しで、顧客属性はFTPを使用します。
  • アドビのターゲットのプロファイルAPIは、Experience Cloud全体ではなく、アドビのターゲットにのみデータを送信します。
  • 顧客属性は、この外部データを作成および管理するためのシンプルなインターフェイスを提供します。
(アドビターゲットのみ) 、顧客属性からアドビターゲットにデータをアップロードすると、アドビターゲット訪問者のプロファイル期間が延びますか。
はい。Adobe Target ヘルプの 訪問者プロファイルの有効期間 を参照してください。
(アドビターゲットのみ) 、顧客IDで訪問者が識別された直後に、顧客属性にアップロードされたデータをターゲットできますか。
はい。mboxサードパーティIDを含むAdobeターゲットへのサーバーコール時に、すべての顧客属性データが使用可能になります。
(アドビのターゲットのみ) 「同期ステータス」列は、顧客属 性ソースにアップロードされたファイルに対して 、どのような意味を持ちますか。
アドビのターゲットが公開および同期したレコードの数は、特定の属性ファイルに対して同期ステータスアイコンをクリックすると表示できます。 Sync % は、Adobeターゲットで同期されたプロファイルの割合を指定するリアルタイム指標です。
注意: 属性がアドビのアドビのアドビのターゲットと同期されるまで、最大24時間かかります。
顧客属性ソースのファイルアップロード指標は何を表しますか。
次の指標を使用して、顧客属性にアップロードされた属性のステータスを確認できます。
  • レコード: 属性ファイル内のレコード数。
  • 新しいレコード: 属性ファイルに存在する新しいレコードの数。
  • 更新されたレコード: 顧客属性に既に存在し、ファイル内の値が更新されているレコードの数。
  • すべてのデータ(レコード): 顧客属性に正常にアップロードされたレコードの合計数です。