Show Menu
トピック×

Experience Cloud の統合

Adobe Experience Cloudは、共通の強力な機能を備えた共通のデータプラットフォーム上に構築された、クラス最高の包括的な統合ソリューションです。

Experience Cloudアプリケーションのプラットフォームサービスへの対応

次の方法について説明しています。
  • Experience Cloudでの会社のプロビジョニングを参照してください。
  • 管理者になれるようにします。
  • DTMを使用した実装 Analytics と Target 実装を最新化する。
  • コアサービスの使用を開始する.
ソリューションまたはサービス:
  • アクティベーション- Dynamic Tag Managementまたはエクスペリエンスプラットフォームの起動
  • Analytics
  • Target

Experience Cloud ID サービス

IDサービスは、Experience Cloudのすべてのソリューションにわたって訪問者を識別する、永続的な汎用IDを提供します。 Analytics、オーディエンスマネージャー、アドビターゲット、ビデオハートビートなどのサービスや、その他のExperience Cloudソリューションや機能のID生成コードを置き換えることができます。
適用可能なソリューションまたはサービス

オーディエンス

Experience Cloudオーディエンスライブラリでオーディエンスを作成および管理します。 オーディエンスは、次のような各種ソースから作成または取得できます。
  • Experience Cloud で作成される新しいソース。
  • Analytics に公開された Experience Cloud セグメントから。
  • Audience Manager から。
適用可能なソリューションまたはサービス

顧客属性

ヘルプ: 顧客属性
エンタープライズ顧客データを顧客関係管理(CRM)データベースに取り込んでいる場合は、そのデータを Experience Cloud の顧客属性データソースにアップロードできます。アップロード後は、データを Adobe Analytics と Adobe Target で利用できます。
適用可能なソリューションまたはサービス

Experience Cloud Assets

Experience CloudとCreative Cloudの間でフォルダーとアセットを共有します。 共有アセットに対して共同作業や注釈の付加を行い、それらをExperience Cloudソリューション( Social やなど)で使用 Targetします。
適用可能なソリューションまたはサービス
  • Experience Cloud
  • Creative Cloud
  • Target
  • Social

Analytics - Analytics での AEM Assets レポート

AEM Assets インサイトから提供されるアセットのインプレッション数とクリック数の情報を収集できます。
適用可能なソリューションまたはサービス
  • Analytics
  • Experience Manager

Audience Manager 統合

Experience Cloud ソリューションや他の外部システムのデータを Audience Manager で操作します。
適用可能なソリューションまたはサービス

Activation

ヘルプ: はじめに
Experience Cloud Activation ソリューションを使用して、Experience Cloud ソリューションの設定とデバッグをおこないます。
  1. Use Launch or Dynamic Tag Management to insert code that activates Adobe Experience Cloud solutions on your pages.
  2. Adobe Cloud Platform Auditor を使用して実装をテストします。
Adobe Experience Cloud Debugger 拡張機能を使用して、Auditor によって検出された問題をデバッグしたり、実装に関する他の情報を調べたりします。
適用可能なソリューションまたはサービス

Adobe Target

AdobeターゲットをAdobe Analyticsおよびその他のExperience Cloudソリューションと統合して、同じデータ、オーディエンス、属性および指標を両方のソリューションで使用できるようにします。
適用可能なソリューションまたはサービス

Adobe Experience Manager の統合

AEM と他のソリューションおよびサードパーティのサービスと統合します。
適用可能なソリューションまたはサービス

Adobe Experience Manager - Assets

Adobe Experience Manager(AEM)Assets内のアセットをAdobe Creative Cloudと同期します。またその逆も同期します。 また、アセットをExperience Cloudと同期したり、アセットをExperience Cloudと同期したりすることもできます。 この同期は、Experience Cloudを使用して設定できます。
適用可能なソリューションまたはサービス

Advertising Cloud

適用可能なソリューションまたはサービス
Analytics は、サイトエンゲージメントおよびコンバージョンデータを毎日 Media Manager に送信できます(Media Manager では、データを広告の最適化とレポート作成に使用します)。また、Media Manager は、検索エンジンおよびソーシャルネットワークのトラフィックデータを毎日 Analytics に送信できます(Analytics では、Reports & Analytics、Report Builder および Ad Hoc Analysis の各機能でデータを利用できます)。
Dynamic Tag Manager: 検索、ソーシャル、ディスプレイ広告ランディングページ用に、Media Managerのピクセルベースのコンバージョントラッキングタグ 、およびサードパーティのトラッキングタグをDynamic Tag Managerを 使用して作成できます。 (また、Media Manager タグを Media Manager 内に直接作成できます)。
Experience Cloudオーディエンス: (表示を管理する広告主)任意の Adobe Experience Cloudオーディエンスをディスプレイ広告のターゲット として使用できます。 Adobe Experience Cloudで作成したオーディエンスとAdobe Experience Cloudに公開したAnalyticsのオーディエンスを自動的に使用できます。また、Media Managerアカウントで許可が設定されている場合は、オーディエンスマネージャーのオーディエンスを使用できます。 Adobe Experience Cloudへのアクセス、プロファイル、オーディエンス、Media ManagerとAdobe Experience Cloudオーディエンスの初期セットアップについて詳しくは、アカウントマネージャーにお問い合わせください。 注意: Adobeターゲットもご使用の場合は、Adobe Experience Cloudに公開したオーディエンスは、Adobeターゲットのアクティビティも利用できます。
Experience Cloud Assets: (表示を管理する広告主)任意の Adobe Experience Cloud アセットを、新しいディスプレイベータ表示を使用したディスプレイ広告のクリエイティブとして使用できます。You must be logged in to Media Optimizer through Adobe Experience Cloud ) to access your Adobe Experience Cloud assets. Adobe Experience Cloud へのアクセスについて詳しくは、アカウントマネージャーにお問い合わせください。
Experience Cloud 通知: ​各ページの上部にある通知リンクから、検索ベータアラートテンプレートに加えて、Adobe Experience Cloud システムアップデート、投稿、メンションおよびアセット共有から生成されたすべてのアラートを表示できます。You must be logged in to Media Optimizer through Adobe Experience Cloud ) to access your notifications. Adobe Experience Cloud へのアクセスについて詳しくは、アカウントマネージャーにお問い合わせください。