Show Menu
トピック×

ファイルを空にして非表示にする(0バイト)

ファイルをプロファイルから削除する権限がない、またはファイルを恒久的には削除したくない場合、空の(0 バイト)ファイルを使用してファイルを非表示にできます。
In the Profile Manager, a hyphen (-), instead of a check mark, in a column identifies a zero-byte file.
Unlike the other methods of hiding files (such as order.txt, the Show parameter, and the Hidden parameter), Data Workbench treats zero-byted files as non-existent. 例えば、ビジュアライゼーションまたは指標定義で使用されているディメンションを0バイトにすると、Data Workbenchはそのビジュアライゼーションまたは指標に対してそれぞれエラーを生成します。
この機能は、以下を行いたい場合など、多くの理由で役立ちます。
  • ファイルの削除に必要なプロファイル権限を必要とせずに 、Data Workbenchでファイルを使用不可にします。
  • 元の場所からのファイルの削除に必要なプロファイル権限なしで、別の場所に​ 指標、ディメンションまたはフィルターを移動します
  • メニュー項目を非表示にします 例えば、ファイル内 Base でプロファイルが Metric Legend 定義されていると Metric.vw します。 指標を追加/指標サブメニューに表示する 3 つの指標の凡例を会社が作成したとします。Base プロファイルの Metric.vw ファイルを 0 バイトにして、新しいサブメニューと 3 つの新しい指標の凡例のみを表示するようにできます。
ファイルを非表示にするには
  1. In the Profile Manager, open the necessary folders and subfolders to locate the file that you want to zero-byte.
  2. Right-click the check mark next to the name of the file and click Make Local .
  3. ローカルファイルを開き、内容を削除します。
  4. ファイルを保存して閉じます。