Show Menu
トピック×

一般的なデータ保護規制に対する顧客属性のサポート

このページでは、顧客属性がGDPR(General Data Protection Regulation)をサポートする方法を説明します。
このドキュメントの内容は、法律上のアドバイスではなく、法的なアドバイスの代わりに使用するものです。 GDPRに関するアドバイスについては、弁護士に相談してください。
2018年5月25日施行の法律である 一般データ保護規則 (General Data Protection Regulation)は、欧州和集合(EU)の国境内にあるすべての個人(データ・サブジェクト)に対して、個人データの管理を行う。 また、国際事業の規制環境も簡素化。 この法律は、オファー商品やサービスを、EUの国境内の個人から、データ管理者の事業所に関係なく個人データの処理を行う際に、その個人データの処理を行う個人データの収集、監視、収集を行う全ての事業者(データ管理者)に適用される。
Adobe Experience Cloudは、顧客に代わって個人データを受け取り、保存する場合のデータプロセッサーの役割を果たします。 データコントローラーは、Adobe Experience Cloudが処理し、お客様に代わって保存する個人データを決定します。
このドキュメントでは、 顧客属性 (Customer Attributes)が、Adobe Experience Platform Privacy Service APIとPrivacy Service UIを使用して、データサブジェクトのGDPRデータアクセスおよび削除権をどのようにサポートするかを説明します。
GDPRがお客様のビジネスに与える意味の詳細は、「 GDPRとお客様のビジネス 」を参照してください。

顧客属性の要求を送信するために必要な設定

顧客属性のデータへのアクセスおよび削除をリクエストするに は、次の操作が必要です。
  1. 以下を特定します。
    • IMS Org ID
    • 操作するCRSデータソースのエイリアスID
    • アクションを実行するプロファイルのCRM ID
    IMS組織IDは、24文字の英数字と共に使用される文字列で、その後に@AdobeOrgが付加されます。 マーケティングチームまたはアドビの内部システム管理者が組織のIMS組織IDを知らない場合は、アドビカスタマーケア( gdprsupport@adobe.com )にお問い合わせください。 プライバシーAPIにリクエストを送信するには、IMS組織IDが必要です。
  2. プ ライバシーサービスで、顧客属性にアクセスおよび削除のリクエストを送信し、既存のリクエストのステータスを確認できます。

顧客属性 JSONリクエストの必須フィールド値

"会社コンテキスト":
  • "名前空間": imsOrgID
  • "value”: < your IMS Org ID value >
"users":
  • "key": < 通常はお客様の名前 >
  • "action": アクセス または 削除
  • "user IDs":
    • "名前空間": < Alias ID of CRS Data Source >
    • "type": integrationCode
    • "value”: < CRM ID >
  • "include": CRS (リクエストに適用されるAdobe製品)
  • "regulation": gdpr (リクエストに適用されるプライバシー規則)

JSONリクエストの例

{
  "companyContexts": [
    {
      "namespace": "imsOrgID",
      "value": "<IMS_ORG_ID>"
    }
  ],
  "users": [
    {
      "key": "<KEY>",
      "action": [
        "<access/delete>"
      ],
      "userIDs": [
        {
          "namespace": "<Alias ID of CRS Data Source>",
          "type": "integrationCode",
          "value": "<CRM ID>"
        }
      ]
    }
  ],
  "regulation": "<gdpr/ccpa/pdpa>",
  "include": [
    "CRS"
  ]
}

アクセス要求に対して返されるデータフィールド

attributes:
{
"value”:<*value*>,
"key”:<*key*>,
"displayName”:<*displayName*>
}