Show Menu
トピック×

Campaign

Adobe Campaign Standard内でオファーを使用し、フィールドを共有する方法を説明します。
1つ以上のフォールバックオファーと1つの一般的なオファーを作成した後、Campaign Standardの電子メールを使用してオファーアクティビティを作成できます。 オファーアクティビティは、通常の電子メールキャンペーンでのみ作成できます。 トランザクション電子メールキャンペーン(例えば、買い物かごの中断の電子メールなど、イベントによってトリガーされる繰り返しの電子メール)には追加できません。
オファーアクティビティによって、電子メールテンプレート内の場所に表示できるオファーのグループとフォールバックオファーを選択するよう求められます。 最適なオファーは、配置、日付、オファーステータス、顧客プロファイルデータに基づいて、電子メールの準備時にこれらのオファーの中から選択します。

キャンペーンの属性をオファー管 理に共有

オファー管理でオファーを作成す る場合、特定のオファーを受け取れるプロファイルを制限する適格性ルールを設定できます。 これらの適格性ルールは、Campaignプロファイルに存在する属性(またはフィールド)に基づいて設定できます。 これらのフィールドは、オファー管理適格性ルールビルダーに表示される前に、Campaign から共有する 必要があります。
属性を共有するには、Campaignの管理者権限が必要です。
  1. Adobe Campaign」をクリックして 、ナビゲーションにアクセスします。
  2. 管理/インスタンス 設定 /オファー​ ​管理に移動し、「属 」「オファー 」をクリックします。
    このページには、既に共有されている属性が表示されます。 これらの属性は、編集または削除できます。
    適格性ルールの Offer Managementで属性が現在使用されている場合 、その属性は削除できません。
  3. 作成 」をクリックします。
  4. フォルダーアイコンをクリックして、Campaignデータソースを定義し、共有する要素を選択します。
  5. 宛先データラベルを選択します。
    これは、 Offer Managementの適格性ルールビルダーに表示される属性の名前です。
  6. 作成 」をクリックします。
    この属性は、オファーを作成および編 集する際に 、「オファー管理」適格性ルールビルダーに表示されます。

Create an offer activity

Campaign Standardの電子メールテンプレート内の任意の画像またはテキストブロックにオファーアクティビティを挿入します。
  1. 画像の場所にオファーアクティビティを挿入するには、画像を1回クリックして、「オファーを挿入」アイコンを表示します。
  2. (別の方法):テキストブロックにオファーアクティビティを挿入するには、テキストブロックを2回クリックして、「オファーを挿入」アイコンを表示します。
  3. オファーアクティビティを作成画面の「ア クティビティの詳細 」タブ に詳細を入力します 。
    フィールド
    説明
    アクティビティ名
    アクティビティに名前をつけます。別のオファーアクティビティで既に使用されているアクティビティ名は入力できません。
    プレースメント
    この場所に使用する配置を選択します。 これは、配置に一致するコンテンツ表現を持つオファーのみがユーザーに提供されるようにするためです。 残りのアクティビティ作成では、この配置を持つオファーのみがオファーリストに表示されます。
  4. 「オファー を選択 」タブで、アクティビティに含めるオファーを選択します。
    ラベルを使用してオファーのグループを選択するか、個々のオファーを1つずつ選択できます。
    • ラベルを使用したオファーのグループの選択:
      ラベルを使用してオファーのグループを選択するには、「ルールビルダー」タブ をクリックし 、「ラベルルールの追加」 ​をクリックします 。 オファーアクティビティに含めるオファーを決定するルールを作成するには、ラベルを選択します。 ラベ ルの間に AND演算子が表示されます。 演算子を ANDから ORに変更するには __、演算子をクリックします。
    • 個々のオファーの選択:
      個々のオファーを選択するには、「オファー在庫 」タブをクリックし ​ます。 ユーザーは、オファー名、オファーIDまたはオファーに追加されたラベルでオファーリスト内を検索できます。
      プラス記号をクリックして、リストの「選択したオファー」セクションにオファーを追加します。
      オファーをルールビルダーとオファー在庫の両方で使用するには、次の操作を行う必要があります。
    • 今日の日付に一致します。
    • ステータスが「承認済み」である。
    • 手順1で選択したコンテンツ表現と一致する配置を持つコンテンツ表現を作成します。
      「オファー在庫」タブに表示されるオファーは、配置および承認ステータスによってのみフィルタリングされます。 Adobe Campaignで電子メールに設定されたターゲット条件に一致するようにフィルターされていません。
  5. 「フォールバ ックオファー 」タブで、フォールバックオファーを選択します。 フォールバックオファーは、他のオファーに対する資格がない顧客にのみ送信されます。 リストから選択できるフォールバックオファーは1つだけです。
  6. オファーアクティビティの概要を表示し、「完了」をクリ ックしま ​す。
    各ユーザーに提供する最適なオファーは、電子メールの準備時に次の項目を評価することで決定されます。
  • ​配置チェック:すべてのオファーには、オファーアクティビティの一部として選択した配置と一致するコンテンツ表現が必要です。 アクティビティ作成時間と準備時間の間にオファーの配置が削除された場合(時間が3分を超える場合)、そのオファーは考慮されません。
  • ​日付の確認:すべてのオファーは、現在の日付に対して有効である必要があ ります (オファーの送信日ではありません)。 電子メールキャンペーンを準備する日付は、提供するオファーを決定する日付です。 例えば、2017年1月15日に電子メールキャンペーンを準備し、選択したオファーの1つが2017年1月16日まで有効でない場合、オファーは提供されません。
  • ​適格性ルールの確認:すべてのオファーが適格性ルールを満たす 必要がありま す。
  • ​優先度チェック:ユーザーが複数のオファーに対して適格な場合、 Offer Managementは 、ユーザーセットの優先順位を使用して、各ユーザーに表示するオファーを決定します。
    これで、電子メールを送信する準備が整いました。 ホームページの 「レポート 」タブを選択 Adobe Campaign して、オファーのパフォーマンスを確認します。
    Adobe Campaignの使用に関する詳細は、次のガイドを参照してください。

オファーレポート

Adobe Campaignには、3つのオファーディメンション(オファー、オファーアクティビティ、オファーの配置)と1つの指標(オファークリック)が用意されており、オファーを監視してその影響を測定できます。 レポートを表示するには、Adobe Campaign Standardの「レポート」タブにアクセスします。 レポートを作成し、様々なオファーディメンションをレポートパネルにドラッグ&ドロップして、データのフィルタリングを開始できます。
Campaignで動的レポートを作成する方法について詳しくは、動的レポートにつ いてを参照してください