Show Menu
トピック×

レイヤーの表示

Geography プロファイルには、画像レイヤーとファイルの集合が保存されます。
グローブを表示している場合、特定の分析作業のための表示に利用可能なレイヤーを選択できます。
  • ブルーマーブル 2km: ​このレイヤーにはグローブが表示されます。このレイヤーを選択しない場合、グローブは非表示になります。
  • IP 座標: ​この要素ポイントレイヤーには、訪問者の IP アドレスに基づいて、データセット内の場所の緯度と経度が表示されます。
  • 郵便番号ポイント: ​このレイヤーには、アドビが提供する米国の郵便番号リストに基づいて、データセット内の場所の緯度と経度が表示されます。Zip Points.txt 参照ファイルには、表示する郵便番号、緯度、経度のデータが含まれていますが、Zip Points.layer ファイルにはこのデータをグローブ上に表示するために必要な設定パラメーターが含まれています。これらのファイルはどちらも、 Profiles\Geography\Maps folder within the Data Workbench server installation directoryフォルダーに保存されます。
  • その他の使用可能なレイヤー名: 各レイヤー名は、Insight Serverのインストールディレクトリ内のProfiles\Geography\Maps folder、Profiles\IP Geo-location\MapsフォルダーまたはProfiles\IP Geo-intelligence\Mapsフォルダーに保存されているファイルを表します。 .layer
IP Geo-locationまたはIP Geo-Intelligenceプロファイルを使用するには、それぞれIP Geo-locationデータサービスまたはIP Geo-Intelligenceデータサービスをサブスクライブする必要があります。
レイヤーの表示順を制御するため、order.txt ファイルを使用できます。 See Customizing Menus Using Order.txt Files .
グローブ内でレイヤーを切り替えるには
  • ビジュアライゼーション内で右クリックし、目的のレイヤー名をクリックします。レイヤーの左側の X は、そのレイヤーが表示されていることを示します。