Show Menu
トピック×

様々なソリューションおよびサービスによる DNS プリフェッチの使用

DNS プリフェッチを実装すると、各種ソリューションやサービスでページ読み込み時間を短縮できます。

DNS プリフェッチについて

ブラウザーでは、Web ページ上のリンクされているドメイン名を対応する IP アドレスに自動解決するために DNS プリフェッチが使用されます。プリフェッチプロセスは、ブラウザーが Web ページを読み込んだ時点で開始されます。例えば、ページ内に www.adobe.com へのクリック可能なリンクがあるとします。このページが読み込まれると、ブラウザーは DNS システム を使用してリンクされているドメイン名を検索し、それを対応する数値 IP アドレスに解決します。サイト訪問者がリンクやボタンをクリックした時点では既にドメイン名が IP アドレスに解決されているので、DNS プリフェッチはページパフォーマンスの向上に役立ちます。DNS プリフェッチプロセスはユーザーに対して透過的なプロセスです。

DNS プリフェッチと Adobe Experience Cloud ソリューション

DNS プリフェッチはページ上に埋め込まれている静的リンクに対して自動的に実行されます。以下の理由から、自動 DNS プリフェッチは、各種 Experience Cloud ソリューションおよびサービスに対しては実行されません。
  • 各 Experience Cloud ソリューションまたはサービスでは、ページ読み込み時に DNS 呼び出しが動的に生成されます。
  • ブラウザーは、これらの呼び出しがおこなわれる前に、ドメイン名を IP アドレスに解決することができません。
ただし、DNS プリフェッチは、Experience Cloud ソリューションと共に手動で実装することができます。これを実装するには、以下に示すように HTML タグ <dns-prefetch> をページコードの <head> セクションに追加します。DNS プリフェッチが適切に実装されると、ページ読み込み時間を数ミリ秒短縮できます。

DNS プリフェッチのコードサンプル

以下のサンプルは、各種 Experience Cloud ソリューションおよびサービスに対する DNS プリフェッチの呼び出し方法を示しています。一部のプリフェッチ呼び出しにはAdobe組織 ID またはトラッキングサーバー情報が必要です。各サンプル内の​ 斜体 ​で記述されたコードは変数のプレースホルダーを表しています。これらの部分は、自分の Adobe パートナー ID、顧客コード、トラッキングサーバー情報などに置き換えます。
  • Analytics: <link rel="dns-prefetch" href="//insert tracking server name here">
    非セキュアなトラッキングサーバーとセキュアなトラッキングサーバーを使用する場合は、DNS 名ごとに個別のタグを追加します。
  • Audience Manager: <link rel="dns-prefetch" href="//dpm.demdex.net">
  • Experience Cloud ID サービス: <link rel="dns-prefetch" href="//fast. * ここにパートナー ID を挿入する *.demdex.net">
  • Dynamic Tag Manager (DTM):必須ではありません。ページが読み込まれるとすぐに DTM リンクが使用可能になります。
  • Media Manager(広告クラウド):
    • <link rel="dns-prefetch" href="//pixel.everesttech.net">
    • <link rel="dns-prefetch" href="//cm.everesttechnet">
  • Target: <link rel="dns-prefetch" href="//insert customer code here.tt.omtrdc.net">