Show Menu
トピック×

オファー管理ワークフロー

配置とオファーの作成、オファーアクティビティの挿入 、レポートの表示を含む、オファー管理の高度なワークフローについて説明します。

手順1 — パーソナライズされたオファーが必要な電子メールテンプレート内の場所を特定する

パーソナライズされたオファーを挿入する電子メールキャンペーンを識別します。 そこから、これらのオファーを挿入する電子メールテンプレート内の場所を指定します。 例えば、顧客の業界や個人に基づいて製品オファーを変更し、同じ条件に基づいてメッセージを変更し、顧客の地域に基づいて画像を変更することができます。

手順2 — ターゲットにするキャンペーンの属性を決定し、オファー管理と共有します。

オファー管理でオファーを作成す る場合、特定のオファーを受け取れるプロファイルを制限する適格性ルールを設定できます。 これらの適格性ルールは、Adobe Campaignに存在する属性(またはフィールド)に基づいて設定できます。 これらのフィールドは、オファー管理の適格性ルールビルダーに表示される前に、管理者レベルのユーザーによってCampaign から共有する 必要があります。
これらの属性の共有について詳しくは、「キャンペーンからオ ファー管理への属性の共有」を参照してください

手順3 — オファー管理で必要な配置を 入力する

プレースメントを使用すると、電子メールテンプレート内の適切な場所に適切なオファーコンテンツを表示することができます。 オファーにコンテンツを追加する際に、そのコンテンツを表示する場所を選択するように求められます。
複数の場所を同じ場所に配置できます。 次の例では、2つの異なるサイズの画像に対して2つの配置を行い、テンプレートの上部と下部に表示されるテキストに対して1つの配置を行います。
必要な配置を決定したら、「配置」タブに追加で きます 。

手順4 — オファーを作成する

電子メールキャンペーンで使用するオファーを作成します。 最適なオファーを決定し、表示するコンテンツを決定するために、オファーに追加できるデータとコンテンツがあります。 コンテンツ表現を作成する場合は、「配置」で定義した配置の1つに関連付 けます 。 オファーを作成して送信すると、オファーアクティビティで使用できるようになります。

手順5 — 電子メールキャンペーンを作成し、オファーアクティビティを挿入する

オファーが作成されたら、電子メールキャンペーンで使用できます。 コンテンツエディターで、ブロックを選択し、オファーアクティビティを挿入できます。 オファーアクティビティを使用すると、オファー在庫からオファーのグループを選択できます。このグループから、各ユーザーに提供する最適なオファーを決定します。

手順6 — 電子メールキャンペーンの準備と送信

次に、電子メールキャンペーンの準備を行う際に、 Offer Managementは 、現在の日付、プロファイル属性および優先度に基づいて、各訪問者に提供するのに最適なオファーを決定します。 また、その場所の配置に使用できるコンテンツ表現があるかどうかも指定します。
次の例では、3つのオファー(A、B、C)を含むオファーアクティビティを持つ電子メールキャンペーンを設定しているとします。 電子メールのいずれかの場所で提供するオファーを指定できます。 準備時に、オファー管 理は 、次のことを行います。
  1. 現在の日付、各ユーザーのプロファイルデータおよび優先度を分析します。
  2. その情報をオファーのデータと比較します。
  3. 提供する最適なオファーを決定します。

ステップ7 — レポートを表示する

オファーが提供された内容とオファーアクティビティでの実行方法に関するレポートを表示できます。 このレポートは、Adobe Campaign Standardのホームページで「レポート」タブを選択すると表示できます。