Show Menu
トピック×

EU 一般データ保護規則に対する顧客属性のサポート

このページでは、顧客属性が GDPR(EU 一般データ保護規則)サポートする方法について説明します。
このドキュメントの内容は法的な助言ではなく、その代用になるものでもありません。GDPR に関するアドバイスについては、弁護士に相談してください。
2018 年 5 月 25 日施行の法律である EU 一般データ保護規則 は、欧州連合(EU)圏内にあるすべての個人(データ主体)に対して、自身の個人データを制御する権利を付与します。また、国際ビジネスの規制環境も簡素化します。この法律は、データ管理者の事業拠点に関係なく、個人データが処理される時点において、EU 圏内のユーザーに製品やサービスを提供、それらのユーザーの代理で監視、またはそれらのユーザーの個人データを収集するすべての事業者(データ管理者)に適用されます。
Adobe Experience Cloud は、顧客に代わって受信および保存する個人データのデータ処理者としての役割を果たします。データ管理者であるお客様は、Adobe Experience Cloud に処理および保管を委任する個人データを決めます。
このドキュメントでは、顧客属性が、Adobe Experience Platform Privacy Service API と Privacy Service UI を使用して、データ主体の GDPR データアクセスおよび削除権をどのようにサポートするかについて説明します。
GDPR がお客様のビジネスに与える意味の詳細は、「 GDPR とお客様のビジネス 」を参照してください。

顧客属性のリクエストを送信するために必要な設定

顧客属性のデータへのアクセスおよび削除をリクエストするには、次の操作が必要です。
  1. 以下を特定します。
    • IMS Org ID
    • 操作する CRS データソースのエイリアス ID
    • アクションを実行するプロファイルの CRM ID
    IMS Org ID は、24 文字の英数字と共に使用される文字列で、末尾に @AdobeOrg が付きます。マーケティングチームまたはアドビの内部システム管理者が組織の IMS Org ID を把握していない場合は、アドビカスタマーケア(gdprsupport@adobe.com)にお問い合わせください。プライバシー API にリクエストを送信するには、IMS Org ID が必要です。
  2. プライバシーサービスで、顧客属性にアクセスおよび削除のリクエストを送信し、既存のリクエストのステータスを確認できます。

顧客属性 JSON リクエストの必須フィールド値

"company context":
  • "namespace": imsOrgID
  • "value":< お客様の IMS Org ID 値 >
"users":
  • "key":< 通常はお客様の名前 >
  • "action": access または delete のいずれか
  • "user IDs":
    • "namespace":< CRS データソースのエイリアス ID >
    • "type": integrationCode
    • "value":< CRM ID >
  • "include": CRS (リクエストに適用されるアドビ製品)
  • "regulation": gdpr (リクエストに適用されるプライバシー規則)

JSON リクエストの例

{
  "companyContexts": [
    {
      "namespace": "imsOrgID",
      "value": "<IMS_ORG_ID>"
    }
  ],
  "users": [
    {
      "key": "<KEY>",
      "action": [
        "<access/delete>"
      ],
      "userIDs": [
        {
          "namespace": "<Alias ID of CRS Data Source>",
          "type": "integrationCode",
          "value": "<CRM ID>"
        }
      ]
    }
  ],
  "regulation": "<gdpr/ccpa/pdpa>",
  "include": [
    "CRS"
  ]
}

アクセスリクエストに対して返されるデータフィールド

attributes:
{
"value”:<*value*>,
"key”:<*key*>,
"displayName”:<*displayName*>
}