Show Menu
トピック×

Dataset components

データセットコンポーネントに関する概念情報です。
下の図に、ノードがデータセットのログソース、フィールド、変換、拡張ディメンションを表している依存関係マップを示します。
  • 黄緑のノードは、データセット内で定義されている 1 つ以上のログソースまたはフィルター(ログエントリ条件など)を表します。
    • ログソースのノードは、常にマップの 1 番左側に表示されます。データセットにログソースが 1 つだけある場合、マップには「ログソース: log source name 」と表示されます。 データセットに複数のログソースがある場合、マップには「 number ログソース」と表示されます。number はログソースの個数です。例えば、データセットに 3 つのログソースがある場合、マップには「3 ログソース」と表示されます。
    • The map displays one Log Entry Condition node for each log processing dataset include file but only one Log Entry Condition node for transformation (if defined in the Transformation.cfg file). ログエントリ条件が空の場合、マップには表示されません。
  • A gray node represents a field that is listed in the Fields parameter in a Log Processing.cfg or Log Processing include file.
  • 青のノードは、変換を表します。
  • 緑のノードは、拡張ディメンションを表します。
If your profile’s Dataset folder contains the file Insight Transform.cfg, the dependency map shows the log sources, transformations, and exporters defined for use with Transform. 変換については、『 データセット設定ガイド 』を参照してください。
When you enable the Include File Blocks display option, the map displays a single blue node for all of the transformations defined in one dataset configuration file and a single green node for all of the extended dimensions defined in one dataset configuration file. この表示オプションの詳細については、「ファイルブロックを使 用する」を参照してくださ い。