Show Menu
トピック×

クエリー文字列のグループ化

クエリー文字列のグループ化を使用すると、大量のフィールドを統合することができます。
クエリー文字列のグループ化は、各プロファイルに固有のものですが、この例に示すように変換でうまく機能します。
  1. Create the pairs you wish to bundle by adding a custom configuration file ( E:\...\Dataset\Log Processing\SC Fields.cfg) and then adding the Transformation Type BuildNameValuePair as a parameter.
    2 = BuildNameValuePair:  
          Comments = Comment: 0 items 
          Condition = AndCondition: 0 items 
          Delimiter = string:  
          Input Columns = vector: 1 items 
            0 = Column:  
              Column Name = string: e100 
              Field Name = string: x-cust100 
              ...  
      (all the fields you wish to build)
              Name = string: Custom Events 
              Output = string: x-event-list       
    
    
  2. カスタム設定ファイル(E:\...\Dataset\Transformation\SC Fields Transformation.cfg)を追加し、変換タイプ ExtractNameValuePairs をパラメーターとして追加して、使用するフィールドに圧縮されたデータを展開するための新しいファイルを作成します。
    2 = ExtractNameValuePairs:  
          Comments = Comment: 0 items 
          Condition = AndCondition: 0 items 
          Delimiter = string:  
          Input Field = string: x-event-list 
          Name = string: Custom Events 
          Output Columns = vector: 1 items 
            0 = Column:  
              Column Name = string: e100 
              Field Name = string: x-cust100 
              ...  
      (all the fields you wish to extract) 
              Name = string: Custom Events 
              Output = string: x-event-list   
    
    

他の用途

カスタム eVar、prop および変数に多くの項目がある場合、ログの処理中に名前と値のペアを構築して、レポート上で項目をグルーピングすることができます。例えば、名前と値のペアを結合したフィールドを作成して、tempDB ファイルのサイズを小さくすることができます。